「預貯金」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月8日西日本シティ銀行フィードバック数:0大型消費/投資

消費者動向調査No.119「冬のボーナス使いみち調査」

平成 28 年 11 月 28 日消費者動向調査No.119「冬のボーナス使いみち調査」西日本シティ銀行(頭取 谷川 浩道)は、消費者動向調査を定期的に実施しています。今般、NCB リサーチ&コンサルティング調査部と共同で「冬のボーナス使いみち調査」を実施し、調査結果がまとまりましたので、概要をお知らせします。記調査時期:平成 28 年 10 月調査対象:福岡県内のボーナスがある家庭の女性 500 人(うち回答者 491 人、回答率 98.2%)調査結果要約 今年の冬のボーナス、前年冬と比較し

2016年12月7日日本FP協会フィードバック数:0大型消費/投資

老後とお金に関する調査

PRESS RELEASE2016 年 11 月 28 日特定非営利活動法人(NPO 法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会全国の 20 歳以上男女 1200 人に聞いた「老後とお金に関する調査」貯蓄が 900 万円以上でも「老後の生活資金が不安」7 割を超えるお金の悩み 20 代~50 代は「年金がもらえるか」60 代以上は「老後の医療費・介護費」が第 1 位特定非営利活動法人(NPO 法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(略称:日本 FP 協会 理事長 白「老後の医療費・介護費

2016年8月29日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年夏の賞与に関する実態調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「マイナビ転職 2016年夏の賞与に関する実態調査」を発表夏の賞与が「前年より増加した」は約3割。若手社員ほど増加した割合が高い結果に株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する総合転職情報サイト『マイナビ転職』()は、「マイナビ転職 2016年夏の賞与に関する実態調査」を発表しました。なお、本調査は25歳・30歳・35歳の転職意向のある正社員を対象

2016年7月16日日本生命保険★★フィードバック数:0大型消費/投資

ニッセイ インターネットアンケート~2016年7月:「夏のボーナス」について

平 成 28年 7月 8日日本生命保険相互会社ニッセイ インターネットアンケート~7月:「夏のボーナス」について~日本生命保険相互会社(社長:筒井義信)は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューのひ と つ と し て、ホ ー ム ペ ー ジ( http://www.nissay.co.jp ) 内 の 「 ご契 約 者 さま 専 用 サ ー ビ ス」 に て、「夏のボーナス」に関するアンケート調査を実施いたしました。≪調査概要≫□調査期間□実施方法□調査対象□回答者数::::平成28

2015年11月27日西日本シティ銀行フィードバック数:0大型消費/投資

冬のボーナス使いみち調査

平成 27 年 11 月 24 日消費者動向調査No.117「冬のボーナス使いみち調査」西日本シティ銀行(頭取 谷川 浩道)は、消費者動向調査を定期的に実施しています。今般、当行の連結子会社である NCB リサーチ&コンサルティング調査部と共同で「冬のボーナス使いみち調査」を実施し、調査結果がまとまりましたので、概要をお知らせします。記調査時期:平成 27 年 10 月調査対象:福岡県内のボーナスがある家庭の主婦 500 人(うち回答者 492 人、回答率 98.4%)調査結果要約 今年の冬の

2015年7月6日ライフメディア★★フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年夏のボーナスに関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイト2015年夏のボーナスに関する調査。ボーナスの支給額、「満足」より「不満足」に思う人の方が多い。 2015年夏のボーナスに関する調査。ボーナスの支給額、「満足」より「不満足」に思う人の方が多い。2015年7月 1日■テーマ:2015年夏のボーナスに関する調査■有効回答:1200件■調査期間:2015年6月25日から6月26日■対象者:20代から50代の会社員の男女■キーワード:ボーナス,賞与,使い道夏のボーナスが支給される時期となりました。 今年も20歳か

介護準備についての調査です。

約半数は介護を“自分ごと”と回答。けど、準備は・・・?!

自分の介護は必要?介護資金を準備している人は10%以下!毎月その月にまつわる「ちょっと気になる」ネタ、「お金に関する」ネタをボク(いっきゅう)が調査します。 アンケートの調査結果を見ると、今の世の中が垣間見える?かも40歳から60歳の3.7人に1人は介護経験者! 約半数は介護を“自分ごと”と回答。 けど、準備は・・・?!11月11日は“介護の日”、11月30日は“年金の日”です。11月は老後について考えるのにふさわしい月。ニュースなどでも度々、年金や介護について取り上げられていますが、実際の生活

半数以上52%の投資家が、預貯金から移してもよいと答えた『欲張らない投資』とは?

ニュースリリース・プレスリリース配信サービスならNews2uリリース ピクテ投信のアンケート調査報告半数以上52%の投資家が、預貯金から移してもよいと答えた『欲張らない投資』とは?2015年03月18日 10時05分─ 家族や自分を守るために大切なのは、預貯金と資産運用の「全体設計」─ ピクテ投信投資顧問株式会社は、2015年2月14日(土)にインターネット証券4社*1の主催により東京・両国国技館で行われた「ネットでNISAフォーラムin Tokyo」に投資信託の運用会社として参加し、来場し

年末年始と来年のお金についての調査です。

年末年始の過ごし方とお金の使い方を調査

平成 26 年 12 月 25 日News Release株式会社アイリックコーポレーション半数近くが半数近くが来年くが来年の来年の家計は家計は厳しくなると予想しくなると予想!予想!冬のボーナスからののボーナスからの貯蓄からの貯蓄金額貯蓄金額は金額は夏の倍になるが、になるが、その人数その人数は人数は減少「3.3 人に、総額 2.1 万円」万円」があげるお年玉があげるお年玉の年玉の平均値―年末年始の年末年始の過ごし方ごし方とお金とお金の使い方を調査―調査―消費増税の影響からか、この数か月は景気回復

2014年12月10日ライフメディア★フィードバック数:0キャリアとスキル

冬のボーナスについての調査です。

2014年冬のボーナスに関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイト2014年冬のボーナスに関する調査。34%が景気が後退していると感じている。 2014年冬のボーナスに関する調査。34%が景気が後退していると感じている。2014年12月10日■テーマ:2014年冬のボーナスに関する調査■有効回答:1200件■調査期間:2014年12月5日から12月8日■対象者:20代から50代の会社員の男女■キーワード:ボーナス,賞与,使い道冬のボーナスが支給される時期となりました。 今年もボーナスの支給状況や満足度、使い道などを20歳

新潟での調査です。

2014年冬期消費動向調査

2014年冬期消費動向調査調査─「消費支出」は4期ぶりに低下したが、高水準を維持─[定例調査]県内勤労者世帯の消費意識と     今冬のボーナスについて1.収入の推移図表1 収入CSIと収入予想CSIの推移収入が増えた─収入は、わずかながら低下─(%)(CSI)202013.210100〈半年前と比較した収入について〉は13.2%、「減った」と回答した人の割合は20.1%となり、収入CSIは▲6.9となった(図表1)。収入CSIは2014年夏収入が減った 半年前と比べて収入が「増えた」と回答した

介護や資金の準備についての調査です。

老後の準備についての実態

保険クリニックからのお知らせ保険相談ホーム保険クリニックからのお知らせ> 約半数が介護を“自分ごと”と回答! しかし資金の準備は10%どまり ―30%を超える“老後資金”としての準備状況と開きが―約半数が介護を“自分ごと”と回答! しかし資金の準備は10%どまり ―30%を超える“老後資金”としての準備状況と開きが― 11月11日は“介護の日”、11月30日は“年金の日”です。11月は老後について考えるのにふさわしい月。ニュースなどでも度々、年金や介護について取り上げられていますが、実際の生活者

本当に景気向上?約40%がボーナスなし!夏のボーナス 意外と厳しい結果に・・・

本当に景気向上?夏のボーナス使い道は貯金が1位本当に景気向上?夏のボーナス使い道は貯金が1位 毎月その月にまつわる「ちょっと気になる」ネタ、「お金に関する」ネタをボク(いっきゅう)が調査します。 アンケートの調査結果を見ると、今の世の中が垣間見える?かも本当に景気向上?夏のボーナス使い道は貯金が1位 夏のボーナス 意外と厳しい結果に・・・会社員にとって待ち遠しいボーナス。ちまたでは景気回復と報道されていますが、本当にそうなのでしょうか? 夏のボーナスの増減、ボーナスの使い方について、20歳~60

2014年7月9日日本生命保険★フィードバック数:0キャリアとスキル

日本生命のアンケートです。

ニッセイ インターネットアンケート ~2014年7月:「夏のボーナス」について~

平成26年7月8日日本生命保険相互会社ニッセイ インターネットアンケート~7月:「夏のボーナス」について~日本生命保険相互会社(社長:筒井義信)は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューのひとつとして、ホームページ(http://www.nissay.co.jp)内の「ご契約者さま専用サービス」にて、「夏のボーナス」に関するアンケート調査を実施いたしました。来月は「夏休み」に関するアンケート調査結果を発表いたしますので、ご期待ください。≪調査概要≫■調査期間■実施方法■調査対象■回答者

2014年7月2日ライフメディア★フィードバック数:0キャリアとスキル

ボーナスとその使い道についての調査です。

2014年夏のボーナスに関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイト2014年夏のボーナスに関する調査。43%が昨夏のボーナスより増額したと回答。 2014年夏のボーナスに関する調査。43%が昨夏のボーナスより増額したと回答。2014年7月 2日■テーマ:2014年夏のボーナスに関する調査■有効回答:1200件■調査期間:2014年6月23日から6月25日■対象者:20代から50代の会社員の男女■キーワード:ボーナス,賞与,使い道夏のボーナスが支給される時期となりました。 20歳から59歳までの会社員の男女に対して、この夏

主婦対象の調査です。

2014年夏のボーナスと家計の実態調査

【報道資料】2014 年 7 月 1 日損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険株式会社サラリーマン世帯の主婦 500 名に聞く「2014 年夏のボーナスと家計の実態調査」夏のボーナス平均手取額は 72.2 万円(昨夏比+2.3 万円)平均手取額が 70 万円台となったのは、2008 年夏以来 6 年ぶり主婦の“へそくり”の平均額は、過去最高の 452.4 万円(昨夏比+36.4 万円)ボーナスから夫に渡した小遣いの額は平均 13.2 万円(昨夏比+1.8 万円)夫の小遣いの月平均額は 39,3

2014年6月18日じぶん銀行フィードバック数:0キャリアとスキル

25~34歳の若年ビジネスパーソン夏のボーナスに関する意識調査

若手ビジネスパーソンに聞く!夏のボーナス支給予想額は平均42.2万円。使い道は男女共に預貯金がNo.1に。満足度は60点。堅実志向が浮き彫りに。 ~〈25~34歳の若年ビジネスパーソン夏のボーナスに関する意識調査〉ボーナスラボ by じぶん銀行~ 株式会社じぶん銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鶴我 明憲、以下「じぶん銀行」)は、全国の25~34歳の男女300人を対象に「夏のボーナスに関する調査」を実施しました。その結果をもとに、当行Facebookページにて『ボーナスラボ by じぶ

2014年5月7日マイナビフィードバック数:0大型消費/投資

みんなの貯金はいくら?20代若手社会人に聞いたお財布事情

すっかり暖かくなり、新社会人が眩しい時期となりました。給料をもらえるようになると気になるのが他の人のマネー事情。手取りでどのくらいもらっているの?貯金はしている?銀行ってどうやって使っている?などなど若手20代社会人のお財布事情についてアンケート調査を行いました。3割以上の人が、手取り16~20万円まずは気になる手取り額ですが、「16~20万円」が32%、「21~30万円」が29.7%という結果に。家賃や生活費、交際費など何かとお金がかかる社会人ゆえ貯金はなかなか難しいかもしれません。一体イマド

2014年3月30日マインドシェアフィードバック数:0大型消費/投資

話題の「NISA」始めてる? ママの利用実態とは

最近、話題のNISA。 意識してTVを見ていると、CMもよく流れていますよね。 「そういえば、言葉だけは聞いたことがあるような・・・」 そんな人もいると思います。「NISA」とは「少額投資」なら「非課税」という制度です。 株で利益を得た場合、利益の20%を税金として納めなければなりません。 しかし「NISA」を利用すれば、年間の投資金額100万円分までなら、 そこから得た利益が非課税で済みます。「NISA」を利用するためには、専用の口座が必要。 「ママこえ」のママたちは、NISA口座を開設してい

2014年1月17日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

ボーナスの使い道と貯金に関するアンケート

ようやくボーナス支給額が上昇し始めたという少し明るいニュースが聞こえるようになってきましたが、みなさんの会社では期待通りのボーナスは支給されましたか?マイナビニュースが20代、30代を対象に10月に実施した「ボーナスの使い道と貯金に関するアンケート」の結果では、今回の冬のボーナスにはあまり期待はできないとの回答が目立ちました。「あまり期待していない」と「全然期待していない」を合わせると実に70%弱の人がボーナスに期待を持っていないとのこと。ちょっと寂しい気もしますが、現実を冷静にみている人が多い

個人リテール金融の最近の注目点――金融緩和と高齢化の影響について――

個人リテール金融の最近の注目点─金融緩和と高齢化の影響について─研究員 髙山航希〔要   旨〕1  安倍政権下で進められている大胆な金融緩和による円安・株高で,家計が保有する市場性金融商品の評価額が2012年末から大幅に上昇し,家計金融資産残高は増加した。しかし,家計は投資信託を買い越す一方で株式を売り越しており,市場性金融商品をトータルで買い増す動きは強くない。2  流動性と安全性の高い資産に資金が滞留する傾向は継続しており,個人預貯金も堅調な増加を維持している。特に国内銀行で個人預金の増加率

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年日本株見通し ~Japan is Back~

Financial Trends2014年日本株見通し-Japan is Back2013年12月25日(水)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523筆者は来年末の日経平均を19000円と予想する。2013年の約50%に続いて14年も約20%の株高が進む計算だ。日本経済は消費税率引き上げを乗り越え、景気後退は回避されると見込む。また、米国経済は3%近い成長が期待され、欧州経済も年間を通じてプラス成長を達成するだろう。このような先進国を中心とした景気拡大が企業業績の

主婦対象の調査です。

2013年冬のボーナスと家計の実態調査

【報道資料】2013 年 12 月 19 日損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険株式会社サラリーマン世帯の主婦 500 名に聞く「2013 年冬のボーナスと家計の実態調査」<Part1>冬のボーナス平均手取額は 66.8 万円(昨冬比+4.7 万円)ボーナスの今後の見通し、調査開始以降“増える”が“減る(+なくなると思う)”を初めて上回るボーナスから夫に渡した小遣いの額は平均 9.2 万円(昨冬比-2.0 万円)臨時ボーナスをあげたい人は 「田中将大」 「堺雅人」 「浅田真央」損保ジャパン・

2013年12月13日ライフメディア★フィードバック数:0キャリアとスキル

冬のボーナスとその使途についての調査です。

2013年冬のボーナスに関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイト2013年冬のボーナスに関する調査。68%が1年前と比べて景気に「変化なし」と感じている。 2013年冬のボーナスに関する調査。68%が1年前と比べて景気に「変化なし」と感じている。2013年12月13日■テーマ:2013年冬のボーナスに関する調査■有効回答:1200件■調査期間:2013年12月6日から12月10日■対象者:20代から50代の会社員の男女■キーワード:ボーナス,賞与,使い道冬のボーナスが支給される時期となりました。 今年もボーナスの支給状

2013年12月4日マクロミル★フィードバック数:0大型消費/投資

ボーナス、クリスマス、年末年始についての調査です。

2013年~2014年 年末年始の過ごし方に関する調査

2013年~2014年 年末年始の過ごし方に関する調査 2013年12月04日増税前の冬のボーナス、1位「預貯金」2位「生活費の補てん」3位「ローンの返済」と堅実な使い道が顕著年末年始の9連休の外出予定は「外食」35%、「デパート・ショッピングセンター」26%。「国内旅行」は11%にとどまる今年の年末年始に帰省を予定している人は63%年末年始にかける予算は平均5.2万円。昨年より4千円マイナス株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国の20~69歳の男女を対象に、「年末年始の

2013年11月10日日本生命保険★フィードバック数:0ライフスタイル

日本生命の調査です。

「介護」に関するアンケート調査

平成25年11月8日日本生命保険相互会社「介護」に関するアンケート調査結果について日本生命保険相互会社(社長:筒井義信)は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューのひとつとして、ホームページ(http://www.nissay.co.jp)内の「ご契約者さま専用サービス」にて、「介護」に関するアンケート調査を実施いたしました。来月は「クリスマス」に関するアンケート調査結果を発表いたしますので、ご期待ください。≪調査概要≫■調査期間■実施方法■調査対象■回答者数::::平成25年10月1

家計の金融資産についてのデータです。

世帯の金融資産保有の状況と貯蓄・投資先の動向

世帯の金融資産保有の状況と貯蓄・投資先の動向 | ニッセイ基礎研究所 世帯の金融資産保有の状況と貯蓄・投資先の動向 生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」によれば、金融資産を保有している世帯の割合は9割前後を示していた20年前に比べ15ポイントほど減少し、2

2013年9月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

デフレ脱却の兆し-求められる過剰適応からの転換

デフレ脱却の兆し-求められる過剰適応からの転換 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > デフレ脱却の兆し-求められる過剰適応からの転換デフレ脱却の兆し-求められる過剰適応からの転換 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 地球上で無敵だった恐竜はなぜ絶滅してしまったのか?一説によれ

2013年8月30日野村総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

NRIの調査です。

少額投資非課税制度「NISA」について消費者意識調査

少額投資非課税制度「NISA」について消費者意識調査を実施 ~政府目標の投資総額25兆円を、5年以内に上回ると推定~2013年8月29日株式会社野村総合研究所株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:嶋本正、以下「NRI」)は、2014年1月から始まる少額投資非課税制度「NISA」※1について、2013年7月時点で消費者の認知や利用意識を尋ねるアンケート調査を実施しました。NISAの認知度や利用したいと考えている人の割合は、2月時点の同じテーマの調査に比べて高まっており、政府

デフレ脱却の兆し~求められる過剰適応からの転換

デフレ脱却の兆し~求められる過剰適応からの転換 | ニッセイ基礎研究所 デフレ脱却の兆し~求められる過剰適応からの転換 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 地球上で無敵だった恐竜はなぜ絶滅してしまったのか?一説によれば、それはあまりに当時の地球環境に適応していたからだという。恐竜が地球上に君臨した温暖

2013年7月5日ライフメディア★フィードバック数:0キャリアとスキル

この夏のボーナスについての調査です。

2013年夏のボーナスに関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイト2013年夏のボーナスに関する調査。72%が1年前と比べて景気に「変化はない」と感じている。 2013年夏のボーナスに関する調査。72%が1年前と比べて景気に「変化はない」と感じている。2013年7月 5日■テーマ:2013年夏のボーナスに関する調査■有効回答:1200件■調査期間:2013年6月19日から6月21日■対象者:20代から50代の会社員の男女■キーワード:ボーナス,賞与,使い道夏のボーナスが支給される時期となりました。 20歳から59歳までの

2013年3月25日日本証券業協会★★フィードバック数:0大型消費/投資

3年ごとに実施されている個人の投資についてのまとまった調査です。

平成24年度 証券投資に関する全国調査(個人調査)

証券投資に関する全国調査平成24年度調査報告書(個人調査)●日本証券業協会 調査部《目 次》1.調査概要 ······················································· 1(1)調査の目的 ······························································ 3(2)主な調査内容 ·························································

2013年1月8日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:5大型消費/投資

主成分分析を行っています。

若年層の金融機関・商品に対する考え方~4つの志向が存在

若年層の金融機関・商品に対する考え方~4つの志向が存在 | ニッセイ基礎研究所 若年層の金融機関・商品に対する考え方~4つの志向が存在 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 新しい年を迎え、年間の家計予算の計画を立てる方も多いのではないだろうか。現在の若年層は日本経済が低迷する中で育ち、雇用情勢も厳しいために、貯蓄志向や節約志向が強

保険比較サイトによる調査です。

「老後」の資金についてのアンケート

「老後」について935人に聞きました! 「老後」の資金にどう備える? 充実した「老後」のために今からしっかり考えよう。生命保険文化センターのデータによると、2010年時点の日本人の平均寿命は、男性79.6歳、女性86.4歳で世界一を維持しています。長い老後をどう生きるか、どう生きたいかは多くの日本人に共通の大テーマと言えるでしょう。皆さまに豊かなセカンドライフをお送りいただくための準備をお手伝いすることも、保険市場の大切な使命と考えております。そんな中、保険市場はメールマガジン【保険道場】にて「

サラリーマン世帯の主婦 1000 名に聞く 2011年夏のボーナスと家計の実態調査

サラリーマン世帯の主婦 1000 名に聞く2011 年夏のボーナスと家計の実態調査~“わが家の生活防衛策”第 22 弾~2011 年6月<目 次>Ⅰ.調査概要 _____________________________________________________________________________________ 11.調査の目的 ...........................................................................

サラリーマン世帯の主婦 500 名に聞く「2010 年冬のボーナスと家計の実態調査」

【報道資料】2011 年 1 月 20 日 損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険株式会社サラリーマン世帯の主婦 500 名に聞く「2010 年冬のボーナスと家計の実態調査」ボーナス額「増えた」33.8%(昨冬比 13.4 ポイント上昇)、でも使い道は「貯金」!平均手取金額は昨冬と同額の 62.1 万円主婦の“へそくり”減少、家計赤字の穴埋めに。平均額は 308.3 万円(昨冬比 66.0 万円減) 家計のキャッシュフロー「減った」(29.8%)で、“倹約していない”主婦も倹約主婦へ! 臨時ボ

2010年12月7日楽天リサーチ★フィードバック数:2大型消費/投資

楽天リサーチによるボーナスに関する調査結果です。

冬のボーナスに関する調査

2010年12月6日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、冬のボーナスに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、11月19日から21日まで、楽天リサーチ登録モニター(約201万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。 【総評】冬のボーナス支給の季節が訪れてきた。昨年に引き続き、冬のボーナスの支給状況、使い道などを調査した。厳しい状況であった2009年と比べ、今年の冬のボーナスは懐を暖められるものにな

2010年1月26日楽天リサーチフィードバック数:5大型消費/投資

老後の生活資産に関する調査

2010年1月21日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、老後の生活資金に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、1月9日から10日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約177万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。 【総評】高齢化社会の到来にともない、年金支給額の削減が危惧される中、公的年金への期待感は薄れ気味だ。また、雇用形態や職業によっても、老後の生活に感じる“不安度”にも開きがある。年金制

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ