「需要減少」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年12月25日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

2016年度 上半期国内PC サーバー出荷概況

2016年12月15日■出荷台数は12%減の20 万3,094 台、出荷金額は8.9%減の1,121 億円■出荷台数は5 半期連続減少、出荷金額は11 半期ぶりに減少に転じる  MM 総研(東京都港区、所長・中島洋)は12 月15 日、16 年度上半期(16 年4~9 月)のPCサーバー国内出荷実績をまとめた。それによると、PC サーバー出荷台数は前年同期比12%減の20 万3,094 台となった(グラフ1)。出荷金額は同8.9%減の1,121 億円。出荷金額は、2011 年度上期以降10 半

2014年6月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

増税後の在庫調整は回避できるか~1997年増税時との比較~

みずほインサイト日本経済2014 年 6 月 20 日増税後の在庫調整は回避できるか経済調査部エコノミスト1997 年増税時との比較03-3591-1242坂中弥生yayoi.sakanaka@mizuho-ri.co.jp○ 1997年の増税後は、建設財から在庫調整局面入り。その後、強気の生産が続いていた耐久消費財で夏場にかけて在庫が増加。秋頃には生産財にも生産調整の影響が波及○ 今回の増税後は、経済対策などが下支えとなり、建設財の在庫調整圧力は軽微。耐久消費財・生産財は、生産計画が97年と比

2014年3月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

建設業の人手不足は解消するか~就業者数と必要生産性の試算による考察~

みずほインサイト日本経済2014 年 3 月 20 日建設業の人手不足は解消するか経済調査部エコノミスト就業者数と必要生産性の試算による考察03-3591-1284大和香織kaori.yamato@mizuho-ri.co.jp○ 2005~10年の労働移動のトレンドが続くと仮定した場合(ケース①)、2020年の建設業就業者数は2010年と比べておよそ100万人減少すると試算される○ 就業者数が減少するもとで将来期待される建設投資を実現するために必要な労働生産性は、2019年以降には過去最高水準

2013年11月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

低迷が続くタイの自動車生産~国内出荷の早期回復は期待できず在庫調整が継続~

みずほインサイトアジア2013 年 11 月 20 日低迷が続くタイの自動車生産アジア調査部国内出荷の早期回復は期待できず在庫調整が継続03-3591-1368研究員杉田 智沙chisa.sugita@mizuho-ri.co.jp○ タイ経済の減速が目立っている。その原因は複数あるが、足元で自動車生産の低迷が特に顕著となっており、景気の足を引っ張っている○ 自動車生産低迷の原因は、大洪水の反動、自動車購入支援策といった一時的要因の剥落に伴う国内販売の不振である。輸出も、国内需要の減少分をカバー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ