「高学歴」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年5月30日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル

韓国若年層の雇用について

今週の指標 No.1167 韓国若年層の雇用について ポイント2017年5月19日韓国の失業率は2016年に3.7%と、OECD加盟国と比較して低い水準にある(図1)。一方で、15~64歳の失業率に対する15~24歳の失業率の比率を比較すると、OECD加盟国の中でイタリア、ロシアに次いで3番目に高い数字となっている(図2)。このため、全体の失業率は低いものの、15~24歳の失業率との格差が大きく、若者の雇用が大きな問題となっていることがうかがえる。若者の雇用環境が悪化すれば、就業を通じた人的資本

「お金の使い方や価値観」についての意識調査

当校の理念や講師紹介、受講スタイルや教室案内まで詳しく紹介教室受講からWEB受講まで自由に選べる受講スタイル 7つの要素で構成される当校の軸になる考え方 自分の [ お金の教養STAGE ] を把握してみましょう お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。 ホーム

2015年11月14日GMOリサーチフィードバック数:0大型消費/投資

中国版 結婚に関する実態調査

『中国版 結婚に関する実態調査』を実施 ~一人っ子世代の80年代、90年代生まれの結婚意識が明らかに~2015年11月12日 GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ株式会社(代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、GMOリサーチが提携する中国のモニターを対象に「中国版 結婚に関する実態調査」を実施いたしました。●調査テーマ:中国版 結婚に関する実態調査 ●調査地域:中国(北京、上海、広州、西安、瀋陽、陝西省、遼寧省) ●調査対象:婚姻歴のあ

2015年3月2日ビー・スタイル★フィードバック数:0キャリアとスキル

働く主婦対象の調査です。

働く主婦層に“女性のキャリアと学歴”に関するアンケート調査

女性の学歴、「新卒入社で最も影響」64.1%~働く主婦層に“女性のキャリアと学歴”に関するアンケート調査~調査サマリー1.最終学歴の最多は文系四年制大学33.7%。続いて短期大学22.6%、高校21.8%の順。2.女性が結婚・出産後に再就職する際、学歴は「影響する」と思う41.3%、「影響しない」と思う39.3%と拮抗。3.結婚・出産後の女性の出世に学歴は「関係ある」と思う45.4%、「関係ない」と思う54.6%。4.結婚・出産を経験する女性がキャリアを形成する上で、最も学歴が影響するのは「新卒

2014年10月9日NTTレゾナントフィードバック数:0エンタテインメント

「実は高学歴」驚きの有名人ランキング

さまざまなクイズ番組に登場する、高学歴な有名人たち。中には「えっそうだったの!?」と驚いてしまう意外な人もいますよね。そこで今回は高学歴と知って驚いた有名人は誰か、みなさんに聞いてみました。■高学歴に驚いた有名人ランキング1位:トリンドル玲奈/慶應義塾大学 環境情報学部2位:デーモン小暮/早稲田大学社会科学部3位:甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)/法政大学経済学部4位:櫻井翔(嵐)/慶應義塾大学経済学部5位:ファンタジスタさくらだ/慶應義塾大学環境情報学部 6位以降を見る1位は、《トリンドル玲奈

2014年10月7日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

地方創生に必要なのは東京VS地方でなく、東京の強化

リサーチ TODAY2014 年 10 月 7 日地方創生に必要なのは東京 VS 地方でなく、東京の強化常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は「内外経済の中期見通しと人口・地域の課題」と題した『緊急リポート』を発表した1。ここでは、下記の図表の、地方創生に必要な8つの政策を提言しており、今後の地域活性化策は、「集中」・「集積」、そして「民」の力の活用が目指すべきとした。今年9月の安倍改造内閣は地方創生を重視し、担当相と「まち・ひと・しごと創生本部」を設置した。しかし、人口減

2013年10月10日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル

労働市場における学歴ミスマッチ―その賃金への影響―

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper Series No.303 労働市場における学歴ミスマッチ―その賃金への影響― 労働市場における学歴ミスマッチ―その賃金への影響―要旨本研究の目的は,「就業構造基本調査」の個票データを用い,学歴ミスマッチ(教育過剰と教育過少)が賃金に与える影響を統計的に検証することにある。具体的には,同じ学歴を獲得したにもかかわらず,より低い学歴しか求められない職業に就いた者(教育過剰者)とその学歴に見合った職業に就いた者(教育適当者)の賃金

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ