調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 飲用実態調査

「飲用実態調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年2月5日サントリーフィードバック数:0ライフスタイル

RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2016

企業理念 会社案内 事業紹介 CSR ニュースリリース 財務情報 技術・品質・安全 RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2016― 自宅での飲酒機会が増加し、需要が拡大するRTD ― RTDユーザーが食中酒に期待するのは“スッキリ”“キレのよさ”品質にこだわり高価格帯のお酒を求める“プレミアム志向”の兆し I.RTD※1市場について-2015年のRTD市場は8年連続で前年を超え、過去最大の市場規模に成長-RTD市場は引き続き好調に推移し、2016年もさらに拡大するものと推定

2015年2月6日サントリー★フィードバック数:0ライフスタイル

缶チューハイ等の低アルコール飲料についての調査です。

RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2015

No.12278 (2015.2.5)サントリーRTDレポート2015― RTDは20−30代で“最も選ばれるお酒”に。食中酒としての存在感も高まる甘くないRTDを選ぶ人の中に、「スッキリ派」と「味わい・コク派」が顕在化 ― I.RTD市場について2014年のRTD※1市場は、7年連続で前年を超え、過去最大の市場規模に成長しました。今後も引き続き拡大していくものと推定されます。 II.消費者飲用実態調査 (1)拡大するRTD需要、食事シーンにもますます浸透 最近自宅で飲んだお酒:20代に加え、

2014年2月7日サントリー★フィードバック数:0ライフスタイル

缶チューハイ/カクテル等のライトなお酒についての調査です。

RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2014

No.11967 (2014.2.6) RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2014 ― 世代を超えてますます浸透。40−50代の食中酒としても拡大傾向 ―― 性・年代による「甘さ」「アルコール度数」の選択傾向が顕著に ― I.RTD市場について2013年のRTD※1市場は、1億2,910万ケース※2(対前年105%)と伸長し、6年連続で前年を超え、過去最大の市場規模に成長しました。今後も引き続き好調に推移し、2014年は1億3,260万ケース(対前年103%)に拡大するも

2012年2月29日凸版印刷フィードバック数:5ライフスタイル

若者のアルコール飲用実態調査

凸版印刷、「若者のアルコール飲用実態調査」を実施〜20代は「軽飲みドリンカー」。自宅での飲用頻度は低く、飲む場合はアルコール度数の「低い」お酒を1人でリラックスしながら飲むことを好む〜  凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下、凸版印刷)の消費行動研究室は、このたび「若者のアルコール飲用実態調査」を実施し、調査レポートをまとめました。今回の調査は、アルコール離れが進んでいると言われている若者のアルコール飲用実態と缶入りチューハイ・カクテルなどの商品の台頭についての

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ