「飲食料品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年2月5日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成28年10-12月期地域経済産業調査

「平成28年10-12月期地域経済産業調査」をまとめました 経済産業省は、各地域の経済動向を把握するために、地方経済産業局が四半期ごとに行っている地域経済産業調査の結果をとりまとめました。【今回の調査結果のポイント】全体の景況判断は、7期ぶりに上方修正し、「緩やかに改善している」としました。地域別の景況判断は、北陸、近畿、九州で上方修正し、北海道、東北、関東、東海、中国、四国、沖縄は据え置きました。1.地域経済産業調査について 各地方経済産業局が管内の企業等に対して、業況、生産、設備投資などの

2015年8月20日帝国データバンク★★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足に対する企業の動向調査

2015/8/20人手不足に対する企業の動向調査「飲食店」での人手不足、非正社員で7割超〜 正社員でも小売業やサービス業で人手不足強まる 〜はじめに景気回復が緩やかに続き、リーマン・ショックによる不況で急落した有効求人倍率は年々増加しているなか、8月に解禁された採用活動も活発になるなど、企業において人材の獲得競争が依然続いている。また、独立行政法人労働政策研究・研修機構が2014年5月に発表した労働力需給の将来推計 によれば、経済成長と労働参加が適切に進まない場合、2030年には労働力人口が最大

2014年9月28日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費動向等について(9月第3週)

消費税率引上げ後の消費動向等について(9月第3週)平成26年9月26日内閣府家電販売・スーパーの動向○主要5品目の家電販売は、9月第3週は前年比プラスとなった。○スーパーの売上は、9月第3週は前年比マイナスとなった。家電販売金額(家電量販店主要5品目)(税抜)100飲食料品(除く生鮮食品)販売金額(スーパー)(税抜)(前年比、%)(前年比 %)20(週次)(週次)158010608月平均58月平均40020-50-10-20-15-40-208 9 101112 1 2 3 4 5 6 7 8

2013年5月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニでの生鮮食品の購入

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニエンスストア利用者のうちコンビニでの生鮮食品を購入者は3割。女性高年代層で多い。「月に1回未満」「月に2〜3回」がボリュームゾーン。週1回以上購入者は全体の約4分の1。コンビニエンスストアでの生鮮食品購入意向ありが1割強、なしが約半数 購入する生鮮食品は「牛乳」が最も多く、「カット野菜」「卵」「くだもの」「葉物野菜(キャベツ・レタスなど)」などが続く 生鮮食品を購入するコンビニエンスストアは、全体では「セブン‐イレブン」「ローソン」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ