調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 食料自給率

「食料自給率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

チェーンストア販売統計(月報) 平成27年8月度速報

チェーンストア販売統計(月報)平成27年8月度速報(平成27年 9月24日)(注)① 販売金額には消費税額を含みません。② 構成比は計算処理上必ずしも100%にはなりません。③ パートは正社員に換算した人数で、標準的に労働時間8時間を一人とします。④ 前年同月比の「店舗調整前」は全店ベースの伸び率、 「店舗調整後」は既存店ベースの伸び率を表します。 8月の主なニュース農林水産省が2014年度の食料自給率(カロリーベース)を発表。5年連続で39%になる。政府が2015年度の経済財政報告で日本経済は

2015年4月15日国立国会図書館フィードバック数:0ライフスタイル

食料自給率と新たな指標―平成19年以降の動向と食料自給力の指標化―

食料自給率と新たな指標―平成19年以降の動向と食料自給力の指標化―

2015年3月3日トレンダーズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

“エネルギー自給率”と“エネルギーセキュリティ”に関するレポート

トレンド総研のプレスリリース/広報・PR情報「今、岐路に立つ、日本のエネルギー計画」第1弾 牛肉・小麦より低い“エネルギー自給率”、6%の実態とは!? 専門家・小山堅氏が解説する“エネルギーセキュリティ”「今、岐路に立つ、日本のエネルギー計画」第1弾 牛肉・小麦より低い“エネルギー自給率”、6%の実態とは!? 専門家・小山堅氏が解説する“エネルギーセキュリティ”生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研(東京都渋谷区、URL:)では、今回、電力・エネルギーに関する2つの調査を発表します。そ

2009年6月8日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス

次世代農業に関するアンケート調査

「次世代農業に関するアンケート調査」を実施 ~ 7割以上が「食料自給率の向上」と「食の安全確保」を重視 ~株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、会長兼社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、2009年4月25日から26日にかけて、全国の20歳以上の男女1,000人を対象に、インターネット上で「次世代農業に関するアンケート調査」を実施しました。その結果、「食料自給率の向上」や 「食の安全性の確保」が日本の農業にとって重要な課題であると7割以上が回答しました。また、形のふぞろいな規格外※1の農産

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ