「震度4」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年7月13日エコンテフィードバック数:0社会/政治

震度階級に関する意識調査

最大震度は7?10?半数以上が誤解、震度階級に関する意識調査 2016年7月14日で熊本地震発生から3カ月を迎えます。新聞やTV、ラジオなどで目や耳にする地震報道で用いられている震度階級について皆さんはどのくらい知っていますか?気象庁が定める震度階級ですが、かつては体感や周囲の状況から推定してたそうですが、1996年4月以降は計測震度計により自動的に観測し速報しているそうです。2016年4月28日の日経ビジネスオンラインでは、‟テレビ報道者も間違う「震度最大10」の誤解”という記事が公開され

2015年4月26日気象庁フィードバック数:0社会/政治

平成27年4月20日10時43分頃の与那国島近海の地震について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成27年4月20日10時43分頃の与那国島近海の地震について報道発表日本文 与那国島近海(石垣島の西南西、約180km付近)、ごく浅い(速報値)【最大震度4】沖縄県与那国町(よなぐにちょう)で震度4を観測したほか、沖縄県で震度3~1を観測しました。 ○ 余震活動の状況20日11時30分現在、震度1以上を観測した余震は1回発生しています。(震度1:1回)○ 防災上の留意事項海の中や海岸付近は危険です。海の中にいる人はただちに海から上がって、海岸か

2014年12月14日気象庁フィードバック数:0社会/政治

平成26年11月の地震活動及び火山活動について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成26年11月の地震活動及び火山活動について報道発表日概要平成26年11月の地震活動及び火山活動について解説します。本文地震活動全国の地震活動全国で震度3以上を観測した地震の回数は23回、日本及びその周辺におけるM4.0 以上の地震の回数は82回でした。11月22日長野県北部の地震活動11月22日22時08分に長野県北部の深さ5kmでM6.7の地震が発生し、長野県長野市、小谷村、小川村で震度6弱、長野県白馬村、信濃町で震度5強を観測したほか、中

2014年12月7日気象庁フィードバック数:0社会/政治

平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第7報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第7報)報道発表日概要今回の地震について、これまでの余震活動を解析した結果をもとに、今後の余震発生の見通しについて、お知らせします。○余震活動について余震活動は、姫川沿いに小谷村から白馬村の南北約20kmにかけた余震域で発生しています。余震の数は全体的に見ると次第に減ってきています。現在までに発生した最大の余震は11月22日22時37分(本震約29分後)のM4.5(最大震度5弱)で、

2014年11月30日気象庁フィードバック数:0社会/政治

平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第6報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第6報)報道発表日概要今回の地震について、これまでの余震活動を解析した結果をもとに、今後の余震発生の見通しについて、お知らせします。○余震活動について余震活動は、姫川沿いに小谷村から白馬村の南北約20kmにかけた余震域で発生しています。余震の数は全体的に見ると次第に減っていますが、震度4を観測する地震が発生していますので、注意が必要です。現在までに発生した最大の余震は11月22日22

2014年7月13日気象庁フィードバック数:0社会/政治

「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第72報)-平成26年7月5日07時42分頃の岩手県沖の地震-

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第72報) -平成26年7月5日07時42分頃の岩手県沖の地震-報道発表日本文 【最大震度5弱】岩手県宮古市(みやこし)で震度5弱を観測したほか、東北地方を中心に、北海道から関東地方の一部、新潟県にかけて震度4~1を観測しました。 ※今回の地震は「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」の余震と考えられます。 図表等を含めた資料全文につきましては、下記の「資料全文」をご参照下さい。問

2011年8月25日マクロミルフィードバック数:3社会/政治

防災に関する調査

2011年08月25日震災をきっかけに「防災意識が高まった」 7割超。6割が、地震に対して'備え'あり。2年前より15ポイント増加。地震発生時の行動、もしも一つだけ持ち出すとしたら…1位「携帯電話」37% 2位「財布」15% 3位「通帳・印鑑」7%「震度4」で避難行動する割合:東北は25%、関東は30%、関西など40%株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国の15~59才の男女を対象に、「防災に関する調査」を実施いたしました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間201

2009年9月1日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

静岡での地震調査

発行日 : 2009年08月26日全国25,976人が回答!静岡での地震調査結果発表『緊急地震速報』の受信は携帯・PCが便利!~ 地震への事前対策で最もお金をかけているのは愛媛県民!耐震対策実施率1位は兵庫県! ~株式会社ウェザーニューズ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、8月26 日(水)、同月11日(火)に起こった駿河湾を震源とする地震に関する調査をまとめ発表しました。この調査は、携帯サイト「ウェザーニュース」の利用者を対象に、8月15日(土)・16日(日)の2日間実施し、合

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ