調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 需要サイド

「需要サイド」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年までにIT需要が急増へ

デジタル化はビジネスの世界を一変させた。今や、商品の売買から事務・契約手続き、決済に至るまで、ビジネスのあらゆる場面にITが浸透しており、ITはビジネスの成長をもたらすエンジンとなる。 今日の企業にとって、ITは単なるツールにとどまらず、競争力の源泉となっている。例えば、eコマースにおいて、購買履歴などの顧客データに基づいて顧客の潜在ニーズを探りあて、最適な商品をレコメンドする仕組みが既に実現されており、ITは企業の収益拡大に貢献している。 ビジネスのアナログからデジタルへの移行がさらに進むこと

2014年4月10日大阪府★フィードバック数:0社会/政治

経済への影響の分析です。

少子高齢化の経済的影響について-「大阪府地域間産業連関表」を用いた需要サイドからの分析-

少子高齢化の経済的影響について-「大阪府地域間産業連関表」を用いた需要サイドからの分析-

2013年1~3月期のGDP(2次速報)予測

6月10日公表予定の2013年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報値)は前期比+1.0%(年率+4.1%)と、1次速報値の同+0.9%(年率+3.5%)から若干上方修正されると見込まれる。個人消費は、その後発表された統計を勘案すると、前期比+1.0%と小幅上昇修正される見込みである。また、設備投資は、需要サイドの統計である法人企業統計の結果を受けて、1次速報値の前期比-0.7%から同-1.2%へと若干下方修正される可能性がある。在庫投資については、同じく法人企業統計の結果を反映させると、実質G

2011年12月19日リコー★フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

リコーがエネルギー分野のレポートを発行しました。

需要側を取り込む新しいエネルギー・システムへの展望

需要側を取り込む新しいエネルギー・システムへの展望―イノベーションによる一層の節電でグリーン成長と低炭素社会の実現を2011 年 12 月 19 日リコー経済社会研究所―はじめにリコー経済社会研究所は、グローバルな事業展開を図る企業の経営環境の大きな変化を捉え、そこから新しい企業経営の方向性を探ることを目的に、2010年に設立されました。特に環境・資源・エネルギー分野においては、地球環境の保全と経済成長の両立について企業のイノベーションを通じていかに達成していくかという観点から調査・研究を進めて

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ