「非常食」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月30日リクルートフィードバック数:0社会/政治

家の中での防災対策、2位「数日分の水・非常食の備蓄」、1位は? SUUMO調べ

SUUMOジャーナル - まだ見ぬ暮らしをみつけよう - 家の中での防災対策、2位「数日分の水・非常食の備蓄」、1位は? SUUMO調べ 9月1日は防災の日。東日本大震災から6年、昨年は熊本地震もあり、自然災害の恐ろしさを身近に感じている人も多いのでは? そこで、(株)リクルート住まいカンパニーが運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、「9/1は防災の日。家の中でやっている防災対策は?」をテーマにアンケート調査を実施し、結果を「SUUMOなんでもランキング」としてまとめた。【

2017年8月24日インタースペースフィードバック数:0社会/政治

子育てママの「防災準備」調査

いまどきママに実態を調査:ママリサ~いまどきママリサーチ~子育てママの「防災準備」調査プレスリリースいまどきママに実態を調査:ママリサ~いまどきママリサーチ~子育てママの「防災準備」調査2017年08月15日 インターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペース(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:河端伸一郎、証券コード:2122、以下インタースペース)は、運営する日本最大級のママ向け情報サイト『ママスタジアム』(URL: )にて、『ママリサ~いまどきママリサーチ~』※の第17弾とし

缶詰に関する調査2016

マルハニチロ株式会社 広報IR部〒135-8608 東京都江東区豊洲 3-2-20Tel 03-6833-0826Fax 03-6833-05062016 年 9 月 30 日報道関係者 各位10 月 10 日は缶詰の日~マルハニチロ、「缶詰に関する調査 2016」~10 月 10 日は「缶詰の日」です。そこで、マルハニチロ株式会社(http://www.maruha-nichiro.co.jp/)(所在地:東京都江東区豊洲 3-2-20 代表取締役社長 伊藤 滋)は、2016 年 8 月 31

2016年9月1日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

ペット向けサービス利用動向調査

スマホ世代の5人に1人が、「留守中は見守りカメラで外出先から確認」 ペット向けサービス利用動向調査スマホ世代の5人に1人が、「留守中は見守りカメラで外出先から確認」犬派も猫派も、約半数が「ペット用の非常食や飲料水を常備」調査結果サマリースマホ世代の5人に1人が、「留守中は見守りカメラで外出先から確認」世帯で犬や猫を飼っている20代のうち、「ペットの写真・動画の共有」「ペットのしつけ」など、ペット関連のスマートフォンアプリを利用している人は46.9%、ペットの話題や写真などをSNSに投稿している人

2016年8月9日プラネットフィードバック数:0社会/政治

防災対策に関する意識調査

防災対策の備蓄品、男性は“サバイバル”、女性は生活必需品〜災害時、実際に役に立つのは 非常食より日常のストック〜 国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット(所在地:東京都港区、代表取締役 社長:田上正勝)は、日用品にまつわるトピックスをお届けする『Fromプラネット』の第43号として、防災対策に関する意識調査の結果をご紹介します。 防災のために「備蓄している」は5割以下…必要だとは思いつつも“面倒” 東日本大震災以降、防災に対する関心は高まっています。では実

2016年3月14日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

減災調査2016

ニュース 2016年03月10日 ウェザーニューズ、全国2.4万人と『減災調査2016』を実施震災から5年、被災地とその他地域で“現地の今”の認識にズレ・被災地の8割の人は復旧を実感も、その他地域の4割は被災地が震災直後のままと認識・災害時の情報入手に地域差、東北・北関東はラジオ、南関東・中部はテレビを頼りに 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、減災・避難活動における対策・対処の一助とすることを目的として、減災に対する意識や対策の状況を調査する『減災調査2

2015年8月27日アサヒビール★フィードバック数:0ライフスタイル

防災対策は万全ですか?

「防災の日」である9月1日が迫ってきました。「天災は忘れた頃に来る」といいますが、昨今では大型台風や火山の噴火、大地震の予兆など、忘れる暇がないくらい、様々な自然災害の不安が募っています。特に2011年3月11日の東日本大震災以降、各ご家庭でも様々準備を行っているのではないでしょうか。そこで今回は「防災の日」を控え、現在の皆さんの防災意識の実態をアンケート調査しました。さて、皆さんのご家庭では、どんな防災対策を行っているのでしょうか。 調査概要調査対象:全国の20歳以上の男女有効回答数:831人

2015年3月18日ウェザーニューズ★フィードバック数:0社会/政治

ウェザーニューズの調査です。

減災調査2015

ニュース 2015年03月17日 東日本大震災から4年、全国3万人と共に減災意識を調査SNSへの投稿は被害軽減につながると7割が認識も、投稿経験者は2割以下 全体の8割が非常食を備蓄、震災を経験した太平洋側ほど備蓄する傾向に非常食の保存量は全国平均3.3日分!最も多いのは宮城県民で4人に1人が約1週間分を備蓄避難するときの判断基準は?自身で考え行動する人が約半数、震災以降じわりと増加傾向に株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、災害に対する意識や対策を調査する

2014年9月11日ドゥ・ハウス★フィードバック数:0社会/政治

不安や備えについての調査です。

「防災」に関する調査

防災対策を意識しているのは約6割 備蓄している非常食、「ラーメン」が「カンパン」を抜いて2位に ~ 「防災」に関する調査結果を発表 ~ 株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:稲垣佳伸)は、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケートASP』を利用し、全国の『モラタメ.net®』会員のうち20歳~69歳の男女を対象に「防災」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は2014年8月18日(月)~8月19日(火)。有効回答は1,000人から得ました。調査サマリ防災対策

家庭における地震対策

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「家庭における地震対策」について、オムニバス調

第606回 防災対策してますか? 2013.05.23~2013.05.29

●分析地震や台風など、いつ起こるかわからない自然災害。いざという時の備えが必要ですね。ただ、わかってはいるけど、なかなかできていないという方もいるのでは? 今回は、「防災対策してますか?」と題して、皆さんの不安に思っている災害、備えなどをリサーチいたしました。 Q1-1.不安に思っている「自然災害」は何ですか?(複数可)皆さんが不安に思っている自然災害は、実に95.3%という多くの方が「地震」とお答えに。つねにどこかで起こっている地震。東日本大震災の未曾有の被害も記憶に新しく、「津波(24.8%

2012年9月20日ウェザーニューズ★フィードバック数:6社会/政治

防災、減災意識についての調査です。

減災調査2012

 発行日 : 2012年09月20日震災から1年半、全国2万人の回答からみんなの減災意識を震災前と比較検証備蓄者が2割増、国民の8割は平均3.2日分の非常食を準備災害時に国民の4割が“自分の判断で行動”、震災前は最多の“指示を待つ”と逆転 半数が家族との集合場所を決めているも、震災前と同様3人に1人は連絡手段を“決めていない” 津波を経験するも、連絡のつかない人を“探しに行く”が増加傾向に株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、東日本大震災から1年半を迎えて人

2012年8月30日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム レトルト食品の利用(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへレトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱。ボリュームゾーンは「月2〜3回程度」。「カレー」「パスタソース」「料理の素」などが上位 レトルト食品の利用場面は「作るのが面倒なとき」「時間がないとき」などが上位。週2〜3日以上利用者では「ふだんの食事のメニューとして」が最も多い利用場面 レトルト食品購入理由で多いのは「簡単に」「すぐに」食べられるから。非利用理由は、全体では「価格が高い」「おいしくない・味付けが良くない」「原材料や添加物が

2011年9月4日アイリスオーヤマフィードバック数:0社会/政治

防災に対する意識調査

ホーム企業情報ニュース2011年9月1日は「防災の日」-役に立った防災対策 第1位は非常食・飲料水の確保-「防災に対する意識調査結果」 9月1日は「防災の日」-役に立った防災対策 第1位は非常食・飲料水の確保-「防災に対する意識調査結果」当社は、情報サイト“アイリス暮らし便利ナビ”でサイト会員対象に今年も防災に対する意識調査を行いました。防災の日(9月1日)にあたり、アンケート結果や当社の販売状況から見える防災用品の現状をご報告いたします。 ■9割が昨年に比べて防災の意識が高まった昨年に比べて防

2011年3月25日アイシェアフィードバック数:2社会/政治

備えに関する意識調査

地震後も家族と「万一の時の連絡方法」決めず 備えに関する意識調査地震後も家族と「万一の時の連絡方法」決めず~防災グッズなど「万一の備え」地震前では1割未満東北地方太平洋沖地震の発生から2週間が経った。いまだ余震が続いている状態だが、これらの非常事態について各家庭でどのくらい対策がなされていたのだろうか。現在の対策についても合わせて調査を実施(被災地域を除く)。有効回答者数は男女合計1,733名、調査期間は3月23日から24日。3月10日以前(地震発生以前)に、防災グッズや非常食などの“万一の備え

2010年9月14日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

減災調査

発行日 : 2010年09月08日いつ起こるかわからない震災に備えて、あなたの準備は?「減災調査」結果発表被災生活のための非常食を準備しているのは3人に1人~ 車で移動中に地震が発生した際、6割以上が“鍵をつけて置いていく” ~株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、いつ起こるかわかならい震災に備え、一人ひとりが減災に対する意識を高めて被害軽減に繋げられるよう、9月1日(水)の防災の日から5日(日)までの5日間を“減災ウィーク”と称し、期間中、携帯サイトを通して

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ