「預金基準」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

金融と財政、両面の政策調整により景気支援の姿勢を示した中国

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月3日金融と財政、両面の政策調整により景気支援の姿勢を示した中国  中国人民銀行(中央銀行)は2月28日、1年物貸出基準金利の0.25ポイント引き下げ(5.60%→5.35%)および1年物預金基準金利の0.25ポイントの引き下げ(2.75%→2.50%)を発表し、翌3月1日より実施しました。中央銀行は、昨年11月に、景気の下振れ懸念に伴ない約2年4ヵ月ぶりとなる利下げに踏み切り、また今年2月には銀行の預金準備率を引き下げるなど

中国人民銀行が利下げを実施

<全人代前に利下げ>中国人民銀行(中央銀行)は2月28日夜に利下げを発表し、翌3月1日に実施しました。前回の利下げは2014年11月に行われており、2015年内に追加利下げを見込む向きはありましたが、全人代(全国人民代表大会、国会に相当)の開催を3月5日に控えての利下げはタイミングとして意外感がありました。<景気下支えを狙う>中国の1〜2月の経済指標は春節休暇の影響で歪みが生じやすく、一部の指標は1〜2月分がまとめて3月に発表されます。このため、2月28日時点では景気動向の詳細な分析は難しかった

2014年11月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:2年4ヵ月ぶりの利下げで景気を下支え

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:2年4ヵ月ぶりの利下げで景気を下支え預金金利上限は基準金利の1.1倍⇒1.2倍へ。金利自由化のステップ ◆2014年11月21日、中国人民銀行は貸出基準金利と預金基準金利の引き下げを発表した。実施は11月22日から。1年物貸出基準金利は6.0%⇒5.6%へ0.4%ポイント、1年物預金基準金利は3.0%⇒2.75%へ0.25%ポイント引き下げられた。◆中国人民銀行によれば、今回の貸出基準金利の引き

中国人民銀行が予想外の利下げ

中国人民銀行が予想外の利下げ2014年11月25日<予想外のタイミング>中国人民銀行(中央銀行)は2014年11月21日夜、利下げを発表し、翌22日に実施しました。利下げの実施は2012年7月以来です。人民銀行は穏健な金融政策を続けると主張しつつ対象を絞った金融緩和を続けてきただけに、市場ではアナウンスメント効果の大きい利下げは当面行われないとの観測が台頭していたとみられ、今回の利下げは予想外の措置として受け止められたと思われます。<景気浮揚を狙う>注目度の高い1年満期では、預金基準金利を0.2

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ