「食生活」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年11月2日東京都★★フィードバック数:0ライフスタイル

食生活調査です。

食生活と食育に関する世論調査

「食生活と食育に関する世論調査」結果平成26年10月30日生活文化局 この度「食生活と食育に関する世論調査」の結果がまとまりましたので、お知らせします。この調査は、食生活と食育に関する都民の意識を把握し、今後の施策推進の参考とするものです。調査結果のポイント食生活と食育(家庭を中心に)約9割の人は朝食を食べている ―朝食の摂取状況―ふだん朝食を「食べる」89%家族と一緒の食事を楽しいと思う人は約9割 ―家族と一緒の食事が楽しいか―「楽しい」93%総菜や弁当を利用している人は6割半ば ―調理済み食

食品の品質表示や安全についての調査です。

食品の品質情報に関する消費者意識調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2014年10月21日オウチーノフィードバック数:0ライフスタイル

「若手ビジネスマンの食生活」実態調査

2014.10.17 「若手ビジネスマンの食生活」実態調査株式会社 オウチーノ仕事をしていると、残業や飲み会などでどうしても規則正しい食事がとれないビジネスマンも多いのではないだろうか。そこでオウチーノ総研は、独身若手ビジネスマンたちの食生活の実態を探ってみた。Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.

2014年10月20日トレンダーズフィードバック数:0ライフスタイル

「肌」に関する意識・実態調査

乾燥が気になる秋冬に見直したい、りんごの美容効果 美容ジャーナリストも注目、体の掃除機「りんごペクチン」とは?「肌に自信がある女性」はわずか・・・20代女性でも4人に1人 原因は、食生活をはじめとした“内側からのケア”不足にあり!? 生活者の意識に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、現代女性の「肌」の実態を知るため、20~50代の女性500名を対象にした、「肌」に関する調査をおこないました。また、調査結果をもとに、美容ジャーナリストの木更容子氏に、多くの現代女性が年代を問わず肌に

2014年8月26日ルーティフィードバック数:0ライフスタイル

「夏休み中の睡眠」や「食生活」についてのアンケート調査

成長は「遺伝だけ」で決まると思っていませんか? 子ども達の成長のために必要な知識やデータ、身長・体重に関する体験談等をお届け中! 赤ちゃんから高校生まで 成長期の子どもたちをママと一緒に応援します! 子供達の成長期の悩みや成長について、データや専門家の意見等から、しっかりとした知識をつけていただけるよう、のっぽくんがご案内します。「夏休み中の子どもの食生活が乱れを感じる」と約過半数が回答子どもの身長、体重、成長に関する情報サイト「スクスクのっぽくん」が、「夏休みの家族の生活リズム」というテー

2014年8月22日鳥取県フィードバック数:0ライフスタイル

熱中症・夏バテと食生活に関する調査(首都圏の20~50代女性対象)

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 夏の暑さ対策には“水分補給”を特に意識している。 水分補給に適している果物は、「梨」が第1位。 芳醇な甘さとシャリ感のある鳥取の梨 「新甘泉(しんかんせん)」と「なつひめ」で水分と栄養補給を! 夏の暑さ対策には“水分補給”を特に意識している。水分補給に適している果物は、「梨」が第1位。 鳥取県(平井伸治知事)は、首都圏における鳥取県農産物の情報発信の一環として、首都圏の20~50代の女性300名を対象に「熱中症・夏バテと食生活」に関す

2014年8月5日プラスリードフィードバック数:0ライフスタイル

食生活実態調査~朝食抜く傾向・惣菜購入傾向・男性の食費減少~

[] 最近ではどれだけの食事の回数が一番健康なのか色々な説が飛び交っています。例えば、東京都出身の乳腺専門医で、ナグモクリニック総院長である南雲吉則先生は、「一日一食こそ美容・健康にいい」と唱えていらっしゃいます。一方、高須クリニックの高須院長は、南雲先生とは違い「一日一食は健康によくないので、規則正しく三食食べるべき!」と唱えていらっしゃいます。実際このような色々な健康や美容・ダイエット方法に関しての情報がある中で、実際にみなさんはどのような食生活をしているのか、男女20~60代以上の1000

2014年7月21日ダイアナフィードバック数:0ライフスタイル

海の日直前アンケート

プロポーションづくりのダイアナ 企業情報サイト「美し区」 「美し区」は、プロポーションづくりの総合コンサルティング企業として全国に約750サロンを展開し、これまで89万人以上のコンサルティングを実施してきた「プロポーションづくりのダイアナ」の企業情報サイトです。企業情報はもちろん、食生活や美容、運動などの様々な観点から美しくなるための情報を発信していきます。ダイアナでは、健やかなプロポーションづくりによる美の満足をご提供しています。

2014年7月6日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

身体にいい物を食べていますか?

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト" PR&InformationsラウンドエッジRound-Edge現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。 Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

2014年6月18日ノーリツ★フィードバック数:0ライフスタイル

ノーリツの調査です。

食生活に関する意識調査

食生活に関する意識調査

2014年6月13日ドクターシーラボフィードバック数:0ライフスタイル

食生活と肌荒れに関するアンケート

[] 肝臓は「臓器の要」と言っても過言ではない重要な臓器です。栄養の吸収・分配、糖や脂肪の代謝促進といった、健康な身体を維持するのに必要不可欠な機能を担っています。しかし、食の欧米化や睡眠時間の減少など、様々な要因が絡み合って問題視され始めているのが「肝臓への負担」。肝臓は「沈黙の臓器」とも言われ、悪習慣からくる不調程度で「肝臓が悪くなっている」というサインが出るのは稀な臓器です。肝臓が「糖の代謝」の役割を果たさなくなれば、摂取した栄養物は中性脂肪へと代わりますし、「脂質の代謝」が悪くなれば肌荒

2014年4月22日JETRO★フィードバック数:0ライフスタイル

フォーカスグループインタビューのレポートです。

在日インド人ベジタリアンの日本における食生活と日本食に対する考え方 -フォーカスグループインタビュー調査

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 在日インド人ベジタリアンの日本における食生活と日本食に対する考え方 −フォーカス

2014年3月31日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 食生活(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ食生活に気を使っている人は6割弱、2011年調査より減少。気を使っている人は、女性の方が多い 食事で食べるもの・内容で気をつけている・こだわっていることは、「野菜を食べる」「商品や食材の価格」「色々な栄養素をバランスよく摂る」「食材の原産地」「適度な量を食べる」「お米・ご飯を食べる」「主食、主菜、副菜を食べる」「魚介類を食べる」などさまざま 家で食事を食べるときに、気をつけている・こだわっていることは「朝・昼・夕三食きちんと食べる」が最も多

2014年3月28日オウチーノフィードバック数:0大型消費/投資

「子どもの食生活」に関する実態調査

「子どもの食生活」に関する実態調査子どもの心身の成長において欠かせない「食事」だが、栄養バランスや食材選び、子どもの偏食やジャンクフードの誘惑など、悩みが尽きない母親も多いのではないだろうか。

2014年1月15日カゴメ★フィードバック数:0ライフスタイル

野菜の摂取についての調査です。

家族の食生活と冬の野菜摂取に関する意識調査

企業情報トップ>ニュースリリース>2014>家族の食生活と冬の野菜摂取に関する意識調査全国主婦の2人に1人は野菜不足1日に必要な野菜摂取量を知らない主婦は7割にも~野菜不足解消は、5人に1人が野菜ジュースで~ 家族の食生活と冬の野菜摂取に関する意識調査 全国主婦の2人に1人は野菜不足 1日に必要な野菜摂取量を知らない主婦は7割にも ~野菜不足解消は、5人に1人が野菜ジュースで~ カゴメ株式会社(社長:寺田直行)は、野菜の摂取量が少なくなりがちと言われる時期の1月から2月にもっと野菜を

2013年12月3日宝酒造★フィードバック数:0ライフスタイル

食生活についての調査です。

和食とお酒に関する意識調査

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 宝酒造「和食とお酒に関する意識調査」約40%の人が「今後和食を食べる回数を増やしたい」と回答「和食とお酒に関する意識調査」- 「今後和食を食べる回数を増やしたい」と約40%の人が回答 -  宝酒造では、「和食;日本人の伝統的な食文化」のユネスコ無形文化遺産の正式登録を前に、20~60代の男女3,000人を対象に「和食とお酒に関する意識調査」を実施しました。 この12月には「和食;日本人の伝統的な食文化」のユネスコ無形文化遺産の正式登録

2013年11月29日日本水産フィードバック数:0ライフスタイル

社長からの挑戦状!社員が挑む「血液サラサラ宣言」結果発表

ニッスイの研究・開発についてご紹介します。 ニッスイグループの安全・安心への取り組みをご紹介します。 ニッスイグループのサステナビリティへの取り組みをご紹介します。 株主・投資家の皆さま向けの情報をご紹介します。 社長からの挑戦状!社員が挑む「血液サラサラ宣言」結果発表2013年11月28日日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 細見 典男、以下「ニッスイ」)は、『社長からの挑戦状!社員が挑む「血液サラサラ宣言」』の結果についてお知らせいたします。

習慣的味噌汁摂取が血管年齢に与える影響

大好きなみそ汁 我慢しなくても大丈夫 共立女子大学教授 上原... 大好きなみそ汁 我慢しなくても大丈夫共立女子大学教授 上原 誉志夫、みそ汁の塩分が血圧に影響しないことを発表 (1日1杯のみそ汁のある食生活が血管年齢を10歳程度改善する傾向も確認) 共立女子大学教授 上原 誉志夫 先生の みそ汁と塩分に関する最新研究「習慣的味噌汁摂取が血管年齢に与える影響」(第36回日本高血圧学会総会/平成25年10月26日発表)によると、みそ汁の摂取頻度と血圧の間に関係性は認められませんでした。また、

2013年10月29日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

抗凝固薬服用者の家族ケアに関する調査

QLife患者と同様に家族の負担も軽減する新規経口抗凝固薬~抗凝固薬服用者の家族ケアに関する調査より 患者と同様に家族の負担も軽減する新規経口抗凝固薬~抗凝固薬服用者の家族ケアに関する調査より患者と同様に家族の負担も軽減する新規経口抗凝固薬~抗凝固薬服用者の家族ケアに関する調査より 心原性脳塞栓症を予防する経口抗凝固薬として、長きにわたり採用されてきたワーファリン(ワルファリン)ですが、食事制限や定期的な血液検査が必要など、負担に感じている患者さんもいらっしゃいます。一方で、そういった課題を克服

第318回 ママの健康大調査 2007.05.31~2007.06.06

●分析沖縄、九州南部で梅雨入りが宣言され、梅雨前線もどんどん北上中。ジメジメうっとうしい季節の到来ですよね。この時期は蒸し暑さも手伝い、気分も体もなんとなくだる~くなりませんか?ましてや、毎日忙しいママのこと。体のどこかに気になることをお持ちのはず。そこで、今回は「ママの健康大調査」と題して、リサーチを実施。体調、妊娠や出産による体の変化、女性ならではのお悩みなど、たくさんの項目についてお答えいただきました。 Q1.日頃、感じている体の不調について教えてください。 ママの体の不調について、1

第615回 母親学級(両親学級)で役に立ったことは? 2013.08.01~2013.08.07

母親学級(両親学級)のことならハッピー・ノート.com! 母親学級(両親学級)で役に立ったことは? ●分析妊娠、出産には疑問や不安がつきものですが、悩みを払拭してくれる医師や助産師さん、同じ悩みを持つママの存在はとてもありがたく、頼りになりますよね。そんな時期に妊娠・出産について詳しく学べる「母親学級(両親学級)」に参加された方も多いと思います。今回は「母親学級(両親学級)」についてリサーチを行いました。 Q1.母親学級(両親学級)に参加しましたか?(複数可)母親学級(両親学級)は、「産院で参

子どもの食事や意識についての調査です。

子どもの食と未来を考える調査

パルシステム生活協同組合連合会、『子どもの食と未来を考える調査』を発表 パルシステム生活協同組合連合会は、「子どもの食と未来を考える調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により、2013年7月26日~7月29日の4日間において実施し、1,000名(調査対象者:20歳~49歳で幼児から高校生までの子どもの母親)の有効サンプルを集計いたしました。パルシステム生活協同組合連合会()(本社:東京都新宿区、理事長:山本 伸司)は、「子どもの食と未来を考える調査」をモバイルリサーチ

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

あなたにとって「健康」って何ですか?(2010/09)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査「健康」という言葉を辞書で調べてみると、「体や心がすこやかで、悪いところのない。肉体的、精神的、社会的に調和のとれた良い状態にあること…」と記載。要するに「健康」とは、単に病気があるないだけに留まらない広義な解釈が可能な言葉です。そこで今回は、皆さんにとっての「健康」とは一体どんなことなのか

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

“メタボ”対策してますか?(2008/05)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査ここ最近、よく耳にする“メタボ”。正式名称は「メタボリックシンドローム」と言い、心筋梗塞、脳梗塞など動脈硬化性疾患の病気を引き起こす可能性のある内臓脂肪症候群です。この春からスタートした特定健康診査(メタボ検診)に伴い、早くも「メタボ」と診断された人もきっと少なくはないのでは。そこで今回は皆

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

‘カラダに良い’食事に興味がありますか?(2008/01)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査年末年始の暴飲暴食が祟り、胃の調子が悪い、体重が増えた・・・という人もきっと多いのでは。とはいえ、ここ最近では自然食やマクロビオティクス、薬膳料理など、健康を意識した食生活が話題となっており、ひと昔に比べると、自己管理をしながらカラダに良い食事を心がけている人が結構多いのではないでしょうか。

2013年5月15日サンスターフィードバック数:6ライフスタイル

歯とハグキの健康が食生活に与える影響に関する調査

[サンスター株式会社] ,オーラルケア 食生活 サンスター 歯と口の健康週間 歯とハグキ

2013年4月24日GMOインターネット★フィードバック数:1ライフスタイル

健康状態と対策についての調査です。

健康管理に関する意識・実態調査

2013年4月24日『健康管理に関する意識・実態調査』を実施~お金・時間をかけず日々の中での取り組みが上位に~  GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ株式会社(代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、GMOリサーチが保有する日本国内のモニターを対象に「健康管理に関する意識・実態調査」を実施いたしました。●調査テーマ:健康管理に関する消費者意識について●調査対象:20代〜60代の男女 各年代男女100名ずつ 計1,000名●調査期間:201

未婚層の食生活です。

20~30代未婚層の食生活に関する調査

20~30代未婚層の食生活に関する調査

2011年10月25日アスマークフィードバック数:2大型消費/投資

食生活と結婚意識に関する調査

食生活と結婚意識に関するアンケート調査独身男性の8割、独身女性の7割は結婚相手に「料理ができて欲しい」1都3県在住の20代~40代男女で、現在働いており、独身(結婚経験なし)の方 働く独身者の76.1%が普段の食生活で「健康維持」や「病気の予防」を意識している朝食は「毎朝必ず食べる」が52.0%、「毎朝ではないが大体食べる」は23.7%外食が「好き」または「やや好き」という人が7割以上自炊頻度は、家族と同居している人でも4人に1人が「週5日以上」男性では48.0%が週3日以上自炊している料理の得

2009年3月9日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

一人暮らしの食生活の実態を分析

2009年03月04日アサヒビール株式会社40代以下は1品目“だけ”、好きなもの“だけ”を食べる「だけ食」が、50代以上は「一汁三菜」スタイルの手作り食が主流〜アサヒビールお客様生活文化研究所の調査結果より〜  アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)のお客様生活文化研究所は、近年増加しつつある「単身世帯(一人暮らし世帯)」の「食と健康」に関する意識と実態を探るため、当研究所が毎年行っている「食と健康」に関する意識調査の一環として、インターネットを通じて首都圏在住の15〜69歳の単身世帯

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ