「需要増加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

InfoCom ICT経済報告 2017年4‐6月期

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2017年9月15日ICT経済、5四半期連続プラス成長 -集積回路、電子部品を中心に財生産の好調続く-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大平 弘)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学篠﨑彰彦氏、神奈川大学飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「InfoCom ICT経済報告」として四半期ご

2017年日本 給与調査

日本の給与動向、雇用予測、需要の高い職種、分野別トレンド 日本企業にとって、2016年は比較的困難な年でしたが、今年は業績が上向くとみられています。非正規社員は現在、全国の働く人口の約40パーセントを占めていますが、大部分の企業にとって引き続き主要な人材供給源となるでしょう。雇用も今年は上向くとみられます。特に、日本の急速な高齢化に対応するための革新的ソリューションに対しては継続的な需要があるので、医療、ライフサイエンス業界の雇用が伸びると考えられます。 金融業界の成長は、より慎重です。

2015年6月23日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

高齢世帯と単独世帯の増加は電灯需要をどう変えるか?

ゼミナール(88)Q高齢世帯と単独世帯の増加は電灯需要をどう変えるか?中野一慶将来の電灯需要を分析するには、契約の基礎単位である世帯数の動向が重要である。我が国では90年代に人口減少が始まった地域でも世帯数は増加した。これは、単独世帯等の小規模世帯が増加したためである。その中で、世帯主が65歳以上の高齢世帯は2000∼2010年に485万増加しており、しかも、高齢単独世帯は176万も増加した。高齢者は在宅時間が長く、通説では、高齢化の進展は電灯需要の増加要因とされてきた。しかし、高齢化に伴って単

東京のオフィス市場です。

需要増加が続く東京のオフィス市場-今後のオフィス面積拡張意欲の低下が懸念材料

需要増加が続く東京のオフィス市場-今後のオフィス面積拡張意欲の低下が懸念材料 | ニッセイ基礎研究所 需要増加が続く東京のオフィス市場-今後のオフィス面積拡張意欲の低下が懸念材料 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 東京のオフィス市況は改善が続いている。需要は大幅に拡大し空室率は低下している。その一方、なかなかビルオーナー

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ>

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ>2014-12-05 概要第47 回衆議院議員総選挙が12 月2 日に公示され、14 日の投開票に向けた選挙戦がスタートした。安倍総理は2015 年10 月に予定されていた消費税率再引き上げを2017 年4 月へ先送りするとともに、この判断の是非について国民の信を問うためとして解散を行った。アベノミクスを継続するか転換するかどうか。党首討論でも繰り返し議論されているように、雇用は重要な判断指標の一つである。本稿では、

需要増加の援軍を得る首都圏空港

わたしの意見 ― 水野 創需要増加の援軍を得る首都圏空港(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」7月24日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 成田空港の利用者数(国際線、国内線合計)は2013年度に2007年度以来6年振りにピークを更新した後、4月以降も前年比プラスを続けている。主力の国際線は、羽田空港の国際線発着枠二次増加後(3月末)、大幅な落ち込みが懸念されていたが、4,5月の実績をみると訪日外国人の大幅増加継続に支えられて小幅な減少にとどまっている。中国、韓国な

コモディティ・レポート (2014年1・2月)

I.コモディティ市況全般: 1月上旬に下落後、2月下旬にかけて上昇ロイター・ジェフリーズCRB指数は、2013年11月中旬をボトムに、12月に入って上昇したが、1月上旬に再び下落し、2月下旬にかけて持ち直している。先行き、米国の量的緩和縮小が見込まれていることは金を中心に上値抑制要因となり、原油は供給増加圧力も意識されるだろう。一方で、世界景気の持ち直しを受けた需要増加観測から銅などベースメタルは上昇しやすくなるだろう。II.エネルギー市況: ブレント原油は一進一退、WTI原油は上昇ブレント原油

東京のオフィス市況は底を打ったと思いますか?-2013年のオフィス市況と今後について

東京のオフィス市況は底を打ったと思いますか?-2013年のオフィス市況と今後について | ニッセイ基礎研究所 東京のオフィス市況は底を打ったと思いますか?-2013年のオフィス市況と今後について 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 東京のオフィス市況は底を打ったと思われますか?セミナーなどでこの質問させていただくと、出席者

2013年11月12日秋田経済研究所フィードバック数:0社会/政治

国際教養大学が地域に及ぼす経済波及効果~経済波及効果は約40億円~

機関誌「あきた経済」国際教養大学が地域に及ぼす経済波及効果~経済波及効果は約40億円~当研究所では、国際教養大学が県内にもたらす経済波及効果について推計を行った。その結果、①教育・研究活動による効果(828百万円)、②教職員・学生の消費による効果(2,225百万円)、③その他の活動による効果(224百万円)、④施設整備による効果(739百万円)を合わせると、合計で4,015百万円となった。本稿では、国際教養大学が地域に及ぼす経済波及効果について推計した結果をまとめた。1 はじめに平成16年4月、

2013年4月11日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

[みずほ日本経済情報]2013年4月号

みずほ日本経済情報2013年4月号[日本経済の概況]◆日本経済は緩やかに回復している。ただし、経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、緩やかな回復が続くとみられる。海外経済の持ち直しと円安を背景に輸出は増加に転じる見通しである。補正予算で追加された公共事業が執行され、夏場にかけて公共投資の増勢が強まるであろう。雇用・所得環境の改善を受けて、個人消費も緩やかに回復する見通しである。ただし、経済活動の水準は潜在生産量を下回る

2013年2月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

2012年10-12月期の実質GDP成長率予測~3四半期ぶりのプラス成長に~

平成 25 年(2013 年)2 月 6 日NO.2013-22012 年 10-12 月期の実質 GDP 成長率予測~3 四半期ぶりのプラス成長に~【要旨】— 2 月 14 日に公表予定の 2012 年 10-12 月期の実質 GDP 成長率(1 次速報)は、前期比年率+1.2%と、3 四半期ぶりのプラスになったと予想する。— 最終需要項目別にみると、輸出は、海外経済の軟調などが影響して 2 四半期連続で大きく減少したと見込まれる。一方、輸入は、国内需要の低迷などを背景としてそれ以上に減少した

2012年12月14日インテリジェンス★フィードバック数:3キャリアとスキル

2012年11月の求人倍率は2008年1月以降で最高だそうです。

転職求人倍率レポート(2012年11月)

転職なら、求人情報・転職サイトDODA(デューダ) 求人情報を探す エージェントサービス スカウトサービス 転職成功ガイド イベント ヘルプランキング・データ・調査転職求人倍率レポート(2012年11月)全体:11月の求人倍率は、前月比+0.11ptの1.46倍。2008年1月以来の最高値をマーク 2012年11月の転職求人倍率は、前月比+0.11ポイントの1.46倍。リーマンショック以前の2008年1月以降で、最高値をマークしています。求人数は前月比+1%とほぼ横ばいの一方、転職希望者数は前

2012年10月22日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2012年10月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2012年10月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2012年10月22日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(12年7月)と比較すると、8地域(北海道、北陸、関東甲信越、東海、近畿、中国、四国、九州・沖縄)から、海外経済の減速した状態がやや強まっていることなどを背景に、前回

2010年10月12日矢野経済研究所フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

リチウムイオン電池世界市場に関する調査結果 2010

2010年10月06日 リチウムイオン電池世界市場に関する調査結果 2010 調査要綱矢野経済研究所では、次の要綱にてリチウムイオン電池世界市場に関する調査を実施した。1. 調査期間:2010年1月~9月2. 調査対象:リチウムイオン電池メーカー3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用調査結果サマリー◆ 2010年度 リチウムイオン電池世界市場規模は前年度比112.6%の1兆949億円見込み2010年度、リチウムイオン電池世界市場はこ

2010年9月30日矢野経済研究所フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

小型電動モビリティ市場に関する調査結果 2010

2010年09月27日 小型電動モビリティ市場に関する調査結果 2010 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて小型電動モビリティの国内市場調査を実施した。1. 調査期間:2010年7月~8月2. 調査対象:小型電動モビリティ関連企業(メーカー、輸入代理店、小売業)および関連団体3. 調査方法:当社専門研究員による直接取材および電話・メールによるヒアリング、並びに文献調査を併用<小型電動モビリティとは>小型電動モビリティとは、温室効果ガスの排出量削減など地球温暖化対策の一環として関心が高ま

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ