「風評被害」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月15日消費者庁★フィードバック数:0マーケティング

風評被害に関する消費者意識調査の結果等について(第9回)

風評被害に関する消費者意識調査の結果等について(第9回)

2016年10月12日リスク対策.com★★フィードバック数:0企業情報システム

組織の風評被害に対するアンケート調査

2016/10/04組織の風評被害対策 アンケート対応方針やマニュアル整備などに課題 本誌では、メールマガジン読者者を対象に、組織の風評被害に対するアンケート調査を実施した。その結果、回答者の約15%が風評被害を受けた経験があるとしたが、ネット上での風評の監視や調査については「行っていない」とする回答が多く、風評被害が起きた際の対応方針やマニュアル整備が課題となっている実態がわかった。一方で、風評による最終的な被害としては、組織の信頼・信用力の低下、ブランドイメージへの影響、製品・サービスの売れ

2016年3月4日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

「東日本大震災関連倒産」(発生後5年間累計)の動向調査

2016年3月1日「東日本大震災関連倒産」(発生後5年間累計)の動向調査 震災関連倒産は、5年間で1898件判明 〜 うち原発関連倒産は210件、原発事故の影響長期化 〜 東日本大震災の発生からまもなく5年。政府は、震災直後の2011年度からの5年間を「集中復興期間」として、約26兆円の予算を計上した。この間、企業に対しては被災した社屋や施設の復旧・整備や二重ローン対策、資金繰り支援などのほか、官民連携による販路開拓や商品開発支援など、復興に向けた取り組みが進められた。しかし一方で、未曾有の

2015年3月11日消費者庁★フィードバック数:0社会/政治

震災後の風評被害についての調査です。

風評被害に関する消費者意識の実態調査(第5回)

風評被害に関する消費者意識の実態調査(第5回)

福島ブランドに対するイメージです。

福島ブランド活性化に向けた新たな視点

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2014年3月16日消費者庁★フィードバック数:0社会/政治

3回目の調査です。

風評被害に関する消費者調査の結果等について(第3回)

風評被害に関する消費者調査の結果等について(第3回)

2013年10月8日消費者庁★フィードバック数:0社会/政治

原発事故による風評被害調査の第2回です。

風評被害に関する消費者意識の実態調査(第2回)について~食品中の放射性物質等に関する意識調査(第2回)結果~

風評被害に関する消費者意識の実態調査(第2回)について~食品中の放射性物質等に関する意識調査(第2回)結果~

2013年9月19日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

風評被害の定量評価方法についてのレポートです。

東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う農林水産品の「風評被害」に関する定量的判定・評価について

ノンテクニカルサマリー 東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う農林水産品の「風評被害」に関する定量的判定・評価についてこのノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 その他特別な研究成果 (所属プロジェクトなし)2011年

2013年3月12日消費者庁★★フィードバック数:226社会/政治

原発事故による風評被害の素地を調査しています。

風評被害に関する消費者調査の結果等について~食品中の放射性物質等に関する意識調査~

風評被害に関する消費者調査の結果等について~食品中の放射性物質等に関する意識調査~

9月の中小企業月次景況調査

9月の中小企業月次景況調査(平成23年9月末現在) 《概 要》○9月のDI値は、前月に比べて8指標全てが上昇した。「景況」の上昇は2か月ぶり。○「売上高」「設備操業度」は5ポイントを超えて大きく上昇。○中小企業の景況は、震災の影響による落ち込みから回復しつつあるものの、円高によるコストダウン要請が強まる一方で原材料価格の高騰が続く厳しい経営状 況の中で、地域によっては放射能汚染の風評被害や台風の直撃による被害が加わり、先行き不安が拭えない状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今

8月の中小企業月次景況調査

8月の中小企業月次景況調査(平成23年8月末現在) 《概 要》○8月のDI値は、前月に比べて「景況」「売上高」など5指標がわずかに低下した。○「景況」「売上高」の定価は4ヶ月ぶりだが、全体としては横ばい。○中小企業の景況は、資材・部品価格の高止まりによる収益圧迫や放射能汚染の風評被害に加え、急激な円高により、先行きに不安を抱えた状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3ヵ月間の月次景況調査発表予定】 9月末現在:10月20日(木)、10月末現在:11月22日(火)、11月末現

7月の中小企業月次景況調査(平成23年7月末現在)

7月の中小企業月次景況調査(平成23年7月末現在) 《概 要》○7月のDI値は、前月に引き続き8指標全てが上昇。○主要指標はいずれも改善の方向を示し、震災前の水準に戻るまでもう一歩の状況にある。○中小企業の景況は、東日本大震災後の落ち込みから回復する基調にあるものの、震災の復興需要が本格化していないことに加え、資材・部品価格の高止まり、節電への対応、放射能汚染の風評被害や急激な円高などが重なり、先行きに不安を抱えた状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3ヵ月間の月次景況調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ