「食品表示」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年7月9日楽天リサーチフィードバック数:0ライフスタイル

食品表示に関する調査(2回目)

『【機能性表示食品制度】の認知は1年前から上昇。特に20代はトライアル意向が高いが、効果の分かりやすさをいかに伝えるかが重要。』食品表示に関する調査(2回目) 2016年7月5日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村篤司)は、食品表示に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、 2016 年4月8日から12日の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国に在住する 20 代から60代の男女、計2,000人を対象に行いました。(前回

2016年3月16日新潟県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度 第8回県民アンケート調査

平成27年度 第8回県民アンケート調査結果 「食の安全に関する県民意識と食品安全行政に求めること」(調査目的)県では、「にいがた食の安全・安心基本計画」を平成19年3月に策定し、食の安全・安心に関する施策を推進してきました。現行計画の期間は平成28年度までとなっていることから、今回のアンケートでは、食の安全・安心に関する県民の皆さんの意識や県に対する要望を把握し、次期の計画策定と今後の施策展開の参考とします。 (調査期間) 平成27年11月27日(金)~12月28日(月) (調査方法) 郵送調査

2015年5月29日楽天リサーチ★フィードバック数:0ライフスタイル

健康食品についての調査です。

食品表示に関する調査

『【機能性表示食品】の認知率は3人に1人 認知者では、不安感の高いイメージ』食品表示に関する調査 2015年5月28日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、【食品表示】に関するインターネット調査を実施し、2015年4月の「食品表示法」の変更に伴う生活者の影響を明らかにするとともに、マーケティング戦略の立案や修正に役立つ情報を収集する目的で調査を行った。今回の調査は、4月2日から4月3日の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国に在

2014年6月17日消費者庁★★フィードバック数:0ライフスタイル

白書です。ネットにもフォーカスしています。

消費者白書(2014年版)

平成年度25消費者政策の実施の状況・消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果の報告平成25年度消費者政策の実施の状況平成25年度消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果の報告第186回国会(常会)提出 この文書は、消費者基本法(昭和43年法律第78号)第10条の2の規定に基づき、政府が講じた消費者政策の実施の状況について報告するとともに、消費者安全法(平成21年法律第50号)第12条各項に基づき各行政機関の長、都道府県知事、市町村長及び国民生活センターの長から消費者庁

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ