調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 駆け込み需要

「駆け込み需要」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年2月21日電通★フィードバック数:0社会/政治

10月の消費増税に向けて「全国1万人意識調査」

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通、10月の消費増税に向けて「全国1万人意識調査」を実施2019年2月21日7割近くに駆け込み需要。4割が数カ月分のまとめ買い意向 シニアの7割近くがポイント還元の中小小売でキャッシュレス決済意向あり株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、2019年

2019年1月16日インテージ★フィードバック数:0社会/政治

来年10月予定の消費税増税に関する調査

ホーム生活者を知る2019年の消費税増税 軽減税率導入で消費への影響は? 2019年の消費税増税 軽減税率導入で消費への影響は? 2019年10月1日から実施予定の消費税増税。今回の増税は8%だった消費税を10%に引き上げるだけでなく、低所得者に配慮する観点から、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に同税の「軽減税率」が、初めて実施されます。対象品目が8%と据え置きになる今回の目玉政策が、どの程度生活者に理解されているか、消費意欲への影響はあ

2017年6月12日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

2016年 マンションデベロッパー主要102社の経営実態調査

2017/5/312016年 マンションデベロッパー主要102社の経営実態調査消費増税の反動減から回復の兆し〜 102社中65社が増収 〜はじめに政府は2014年4月に消費税8%とする増税を実施。その前後では、駆け込み需要が発生しマンションの販売戸数が増加したのち、反動減で販売が落ち込むという一連の流れがあった。ただし、政府は増税時の反動減による影響を緩和するため住宅ローンの減税を実施したほか、現在はマイナス金利の影響で消費者も低金利での借り入れが可能な状況というプラス要因もある。帝国データバン

2017年2月23日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

住宅リフォーム市場に関する調査を実施~2016年第4四半期及び2016年計~

住宅リフォーム市場に関する調査を実施~2016年第4四半期及び2016年計~ 調査要綱矢野経済研究所では、国内の住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施した。1.調査期間:2016年10月~12月(2016年 第4四半期)2.調査方法:当社専門研究員による市場規模算出、及び文献調査<住宅リフォーム市場とは>本調査における住宅リフォーム市場とは、「10m2超の増改築工事」・「10 m2以下の増改築工事」・「設備修繕・維持関連」・「家具・インテリア等」の4分野をさす。調査結果サマリー◆

2017年2月17日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

統計ア・ラ・カルト第114号「増税前駆け込み需要の反動(平成26年度埼玉県県民経済計算)」

ここから本文です。統計ア・ラ・カルト第114号「増税前駆け込み需要の反動(平成26年度埼玉県県民経済計算)」県では毎年度、県のGDPにあたる県内総生産などを推計した「県民経済計算」を公表しています。県民経済計算は、県内における1年間の経済活動を生産、分配及び支出の三面から明らかにし、県経済の実態を総合的、計量的に把握したものです。平成26年4月1日に消費税率が5%から8%に変更となりました。消費税増税が埼玉県経済に与えた影響を県民経済計算から見てみましょう。 平成26年度の県経済は、県内総生産(

2016年3月1日矢野経済研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

住宅リフォーム市場に関する調査結果~ 2015年第3・4四半期 ~

住宅リフォーム市場に関する調査結果~2015年第3・4四半期~ 調査要綱矢野経済研究所では、国内の住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施した。1.調査期間:2015年7月~9月(2015年 第3四半期)、10月~12月(2015年 第4四半期)2.調査方法:当社専門研究員による市場規模算出、及び文献調査<住宅リフォーム市場とは>本調査における住宅リフォーム市場とは、「10 m2超の増改築工事」・「10 m2以下の増改築工事」・「設備修繕・維持関連」・「家具・インテリア等」の4分野

2016年2月8日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

市販カー用品市場に関する調査結果 2015

市販カー用品市場に関する調査結果 2015 ~縮小基調にあるものの、なかでもドライブレコーダーは好調~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の市販カー用品市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年10月~12月2.調査対象:カー用品関連企業(メーカー、輸入商社、卸売業者、小売業者)および関連団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、関連企業へのアンケート調査ならびに文献調査併用<市販カー用品とは>本調査における市販カー用品とは、装飾

2016年1月4日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

臨床検査薬・機器事業に関する調査結果 2015

臨床検査薬・機器事業に関する調査結果 2015 ~2014年度は海外向け好調も国内向けは低成長~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて臨床検査薬・機器事業展開企業の事業規模調査を実施した。1.調査期間:2015年9月~11月2.調査対象:国内の主要な臨床検査薬・機器事業展開企業40社(日本企業および海外企業日本法人)3.調査方法:当社専門研究員による直接面接取材、電話取材、ならびに文献調査を併用調査結果サマリー◆ 2014年度の臨床検査薬・機器事業規模は前年度比7.6%増の9,455

2015年6月19日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

市場データです。

酒類市場に関する調査結果 2015

調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の酒類市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年3月~5月2.調査対象:酒類メーカー各社、卸3.調査方法:当社専門研究員による直接面接取材と、アンケート調査、電話等による間接調査併用<酒類市場とは>本調査における酒類市場とは、ビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)、清酒、甲類焼酎、乙類焼酎、ウイスキー、ワイン、低アルコール飲料、その他の10 カテゴリーを対象として、算出した。 本調査における低アルコール飲料とは、醸造酒

2015年6月18日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2015年3月度)

HOME研究調査研究調査分析印刷業毎月観測アンケート印刷業定点調査 各地の声(2015年3月度) 印刷業定点調査 各地の声(2015年3月度).7%と大震災のあった2011年以来の大きな落ち込み幅になった。昨年3月は消費増税前の駆け込み需要で21世紀初の2桁増(+12.0%増)だったことを勘案すると、△5.7%は一概に悪いとは言えない。今年は地域によっては統一地方選による印刷需要の創出があった面もある。地域別に見ると、回復しつつあった首都圏と甲信越静がマイナスに転じた。名古屋圏は増税前の駆け込み

2015年5月28日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2015年2月度)

HOME研究調査研究調査分析印刷業毎月観測アンケート印刷業定点調査 各地の声(2015年2月度) 印刷業定点調査 各地の声(2015年2月度)2月の売上高は△3.6%と駆け込み需要の反動減で沈んだ2014年4月以来の大きな落ち込み幅になった。印刷経営を巡る状況は予断を許さないが、統一地方選を控えていることなどもあり、仕事に関しては数字の落ち込みほどの悲壮感はない。地域別に見ると、首都圏と名古屋圏の回復傾向が顕著だ。一方、大阪圏と近畿・四国・中国は前年を割り込み続け、むしろ状況が悪化している。印刷

2015年5月28日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

パッケージ印刷市場に関する調査結果 2015

パッケージ印刷市場に関する調査結果 2015 ~軟包装分野における需要が堅調、当面は微増基調を予測~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のパッケージ印刷市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年1月~4月2.調査対象:国内主要軟包装、紙器印刷加工事業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに郵送アンケート、文献調査を併用<パッケージ印刷市場とは>本調査におけるパッケージ(外装用途)印刷とは軟包装分野と紙器分野を対象とし、これらの分野の印刷

【マレーシア1-3月期GDP】前年同期比+5.6%-駆け込み消費で底堅い成長

【マレーシア1-3月期GDP】前年同期比+5.6%-駆け込み消費で底堅い成長 | ニッセイ基礎研究所 【マレーシア1-3月期GDP】前年同期比+5.6%-駆け込み消費で底堅い成長 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら マレーシア統計庁は5月15日に2015 年1-3月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比+

2014年度の沖縄県経済の動向

2014年度の沖縄県経済の動向(1)概況 2014年度の県内景気は、観光関連では入域観光客が過去最高と好調に推移し、消費関連、建設関連は消費税増税前の駆け込み需要の反動減が一部みられたものの、年を通してみると概ね好調に推移したことから、全体では拡大の動きが強まって推移した。 個人消費関連は、概ね好調な動きとなった。百貨店・スーパー売上高は、観光客の増加や店舗改装効果などにより前年度を上回った。耐久消費財では、新車販売台数は軽自動車需要などから前年度を上回ったものの、電気製品卸売販売額は消費税増税

2015年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

家計調査15年3月~駆け込み需要の反動で前年比大幅減も実勢は持ち直し

家計調査15年3月~駆け込み需要の反動で前年比大幅減も実勢は持ち直し | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年3月~駆け込み需要の反動で前年比大幅減も実勢は持ち直し 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費水準指数は4ヵ月ぶりの上昇・15年度入り後の賃金の伸びに過度の期待は禁物か総務省が5月1日に公表した

2015年4月13日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2015年4月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2015年4月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2015年4月13日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(15年1月)と比較すると、6地域(北海道、東北、関東甲信越、中国、四国、九州・沖縄)で、景気の改善度合いに関する判断に変化はないとしているほか、3地域(北陸、東海、近畿

2015年4月3日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年度第1四半期(2015年4-6月期)鋼材需要見通し

2015年度第1四半期(2015年4-6月期)鋼材需要見通しを公表します 2015年度第1四半期(2015年4-6月期)の鋼材需要量は、前期比-4.7%の減少、前年同期比でも-3.8%減少し、2,321万トンとなる見通しです。その内訳は以下のとおりです。 国内需要(建設部門)前期比では、土木需要が季節的要因により減少する。前年同期比では、土木部門は、前年同期が予算執行前倒し効果による高水準との比較となり減少。建築部門についても、持家着工は前年同期を上回るものの、非住宅着工の低迷により前年同期比

2015年3月20日日本自動車工業会★★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

2015年度(平成27年度)自動車国内需要見通し (参考:2015暦年自動車国内需要見通し)

I.四輪車1.四輪車総需要の動向2014年度の四輪車総需要は5,275 千台・前年度比92.7 %と見込まれる。内訳は、登録車が3,105 千台・前年度比90.5 %、軽四輪車が2,170 千台・前年度比95.9 %。年度前半の消費税率引き上げに伴い、2013年度の後半に発生した駆け込み需要の反動減により、前年水準を下回った。2015年度については、景気の緩やかな回復が見込まれるものの、軽自動車税増税に伴い2014年度の後半に発生した駆け込み需要の反動減等により、四輪車総需要は4,992 千台・

2015年3月11日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県の経済動向~平成26年を振り返って~

新潟県の経済動向~平成26年を振り返って~  平成26年の県内経済を振り返ると、前年から続く政府の経済対策や海外経済の回復などにより、雇用を中心に緩やかに持ち直しているものの、消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減とその後の回復の遅れが個人消費や住宅投資でみられるなど、一部に弱い動きが続いた1年であった。年前半は、26年4月の消費税増税を控えた駆け込み需要などにより、大型小売店販売や新車販売が大きく増加したものの、増税後は駆け込み需要に伴う反動減などにより大幅に落ち込んだ。年後半は、住宅着工などで

2014年10-12月期のICT経済、プラス成長が鮮明に

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2015年3月5日10-12月期のICT経済、プラス成長が鮮明に -スマートフォンや車載向け部材需要の増加とネット関連ビジネスが好調維持-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学教授篠﨑彰彦氏、神奈川大学教授飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「I

2015年3月4日オウチーノフィードバック数:0大型消費/投資

日本人の住宅意識調査 [2014年版]

2014.12.22 日本人の住宅意識調査 [2014年版]株式会社 オウチーノ2014年の「今年の漢字」が「税」に決まった。2014年4月に消費税が5%から8%に上がり、国民も、企業も、消費増税の影響を大きく受けた年だったのではないだろうか。特に金額が大きい「住宅」に関しては、駆け込み需要や、その反動も起こった。そんな2014年の日本人の「住宅意識」を調査した。Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.

2015年3月3日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成27年1月分)

平成27年2月27日1月の新設住宅着工は, 消費税率引き上げ前の駆け込み需要の影響が大きかった前年同月と比較すると, 全体で13.0%の減少となった。一方, 季節調整済年率換算値では前月比2.1%の減少となった。(参考)(PDF 平成27年1月の住宅着工の動向について ファイル159KB)(民間非居住建築物)前年同月と比較すると, 事務所, 工場は増加したが, 店舗, 倉庫が減少したため, 全体で減少となった。 結果表を政府統計の総合窓口(e-stat)に掲載しています。詳しくは、下記リンクより

家計調査15年1月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢

家計調査15年1月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢 | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年1月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は減少幅が拡大・先行きは実質所得の増加が個人消費の回復を後押し総務省が2月27日に公表した家計調査によると、15年1月の実質

2015年2月25日矢野経済研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

市場データです。

住宅リフォーム市場に関する調査結果~ 2014年第4四半期 ~

住宅リフォーム市場に関する調査結果~2014年第4四半期~ 調査要綱矢野経済研究所では、国内の住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施した。1.調査期間:2014年10月~12月(2014年 第4四半期)2.調査方法:当社専門研究員による市場規模算出、及び文献調査<住宅リフォーム市場とは>本調査における住宅リフォーム市場とは、「10m2超の増改築工事」・「10 m2以下の増改築工事」・「設備修繕・維持関連」・「家具・インテリア等」の4分野をさす。調査結果サマリー◆ 2014年第4四

2015年2月25日価格.com★★フィードバック数:0デジタル家電

価格.comの調査です。

白物家電についてのアンケート-あなたの満足度は?-

まずは、今回の調査結果から、冷蔵庫についてレポートしたい。 現在メインで使っている冷蔵庫の購入時期については、大きく分けて3つの波がある。1つ目は「11〜15年前(2004年〜2000年)」で、家電リサイクル法施行前の駆け込み需要による波だ。家電リサイクル法とは、特定の家電製品を廃棄する際に消費者が収集料金とリサイクル料金を負担する仕組みで、この法律が適用されて廃棄するのが有料になる前に、買い換えておこうという駆け込み需要が発生した。冷蔵庫の寿命は一般的に10年と言われているが、このタイミングで

2015年2月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%~消費増税に伴う駆け込み需要の反動の影響が和らぎ、3四半期ぶりのプラス成長~

経済情報:2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%~消費増税に伴う駆け込み需要の反動の影響が和らぎ、3四半期ぶりのプラス成長~

2015年1月30日国土交通省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

年間のまとめです。

建築着工統計調査報告(平成26年計分)

平成27年1月30日平成26年の新設住宅着工戸数は, 消費税率引き上げ前の駆け込み需要の影響が大きかった前年と比較すると, 全体で9.0%の減少となった。一方, このような影響のない前々年と比べると1.1%の増加となった。(民間非居住建築物)前年と比較すると, 倉庫は増加したが,事務所, 店舗, 工場が減少したため, 全体で減少となった。 結果表を政府統計の総合窓口(e-stat)に掲載しています。詳しくは、下記リンクよりご確認下さい。以前まで掲載しておりました時系列表については新たにページを設

2015年1月30日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成26年12月分)

平成27年1月30日12月の新設住宅着工は, 消費税率引き上げ前の駆け込み需要の影響が大きかった前年同月と比較すると, 全体で14.7%の減少となった。一方, このような影響のない前々年同月と比べると0.6%の増加となった。また, 季節調整済年率換算値では前月比1.1%の増加となった。(参考)(PDF 平成26年12月の住宅着工の動向について ファイル173KB)(民間非居住建築物)前年同月と比較すると, 倉庫は増加したが, 事務所, 店舗, 工場が減少したため, 全体で減少となった。 結果表を

2015年1月30日国土交通省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

年間のまとめです。

建設工事受注動態統計調査(大手50社調査 平成26年計)について

建設工事受注動態統計調査(大手50社調査 平成26年計)について 平成27年1月30日 民間工事は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の影響が大きかった前年と比較すると、サービス業、不動産業、金融業,保険業等が減少したため、対前年比9.7%減少したが、このような影響のない前々年と比べると8.8%増加した。総計は、前年比5.5%増加し、5年連続増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-61

2015年1月15日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2015年1月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2015年1月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2015年1月15日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(14年10月)と比較すると、北海道から、公共投資の減少など一部に弱めの動きがみられるとして判断を引き下げる報告があったものの、残り8地域では、景気の改善度合いに関する基

沖縄県経済2014年の回顧と2015年の展望

沖縄県経済2014年の回顧と2015年の展望要旨【2014年の回顧】~ 国内経済は緩やかに回復し、県内経済は拡大の動きが強まる~○国内経済は、輸出が横ばいを続けるなか、主に消費税増税の影響から年終盤にかけては企業収益や個人消費など一部に弱さがみられたものの、全体としては緩やかな回復基調が続いた。○県内経済は、観光、建設関連が好調に推移し、個人消費が一部弱い動きとなったものの、総体的には好調に推移したことから、全体では拡大の動きが強まった。○個人消費は、百貨店・スーパー売上高は食料品を中心に好調に

2015年1月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度経済見通し

2014~2016年度経済見通し | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍政権発足以降、順調な景気回復を続けてきた日本経済は、2014年4月に実施された消費税率引き上げをきっかけとして急速に落ち込んだ。実質GDPは2014年4-6月期の前期比年率▲6.

2014~2016年度 東海経済見通し

2014年12月25日○東海経済は消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動による落ち込みの後、再び回復に向かおうとしている。景気動向指数の動きをみると年初をピークに下落傾向で推移してきたが、足下で持ち直しの動きがみられる。また、各種経済指標の動きをみると、個人消費や住宅投資は、消費増税の影響もあって、依然低い水準で推移しているが、生産など企業部門の活動には、持ち直しの動きがみられる。設備投資は、全国と比べて強めの動きとなっている。○14年度の東海の実質域内総生産(GRP)は、消費税率引き上げ前の駆

2014年12月28日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成26年11月分)

平成26年12月25日11月の新設住宅着工は, 消費税率引き上げ前の駆け込み需要の影響が大きかった前年同月と比較すると,持家, 貸家, 分譲住宅がともに減少したため, 全体で14.3%の減となった。一方, 季節調整済年率換算値では前月比1.8%の微減となった。(参考)(PDF 平成26年11月の住宅着工の動向について ファイル152KB)(民間非居住建築物)前年同月と比較すると, 店舗, 倉庫は増加したが, 事務所, 工場が減少したため, 全体で減少となった。 結果表を政府統計の総合窓口(e

2014年11月29日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年10月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年10月分)について 平成26年11月28日 民間工事は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の影響が大きかった前年同月と比較すると、サービス業、不動産業、情報通信業等が減少したため、対前年同月比2.2%減少したが、このような影響のない前々年同月と比べると63.3%増加した。総計は、対前年同月比15.7%増加し、2ヶ月ぶりに増加した。 お問い合わせ先国土交通省国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-81

2014年11月29日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成26年10月分)

平成26年11月28日10月の新設住宅着工は, 消費税率引き上げ前の駆け込み需要の影響が大きかった前年同月と比較すると,分譲住宅は増加したが, 持家, 貸家が減少したため, 全体で12.3%の減となった。一方, 季節調整済年率換算値では前月比では2.7%の増となり, 3か月連続の増となった。(参考)(PDF 平成26年10月の住宅着工の動向について ファイル150KB)(民間非居住建築物)前年同月と比較すると, 事務所は減少したが, 店舗, 工場, 倉庫が増加したため, 全体で増加となった。

市場データです。

平成26年度機械工業生産額改訂見通し調査

平成26年度機械工業生産額(改訂)見通し調査(発表:平成26年11月25日)日機連では、毎年関係工業会の協力を得て、年度ごとの機械工業の生産額見通し調査を行っているが、このほど平成26年度改訂見通しの集計結果(調査時点平成26年10月)がまとまったので、その概要を紹介する。 なお、機種別の生産額(25年度実績、26年度見通し)、輸出額(25年度実績)など、詳細についてお知りになりたい方は、業務部(TEL:03-3434-5383)まで問い合せ下さい。 また、数値は一応当該機種の全国ベースを原則と

2014年11月2日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年9月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年9月分)について 平成26年10月31日 民間工事は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の影響が大きかった前年同月と比較すると、サービス業、不動産業、製造業等が減少したため、対前年同月比45.2%減少したが、このような影響のない前々年同月と比べると24.5%増加した。総計は、対前年同月比40.3%減少し、6ヶ月ぶりに減少した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線2

2014年11月2日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成26年9月分)

平成26年10月31日9月の新設住宅着工は, 消費税率引き上げ前の駆け込み需要の影響が大きかった前年同月と比較すると, 持家, 貸家, 分譲住宅がともに減少したため,全体で減少となったが, このような影響のない前々年同月と比べると増加となった。(参考)(PDF 平成26年9月の住宅着工の動向について ファイル148KB)(民間非居住建築物)前年同月と比較すると, 事務所は増加したが, 店舗, 工場, 倉庫が減少したため, 全体で減少となった。 結果表を政府統計の総合窓口(e-stat)に掲載して

家計調査14年9月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢

家計調査14年9月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢 | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年9月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は減少幅が再拡大・個人消費の持ち直しは引き続き緩慢なものに総務省が10月31日に公表した家計調査によると、14年9月の実質消

2014年7-9月期の実質GDP~前期比0.6%(年率2.4%)を予測

2014年7-9月期の実質GDP~前期比0.6%(年率2.4%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2014年7-9月期の実質GDP~前期比0.6%(年率2.4%)を予測 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 11/17に内閣府から公表される2014年7-9月期の実質GDPは、前期比0.6%(前期比年率2.4%)と

2014年10月21日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年10月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2014年10月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2014年10月20日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(14年7月)と比較すると、東北から、回復テンポが緩やかになっているとして判断を引き下げる報告があったものの、残り8地域では、景気の改善度合いに関する基調的な判断に変

2014年10月10日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

大和総研のレポートです。

消費税率引き上げ後の個人消費の動向と今後の展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税率引き上げ後の個人消費の動向と今後の展望財・サービス別に見た消費動向の特徴について 2014年10月10日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆本稿では、消費税率引き上げの影響を整理するとともに、足下の消費動向を財・サービス別に分析する。そのうえで、個人消費の先行きについて展望したい。◆そもそも消費税率の引き上げは個人消費に対して、①「駆け込み需要とその反動」、②「

2014~2016年度経済見通し

2014~2016年度経済見通し | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費税率引き上げ後の物価高が家計を大きく圧迫している。消費者物価のうち、注目度が最も高い「生鮮食品を除く総合(以下、コアCPI)」は2014年4月以降、前年比で3%台前半の伸びを続け

家計調査14年8月~夏場の個人消費は低調に終わる

家計調査14年8月~夏場の個人消費は低調に終わる | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年8月~夏場の個人消費は低調に終わる 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は大幅減少が続く・実質所得の減少が引き続き消費の下押し要因に総務省が9月30日に公表した家計調査によると、14年8月の実質消費支出は前年

2014年9月26日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中古建設機械市場に関する調査結果 2014

中古建設機械市場に関する調査結果 2014 ~中古建設機械の輸出動向が今後の鍵を握る~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の中古建設機械市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年4月~7月2.調査対象:建設機械メーカー、建設機械販売会社、建設機械レンタル業者、建設機械リース業者、中古建設機械取扱業者(輸出業者、オークション会社等)、業界団体、建設機械ユーザー企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<建設機械

家計調査14年7月~駆け込み需要の反動の影響縮小後も個人消費は低迷

家計調査14年7月~駆け込み需要の反動の影響縮小後も個人消費は低迷 | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年7月~駆け込み需要の反動の影響縮小後も個人消費は低迷 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出の減少幅が再び拡大・実質所得の減少による個人消費の低迷が長引く恐れも総務省が8月29日に公表した家計

2014年8月15日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

中小企業動向トピックスNo.77 中小企業の景況は、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動はあるものの、緩やかに回復している「全国中小企業動向調査(中小企業編)」結果概要

中小企業動向トピックスNo.77 中小企業の景況は、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動はあるものの、緩やかに回復している「全国中小企業動向調査(中小企業編)」結果概要

2014年8月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年4~6月期1次QE概要

Q E 解 説2014 年 8 月 13 日2014 年 4~6 月期 1 次QE概要経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 4~6月期の実質GDP(1次速報)は前期比▲1.7%(年率▲6.8%)の大幅なマイナス成長。消費増税に伴う駆け込み需要の反動や天候不順の影響などから、個人消費が大幅減(前期比▲5.0%)○ 輸入の駆け込みの反動から外需(寄与度+1.1%Pt)がプラス寄与に転じたほか、公需(寄与度+0.0%

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ