「高等学校」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月2日徳島県フィードバック数:0社会/政治

とくしまの青少年に関する意識調査

「とくしまの青少年に関する意識調査」の結果について 本県の青少年及び成人の意識調査を行い、青少年の生活の実態、社会や生き方等についての考えを把握し、今後の青少年に関する総合的な施策のあり方を検討するとともに、「青少年の健全な育成に関する基本計画」の次期計画を策定する際の基礎資料とすることを目的に実施しました。 (2)調査対象者徳島県内の青少年及び成人・青少年:12歳~22歳の男女3,200人 (3)調査期間平成28年5月上旬~6月下旬 (4)調査方法郵送法(なお、12~18歳の青少年については、

2016年12月2日新潟県フィードバック数:0大型消費/投資

平成28年度 大学等進学状況調査

この調査は、県内の高等学校(全日制・定時制)及び中等教育学校卒業者の進路状況を、平成28年5月1日現在で集計したものです。 進路別内訳をみると、大学等(※1)進学者は9,566人(卒業者の47.7%)で、前年度の9,746人(同47.7%)より180人減少し、進学率は前年度と同じでした。専修学校等(※2)の入学者は5,968人(卒業者の29.8%)で、前年度の6,107人(同29.9%)より139人減少しています。内訳は、専修学校(専門課程)(※3)進学者が5,068人(同25.3%)、専修学校

2016年11月8日東京都★フィードバック数:0社会/政治

平成28年度公立学校統計調査

ここから本文です。「平成28年度公立学校統計調査」の結果について東京都教育委員会では、都内公立学校の基本的事項を調査し、教育行政上の基礎資料を得ることを目的に、「公立学校統計調査」を毎年実施しています。今般、平成28年度の公立学校統計調査の結果がまとまりましたのでお知らせします。1 調査時点平成28年5月1日現在2 調査対象都内公立の小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校3 調査内容学校数、学級数、在学者数、教職員数等平成27年度(平成28年3月末)卒業者の進路状況

2016年10月20日文部科学省★★フィードバック数:0社会/政治

平成28年度「学校図書館の現状に関する調査」

現在位置トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > 学校図書館 > 学校図書館の現状に関する調査 > 学校図書館の現状に関する調査結果 > 平成28年度「学校図書館の現状に関する調査」の結果について 平成28年度「学校図書館の現状に関する調査」の結果について平成28年10月13日文部科学省では,学校図書館への司書教諭や学校司書の配置状況,図書の整備状況,読書活動の状況等を調査しており,平成20年度調査以降は隔年で実施しています。このたび,平成28年度調査の結果が取りまとまりましたので,

2016年8月9日九州国際大学フィードバック数:0社会/政治

平成17年度地域連携アンケート調査研究活動報告書

平成17年度地域連携アンケート調査研究活動報告書1. はじめに近年、 産業構造の変化や雇用の急速な流動により、勤労者自らがより高い職業の知識や技能を習得しなければならない時代を迎えたと言えます。また、少子・高齢化の一層の進展に伴い、女性や高齢者の就労機会も増大することが予想されます。このことは、地域社会における学習機会・教育資源である教育機関への期待が高まるものと受け止めております。一方、昨今の教育機関(特に大学)改革の動きが急加速する中で、当学園も社会的貢献・地域連携が重要課題になってきている

2016年7月16日宮崎県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成27年度「みやざきの教育に関する調査」

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。更新日:2016年7月8日平成27年度「みやざきの教育に関する調査」の結果宮崎県教育委員会では、「第二次宮崎県教育振興基本計画」の推進に向け、計画に掲げる各施策の状況や施策推進のあり方などの点検・評価に必要なデータを得るために、「みやざきの教育に関する調査」を毎年実施しています。平成27年度調査の実施概要調査対象学校向け:全ての市町村立・県

2015年11月9日新潟県フィードバック数:0大型消費/投資

平成27年度 大学等進学状況調査

この調査は、県内の高等学校(全日制・定時制)及び中等教育学校卒業者の進路状況を、平成27年5月1日現在で集計したものです。 進路別内訳をみると、大学等進学者は9,746人(卒業者の47.7%)で、前年度の9,582人(同47.7%)より164人増加し、進学率は前年度と同じでした。専修学校等の入学者は6,107人(卒業者の29.9%)で、前年度の6,185人(同30.8%)より78人減少しています。内訳は、専修学校(専門課程)進学者が5,310人(同26.0%)、専修学校(一般課程)等入学者が57

2015年11月9日東京都フィードバック数:0大型消費/投資

平成27年度公立学校統計調査報告書「公立学校卒業者(平成26年度)の進路状況調査編」

平成27年度公立学校統計調査報告書「公立学校卒業者(平成26年度)の進路状況調査編」について平成27年11月6日教育庁 平成27年度公立学校統計調査報告書「公立学校卒業者(平成26年度)の進路状況調査編」を取りまとめましたのでお知らせいたします。本報告書は、平成27年5月1日現在で実施された公立学校統計調査のうち、平成26年度公立学校卒業者(平成27年3月卒業)を対象に、進路状況について調査した結果をまとめたものです。<特徴> 中学校、高等学校(全日制・定時制)卒業者の状況 中学校卒業者数は78

2015年6月2日文部科学省★フィードバック数:0社会/政治

学校の図書館についてのデータです。

平成26年度「学校図書館の現状に関する調査」

現在位置トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > 学校図書館 > 学校図書館の現状に関する調査 > 学校図書館の現状に関する調査結果 > 平成26年度「学校図書館の現状に関する調査」の結果について 平成26年度「学校図書館の現状に関する調査」の結果について平成27年6月2日 文部科学省では,学校図書館への司書教諭等の配置状況や図書の整備状況,読書活動の状況等を調査しており,平成20年度調査以降は隔年で実施しています。このたび,平成26年度調査の結果が取りまとまりましたので,お知らせい

2015年5月28日文部科学省★★フィードバック数:0キャリアとスキル

文科省のレポートです。

平成26年度 英語教育改善のための英語力調査事業報告

現在位置トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > 外国語教育 > 平成26年度 英語教育改善のための英語力調査事業報告 平成26年度 英語教育改善のための英語力調査事業報告 平成26年度 英語教育改善のための英語力調査事業報告<調査の目的・対象>○全国の高等学校3年生約7万人(国公立校約480校)を対象に、英語に関する4技能(聞くこと、話すこと、読むこと、書くこと)がバランスよく育成されているかという観点から、生徒の英語力を測るとともに、英語の学習状況を把握・分析。(ただし、「話すこ

2015年5月22日神戸大学★フィードバック数:0大型消費/投資

金融教育についての調査です。

中学校および高等学校の教員の金融・保険教育に対する意識調査―2015年3月調査の結果の概要―

中学校および高等学校の教員の金融・保険教育に対する意識調査―2015年3月調査の結果の概要―

2015年5月1日文部科学省★★フィードバック数:0ライフスタイル

子どもの生活習慣についてのレポートです。

睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査

現在位置トップ > 教育 > 幼児教育・家庭教育 > 家庭の教育力の向上 > これまでの調査研究報告、事例集等 > 睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査の結果 睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査の結果 1.調査の概要(1)調査対象 小学校第5学年から高等学校第3学年までの学年ごとに100校(各校1クラス、計800クラス)を抽出(全て公立学校)。<回収数>800校のうち771校から回収(回収率※96.4%)。有効回収数は23,139票。※配布した

2015年2月2日東京都フィードバック数:0社会/政治

25年度 都内私立学校の体罰に係る実態把握の結果

平成25年度における都内私立学校の体罰に係る実態把握の結果について平成27年1月30日生活文化局 この調査は、平成25年度における体罰の実態を把握するため、文部科学省が全国の国私立の小学校、中学校、高等学校(通信制を含む)、中等教育学校及び特別支援学校を対象に実施したものである。文部科学省が、1月30日、その結果を公表しており、その内、都内の私立学校分について公表する。1 調査期間・報告内容 平成25年4月1日から平成26年3月31日までに当該体罰を理由として処分等が行われたもの。2 調査対象 

2015年1月14日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成27年3月中学校等卒業予定者の進路希望状況調査(平成26年12月15日現在)

ここから本文です。「平成27年3月中学校等卒業予定者の進路希望状況調査(平成26年12月15日現在)」について 部局名:教育局課所名:教育政策課担当名:調査・統計担当担当者名:柴田  「中学校等卒業予定者の進路希望状況調査」は、県内の中学校等卒業予定者について、その進路希望状況を明らかにする目的で実施しています。 この度、平成27年3月卒業予定者に係る平成26年12月15日現在の調査結果がまとまりましたので、お知らせします。1 調査対象 平成27年3月に県内国・公・私立の中学校又は特別支援学校

第60回 英語を好きになることが「グローバル化」に対応することの近道─「中高生の英語学習に関する実態調査2014」より

ベネッセのオピニオン第60回 英語を好きになることが「グローバル化」に対応することの近道 ─「中高生の英語学習に関する実態調査2014」より2014年12月01日 掲載 ベネッセ教育総合研究所 グローバル教育研究室 研究員 福本 優美子  11月20日開催の中央教育審議会では、下村文部科学大臣から次期学習指導要領の全面改訂について諮問されたが、英語教育改革はその中でも大きな検討事項の一つである。小学校中学年への外国語活動の導入、高学年の教科化、中学校・高等学校における英語教育の高度化、大学入試の

2014年9月25日広島県フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年度公立学校基本数

〇平成27年10月16日 「15 県(市)費負担の教職員数【職員数】」,「29 高等学校及び特別支援学校(高等部)卒業者の状況」のデータを一部修正しました。修正箇所はこちら 「15 県(市)費負担の教職員数【職員数】」 (Excelファイル) 「29 高等学校及び特別支援学校(高等部)卒業者の状況」 (Excelファイル)〇平成28年3月24日 「1 総括表」,「26 教職員数【教員数】」のデータを一部修正しました。修正箇所はこちら 「1 総括表」 (Excelファイル) 「26 教職員数【教員

2014年8月12日滋賀県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年3月中学校・高等学校等卒業後の進路状況調査

ここから本文です。平成26年3月中学校・高等学校等卒業後の進路状況調査結果について本調査は、平成26年3月に県内の国立、公立および私立の中学校、高等学校および特別支援学校中学・高等部を卒業した生徒(年度途中に卒業を認められた者も含む。)の進路状況を、平成26年5月1日現在で調査したものです。平成26年度学校基本調査(基幹統計調査)にあわせ、より詳細に進路状況を把握することで、進路指導および教育行政実施上の基礎資料を得ることを目的としています。調査対象校数は、中学校106校、高等学校66校(含併置

2014年8月10日文部科学省★★フィードバック数:0ライフスタイル

学校の情報化についての調査です。

平成25年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果【速報値】

現在位置トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > 教育の情報化の推進 > 学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果 > 平成25年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果 平成25年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果 調査概要(1)調査項目学校におけるICT環境の整備状況 教員のICT活用指導力※ICT(Information and Communication Technology : コンピュータやインターネットなどの情報通信技術)(2)調査対象

2014年8月1日文部科学省★フィードバック数:0ライフスタイル

土曜日の扱いについての調査です。

公立小・中・高等学校における土曜日の教育活動実施予定状況調査

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成26年度の報道発表 > 「公立小・中・高等学校における土曜日の教育活動実施予定状況調査」結果について 「公立小・中・高等学校における土曜日の教育活動実施予定状況調査」結果について平成26年7月25日 1.調査目的 文部科学省では、土曜日の学校における授業や、地域における多様な学習や体験活動の機会など、子供たちの土曜日における豊かな教育環境の充実を図るため、土曜日の教育活動を推進しているところである。このたび、更なる取組の促進に資す

2014年5月25日文部科学省★フィードバック数:0社会/政治

学校の空調についての調査です。

公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況調査

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成26年度の報道発表 > 公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況調査の結果について 公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況調査の結果について平成26年5月23日 1.調査内容(1)調査対象:全国の公立学校施設(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校)※中学校には中等教育学校前期課程、高等学校には同後期課程を含む(2)調査項目:普通教室及び特別教室※の空調(冷房)設備の設置状況※幼稚園については、普通教室を「保育室」、特別教室

2013年12月12日東京都フィードバック数:0社会/政治

24年度児童・生徒の問題行動等の実態(公立学校分)

平成24年度における児童・生徒の問題行動等の実態について平成25年12月10日教育庁1 調査の趣旨 本調査は、東京都の公立小学校、中学校、高等学校、特別支援学校を対象として、平成24年度における「暴力行為」「いじめ」「不登校」「高等学校における長期欠席者」「高等学校における中途退学者」の実態を把握するために実施したものです。2 調査対象学校数 小学校 1,304校中学校 631校(中等教育学校前期課程を含む。)高等学校 195校(中等教育学校後期課程を含む。)特別支援学校 60校3 調査内容及び

2013年12月4日中央調査社フィードバック数:0ライフスタイル

未成年者の悪い生活習慣と悪い精神的健康状態には関係がある ~2004年度全国悉皆調査より~

トップページ > 中央調査報 > 未成年者の悪い生活習慣と悪い精神的健康状態には関係がある ~2004年度全国悉皆調査より~ ■「中央調査報(No.673)」より ■ 未成年者の悪い生活習慣と悪い精神的健康状態には関係がある~2004年度全国悉皆調査より~ 厚生労働省国立保健医療科学院厚生労働省国立保健医療科学院健康危機管理研究部主任研究官 谷畑 健生1.はじめに未成年者の環境は健康を損なう行動(例えば喫煙・飲酒の使用、睡眠の問題)を行いやすく、未成年者の健康増進に向けるようなライフスタイルを確

2013年8月11日文部科学省★フィードバック数:0社会/政治

体罰の実態です。

体罰に係る実態把握(第2次報告)

現在位置トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > 生徒指導等について > 問題行動に対する対応(上記以外。懲戒・出席停止等) > 体罰に係る実態把握(第2次報告)の結果について 体罰に係る実態把握(第2次報告)の結果について 1 趣旨児童生徒に対する体罰の実態を把握し、体罰禁止の徹底を図るため、平成25年1月23日付初等中等教育局長及びスポーツ・青少年局長通知により各都道府県・指定都市教育委員会等に対して依頼したもの。(高等専門学校については平成25年3月19日付高等教育局長及びスポ

2013年7月12日東京都フィードバック数:14大型消費/投資

平成24年度公立中学校卒業者(平成25年3月卒業)の進路状況調査

平成24年度公立中学校卒業者(平成25年3月卒業)の進路状況調査の結果について平成25年7月11日教育庁 この調査結果は、毎年度実施している公立学校統計調査のうち、平成25年3月に東京都の公立中学校を卒業した者の進路状況について取りまとめたものです。なお、確定値及び詳細については、10月下旬に小学校・高等学校・特別支援学校等の進路状況を含めて、公立学校統計調査報告書「公立学校卒業者(平成24年度)の進路状況調査編」として公表する予定です。1 調査結果2 調査対象 都内公立中学校 626校(都立中

中学校・高等学校における理系進路選択に関する研究

中学校・高等学校における理系進路選択に関する研究

2013年5月24日東京都フィードバック数:4社会/政治

平成24年度卒業式及び平成25年度入学式の実施状況について

平成24年度卒業式及び平成25年度入学式の実施状況について平成25年5月23日教育庁24年度卒業式1 国旗掲揚の状況 都立学校(高等学校、特別支援学校、中学校、中等教育学校)及び区市町村立学校(小学校、中学校、特別支援学校、中等教育学校)では、全校で舞台壇上正面に国旗及び都旗等を掲揚した。2 国歌斉唱の状況 都立学校及び区市町村立学校では、全校でピアノ伴奏等により国歌斉唱を実施した。3 卒業証書授与の状況 都立学校及び区市町村立学校では、全校で卒業証書を壇上等で授与した。4 教職員の状況 不起立

2013年4月27日文部科学省★フィードバック数:90社会/政治

学校対象の調査です。

体罰に係る実態把握の結果(第1次報告)

現在位置トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > 生徒指導等について > 問題行動に対する対応(上記以外。懲戒・出席停止等) > 体罰に係る実態把握の結果(第1次報告)について 体罰に係る実態把握の結果(第1次報告)について 1 趣旨児童生徒に対する体罰の実態を把握し、体罰禁止の徹底を図るため、平成25年1月23日付初等中等教育局長及びスポーツ・青少年局長通知により各都道府県・指定都市教育委員会等に対して依頼したもの。2 対象国公私立の小学校、中学校、高等学校(通信制を除く)、中等教

2013年4月1日文部科学省フィードバック数:35キャリアとスキル

平成24年度「『国際共通語としての英語力向上のための5つの提言と具体的施策』に係る状況調査」

現在位置トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > 外国語教育 > 平成24年度「『国際共通語としての英語力向上のための五つの提言と具体的施策』に係る状況調査」の結果について 平成24年度「『国際共通語としての英語力向上のための五つの提言と具体的施策』に係る状況調査」の結果について 文部科学省では、公立中学校(中等教育学校前期課程を含む)及び高等学校(中等教育学校校規課程を含む)における英語教育の状況について調査を行いました。このたび、結果をとりまとめましたので、公表いたします。1.調

2013年3月19日大和総研フィードバック数:5ライフスタイル

大学による受験生の選抜

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今年の大学受験シーズンも終盤を迎えている。国公立大学入試では、前期日程で実施された試験の合格者発表が終わり、後期日程試験が行われた大学では、合格者がこれから順次発表されるところであろう。独立行政法人大学入試センターによれば、平成25年度の大学入試センター試験(センター試験)では、志願者数は573,344人となっており、前年度と比較して17,807人(+3.2%)増加したという。高等学校等新規卒業者に占

2013年2月6日文部科学省★フィードバック数:99社会/政治

学校図書館の整備や活動の状況です。

平成24年度「学校図書館の現状に関する調査」

現在位置トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > 学校図書館 > 学校図書館の現状に関する調査 > 学校図書館の現状に関する調査結果 > 平成24年度「学校図書館の現状に関する調査」の結果について 平成24年度「学校図書館の現状に関する調査」の結果について平成25年2月5日 文部科学省では、学校図書館への司書教諭等の配置状況や図書の整備状況、読書活動の状況等を調査しており、平成20年度調査以降は隔年で実施しています。このたび、平成24年度調査の結果が取りまとまりましたので、お知らせい

2010年10月26日日経BPフィードバック数:22社会/政治

公立学校情報化ランキング 2010

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。 ここまで見てきた通り、ICT活用で成果を上げている学校は全国にある。だが、これらはいずれも先進的な事例だ。現実には、情報化の進展度は自治体によって大きく異なる。 その実態を明らかにするため、本誌は「公立学校情報化ランキング 2010」をまとめた。全国の公立小中高等学校の情報化進展度を比較するもので、今回が3回目となる。算出に使ったデータは、全国の公立学校を対象に文部科学省が実施する「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」の結果。今回は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ