「韓国労働」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

韓国雇用情報院(KEIS)が男女賃金格差について分析

韓国雇用情報院(KEIS)が男女賃金格差について分析 韓国雇用情報院(KEIS)(注1)が男女間の賃金格差に関する分析結果について公表している。以下にその概要を紹介する。KEISが2013年に実施した調査結果を基に、分析を行ったところ、男女間の賃金格差の要因は、勤続年数、年齢、学歴等の差で説明できる部分もあるが、そういった個人の特性による差では説明できない部分も存在し、それが31.3%を占めている。これは女性という理由だけで賃金が低く抑えられている「女性損失分」である――と、本調査は分析する。男

第13回日韓ワークショップ報告書 若年者雇用問題:日韓比較

概要労働政策研究・研修機構では毎年、韓国労働研究院(KLI)と共催で、日韓両国に共通する労働政策課題を取り上げて議論し、相互の研究の深化を図ることを目的に「日韓ワークショップ」を開催しています。2013年のワークショップは「若年者雇用問題」をテーマとして6月14日に韓国・ソウルで開催しました。 日本では経済の長期停滞が続くなか、新規採用の抑制が続き、ニートやフリーターが増加するなど若年者の雇用問題が深刻な課題となっています。国の将来を担う若者が安心・納得して働き、その意欲や能力を十分に発揮でき

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ