「飲用銘柄」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ノンアルコールビール(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 ノンアルコールビール 】に関するアンケート調査(第7回)ノンアルコールビールの飲用者は3割弱、「オールフリー」「ドライゼロ」「キリンフリー」が上位3位。飲用意向者は2割弱、非飲用意向者は6割強 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、7回目となる『ノンアルコールビール』に関するインターネット調査を2017年1月1日〜5日に実施し、11,248件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査

2016年6月1日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 野菜ジュースの利用(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ野菜ジュース飲用者は全体の5割弱で、2012年以降減少傾向。週1回以上飲用者は3割弱。野菜ジュースを飲むのは「朝食時」が飲用者の4割強、「昼食時」「のどが渇いたとき」「くつろいでいるとき」「おやつの時」などが各10%台 野菜ジュース購入理由では「野菜不足を補うため」「おいしい」「手軽に栄養素を摂取できる」「なんとなく体によさそう」「一度に多種類の野菜・果物が摂取できる」などが上位 野菜ジュース購入時の重視点は「味」「飲みやすさ」「価格」が上

2016年5月18日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム お茶系飲料(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)飲用者は全体の8割強、週1回以上飲用者は約35%。男性や10・20代での飲用頻度が高い傾向。サントリー烏龍茶主飲用者、黒烏龍茶主飲用者などでの飲用頻度が高い傾向 ペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)の重視点は「飲みやすさ」「価格」「味の濃さ」「旨みがありそう」「容量」などが上位。主飲用銘柄別の重視点上位は、綾鷹主飲用者、ヘルシア緑茶主飲用者では「味の濃さ」「飲みやすさ」、からだすこやか茶W主飲用者では「健

2015年8月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 果汁入り飲料(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ果汁入り飲料飲用者は7割強で過去調査に比べ減少傾向。週1回以上飲用者2割強。直近1年間に飲んだ銘柄の上位は「なっちゃん」「トロピカーナ」「バヤリース」 果汁入り飲料の飲用場面は「のどが渇いたとき」「おやつの時」「くつろいでいるとき」「朝食時」「お風呂あがり」「リフレッシュしたいとき」「甘いものがほしいとき」などが上位 果汁入り飲料選択時の重視点は「味の好み・おいしさ」「価格」の他「入っている果実の種類」「果汁の濃度」「のどごし・食感」などが

2015年6月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 缶チューハイの飲用(12)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ缶チューハイ飲用者は5割弱で、過去調査より減少傾向。週1日以上飲用者は2割弱。年代が低いほど飲用者の比率が高い傾向 直近1年間飲用銘柄では「キリン氷結」が1位、「ほろよい」「‐196℃」「カロリ。」が続く。過去調査と比べ「キリン本搾りチューハイ」などが増加傾向、「カロリ。」などが減少傾向 缶チューハイ飲用シーンは「食事中」が最も多く、「自宅でくつろいでいるとき」「入浴後」「食事のあと」「寝る前」などが続く。缶チューハイを飲みながらすること

2015年4月23日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム お茶系飲料(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)飲用者は全体の8割強、週1回以上飲用者は4割強。男性の方が飲用頻度が高い人が多い傾向。また、サントリー烏龍茶主飲用者、黒烏龍茶主飲用者などで飲用頻度が高い傾向 ペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)の重視点は「飲みやすさ」「価格」「旨みがありそう」「味の濃さ」「容量」などが上位。主飲用銘柄別の重視点上位2位は、ヘルシア緑茶主飲用者では「健康によさそう」「味の濃さ」、綾鷹主飲用者では「旨みがありそう」「味の濃

2014年12月4日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム チルドコーヒーの飲用(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへチルドコーヒーの飲用者は半数強、週1回以上飲用者は1割強。直近1年間の飲用銘柄は「マウントレーニア」「セブンプレミアム チルドカップコーヒー」「ドトール」「スターバックス ディスカバリーズ」などが上位 チルドコーヒー飲用場面は「おやつの時」「気分転換したい時」「ちょっと一息つきたいとき」「仕事・勉強・家事の合間」「車を運転する時」など チルドコーヒー購入時の重視点は「価格の手ごろさ」「ミルクとコーヒーのバランス」や、「コーヒーの味の強さ」「

2014年10月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ビールの利用(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへよく飲むアルコール飲料は「ビール」が5割強、「サワー、チューハイ」「新ジャンルビール」「発泡酒」「ワイン」が各3割弱。女性20・30代は「サワー、チューハイ」が最も多い 飲み会や宴会などの最初の一杯でビールを飲む人は、アルコール飲料飲用者の7割強。男性50代以上では9割近い。「サワー、チューハイ」「カクテル」は低年代層、特に女性で多い ビール飲用者は全体の6割弱、週1回以上飲用者は3割強。いずれも2012年調査より減少傾向 ビール購入時の重

2014年8月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 機能系ビール飲料(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ機能系ビール飲用経験は4割弱。週1回以上飲用者は2割強 直近1年間に飲んだ機能系ビールは「サントリー金麦 糖質75%オフ」「淡麗グリーンラベル」「アサヒオフ」が上位 機能系ビール飲用理由は「価格が安いから」「好みの味だから」「飲みやすいから」「糖質が少ないから」「おいしいから」などが上位 アルコール飲用者の機能系ビール飲用意向・非飲用意向はいずれも4割弱。ビール類飲用者が飲みたい銘柄は「サントリー金麦 糖質75%オフ」「淡麗グリーンラベル」

2014年7月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 炭酸飲料(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ炭酸飲料飲用者は8割強、週1回以上飲用者4割弱。男性10代での飲用頻度が高い。直近1年以内の飲用銘柄の上位2位は「三ツ矢サイダー」「コカ・コーラ」 飲用シーンは「のどが渇いたとき」「スカッとしたいとき」が上位。「お風呂あがり」「休憩中・休み時間」「気分転換したいとき」「暑いとき」「おやつのとき」が各2〜3割で続く 炭酸飲料飲用者の選定時の重視点は「味、飲み口」「価格」に続き「商品ブランド」「メーカー名」「飲み慣れている」「カロリーゼロ」「甘

2013年5月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 野菜ジュースの利用(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ野菜ジュース飲用者は5割強、週1回以上飲用者は3割弱。直近1年以内飲用銘柄は「1日分の野菜シリーズ」「カゴメ野菜ジュース・トマトジュース」「野菜生活100シリーズ」「充実野菜シリーズ」などが上位 野菜ジュースを飲むのは「朝食時」が最も多く「昼食時」「のどが渇いたとき」などが続く。野菜ジュースと一緒に食べるものは「パン類」が多い 野菜ジュース購入理由で最も多いのは「野菜不足を補うため」で、「おいしい」「手軽に栄養素を摂取できる」「なんとなく体

2013年5月27日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

マイボイスコム 乳酸菌入り飲料の飲用(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ乳酸菌入り飲料飲用者は8割強、週1回以上飲用者は3割弱。乳酸菌飲料の飲用シーンは「朝食時」が最も多く、「おやつの時」「くつろいでいる時」が続く 乳酸菌飲料の重視点は「価格」「味(フレーバー)」「飲みやすさ」が上位3位。主飲用銘柄別ではBF−1、明治ヨーグルト R‐1ドリンクタイプ、明治プロビオヨーグルトLG21ドリンクタイプ、植物性乳酸菌ラブレ、ミルミル/ミルミルS主飲用者などでは「機能・効果」重視者が最も多い 乳酸菌入り飲料を飲む理由は、

2012年12月3日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム チルドコーヒーの飲用(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへチルドコーヒーの飲用者は7割弱、週1回以上飲用者は1割。直近1年間の飲用銘柄は「マウントレーニア」「ドトール」「スターバックス ディスカバリーズ」が上位 チルドコーヒー飲用場面は「気分転換したい時」「ちょっと一息つきたいとき」「おやつの時」など チルドコーヒー購入時の重視点は「価格の手ごろさ」「ミルクとコーヒーのバランス」や、「コーヒーの味の強さ」「甘さ」などが上位 好きなタイプのチルドコーヒーは「カフェオレ・カフェラテの砂糖入り」が半数強

2012年11月1日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ビールの利用(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへよく飲むアルコール飲料は「ビール」が半数強、「サワー、チューハイ」「新ジャンルビール」「発泡酒」「ワイン」が各3割。女性20・30代は「サワー、チューハイ」が最も多い アルコール飲料飲用者のうち、飲み会や宴会などで最初の一杯でビールを飲む人は7割強、「サワー、チューハイ」「カクテル」は1割以下。若年層、特に女性では「サワー、チューハイ」「カクテル」が多い ビール飲用者は6割強、週1回以上飲用者は3割強。2003年調査時よりも飲用者、飲用頻度

2012年8月30日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム 機能系ビール飲料(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ機能系ビール飲用経験は4割弱。週1回以上飲用者は2割弱 直近1年間に飲んだ機能系ビールは「サントリー金麦 糖質70%OFF」「淡麗グリーンラベル」が3〜4割で上位2位で、「アサヒスタイルフリー」「アサヒオフ」が続く。非飲用者も含む全体での認知は「淡麗グリーンラベル」が最も多い 機能系ビール飲用意向は、ビール類飲用者の6割。ビール類は飲むが機能系ビールは飲まない人の、今後の飲用意向は2割弱にとどまる。飲みたい銘柄は、「サントリー金麦 糖質70

2012年7月26日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

マイボイスコム 新ジャンルビール(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ新ジャンルビール飲用者は5割強。過去調査よりわずかに減少傾向 認知率の上位2位は「金麦」「のどごし<生>」で、各8割弱。「クリアアサヒ」「サッポロ 麦とホップ」「ジョッキ生」「アサヒ オフ」が各5〜6割で続く 直近1年間の飲用経験、今後の飲用意向とも「金麦」が1位で、「のどごし<生>」「クリアアサヒ」「サッポロ 麦とホップ」の順で多い 新ジャンルビール飲用者のうち、1年前より飲用頻度が増えた人は2割強、減った人は1割強。「変わらない」が6割

2012年7月2日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

マイボイスコム 缶チューハイの飲用(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ缶チューハイ飲用者は5割強、過去調査より減少傾向。1年前より飲用頻度が減った人は飲用者の2割強 直近1年間飲用銘柄では「キリンチューハイ氷結」「ほろよい」「カロリ。」が上位3位 缶チューハイ飲用シーンは「食事中」が最も多く、「自宅でくつろいでいるとき」「入浴後」「食事のあと」「寝る前」などが続く 缶チューハイに期待することは「好みのフレーバーである」の他、「スッキリしている」「価格が安い」「飲みやすい」「果汁感を楽しめる」「炭酸を楽しめる」

2011年12月8日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム チルドコーヒーの飲用(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへチルドコーヒーの飲用者は64.0%、週1回以上飲む人が1割 直近1年間の飲用銘柄は「マウントレーニア」「ドトール」「スターバックス ディスカバリーズ」が上位 チルドコーヒーを飲む場面で多いのは「気分転換したい時」「ちょっと一息つきたいとき」「おやつの時」「車を運転する時」など チルドコーヒー購入時の重視点は「価格の手ごろさ」に続き、「ミルクとコーヒーのバランス」「コーヒーの味の強さ」「甘さ」などが続く 【調査対象】 「MyVoic

2011年12月8日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

機能性ビール飲料(第2回) 飲用経験・意向ともに「淡麗グリーンラベル」がトップ

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ機能性ビール飲用経験は4割。週1回以上飲用者は2割弱 直近1年間に飲んだ機能性ビールは「淡麗グリーンラベル」が最も多く、「アサヒスタイルフリー」「アサヒオフ」が続く 機能性ビール飲用意向は全体の6割。「淡麗グリーンラベル」がトップで「アサヒスタイルフリー」「アサヒオフ」が続く 機能性ビール飲料を飲むときに食べたい物は「油を使った料理」「味が濃い」に続き、「さっぱりしている」が多い 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニタ

2010年7月6日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

缶チューハイの飲用

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ缶チューハイの飲用者は6割弱。年々減少傾向 直近1年以内の飲用銘柄は「氷結」が半数強でトップ。「カロリ。」「-196℃」「アサヒカクテルパートナー」などが続く 缶チューハイに期待することは、「味が好み」「好みのフレーバーである」が上位2位で、「スッキリしている」「飲みやすい」「価格が安い」などが各4割弱で続く 1年前より飲む頻度が増えた人は19.2%、減った人は26.6% 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ