調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 高齢社会総合

「高齢社会総合」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

【5月米個人所得・消費支出】消費支出は09年8月以来の高い伸び。消費の堅調を確認する内容

【5月米個人所得・消費支出】消費支出は09年8月以来の高い伸び。消費の堅調を確認する内容。 | ニッセイ基礎研究所 【5月米個人所得・消費支出】消費支出は09年8月以来の高い伸び。消費の堅調を確認する内容。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩1.結果の概要:個人消費支出は前月から伸びが加速6月25日、米商務省の経済分析局(BEA)は5月の個人所得・消費統計を公表した。個人所得(名目値)は、前月比+0.5%(前月:+0.5%)となり、前月、市場予想(Bloomberg集計の中央値、以下同様)の+0

2015年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃上げが中小企業に波及しにくい、もう1つの理由

賃上げが中小企業に波及しにくい、もう1つの理由 | ニッセイ基礎研究所 賃上げが中小企業に波及しにくい、もう1つの理由 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 篠原 拓也2015年春闘は、昨年に続いて、賃金水準の底上げ(ベア)を実施する企業が相次いだが、中小企業では実施割合が低い。円安などの経済要因が費用増大を招いたことが背景にあるが、これに加えて退職金制度の違いも、賃上げが中小企業に波及しにくい理由の1つと考えられる。 保険研究部主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

2015年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

新しいROE投資の可能性

新しいROE投資の可能性 | ニッセイ基礎研究所 新しいROE投資の可能性 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾自己資本利益率(ROE)が注目されている。ROEは企業がどれだけ効率よく稼いだかを示す指標なので、企業経営はもとより株式投資にも活用する動きが広がっている。そもそもROEとは何か、その本質的な意味を考察し、ROE投資の新たな可能性を実証的に探る。 金融研究部チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 研究・専門分野

2015年5月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

超長期国債はいつまで買うことができるのか

超長期国債はいつまで買うことができるのか | ニッセイ基礎研究所 超長期国債はいつまで買うことができるのか 金融研究部 チーフ債券ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 千田 英明長期(10年)国債金利は0.195%と史上最低金利をつけ、国内債券の期待収益率は大きく低下してきている。一方で、超長期(20年)国債金利は現在でも1%以上あり、投資対象となる可能性がある。イールドカーブの形状から割高・割安を分析し、超長期国債投資の可能性を検証する。 金融研究部チーフ債券ストラテジスト・年

アベノミクスによる株価上昇で株式市場への見方は変わったか?

アベノミクスによる株価上昇で株式市場への見方は変わったか? | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスによる株価上昇で株式市場への見方は変わったか? 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 北村 智紀投資家の期待リターン、リスク、リスク許容度は、経済情勢、その時々の財政・金融政策、企業利益、金利水準等の外部環境の変化に応じて変わることが知られている。そこで、アベノミックスによる大幅な株価上昇の前後で、株式市場に対する投資家の期待リターンなどが実際に変化したのか、独自のデータを利用して分

新しいROE投資の可能性-ROEとは何か、本質を理解して活用する

新しいROE投資の可能性-ROEとは何か、本質を理解して活用する | ニッセイ基礎研究所 新しいROE投資の可能性-ROEとは何か、本質を理解して活用する 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾自己資本利益率(ROE)が注目されている。ROEは企業がどれだけ効率よく稼いだかを示す指標なので、企業経営はもとより株式投資にも活用する動きが広がっている。しかし、ROEを投資に活用するのが容易でないことも知られている。本稿では、単純なROE投資が上手くいかない理

最近の米国PE市場の状況~マーケット環境と年金投資家の取組み例~

最近の米国PE市場の状況~マーケット環境と年金投資家の取組み例~ | ニッセイ基礎研究所 最近の米国PE市場の状況~マーケット環境と年金投資家の取組み例~ 金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長 德島 勝幸基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本では、金融緩和が強化される中で、投資マネーの行きどころが見失われている。国内債券から株式や外国証券へという単

ニッセイ基礎研究所のレポートです。

医療・介護の現状と今後の展開(後編)-民間の医療保険へはどのような影響があるのか?

医療・介護の現状と今後の展開(後編)-民間の医療保険へはどのような影響があるのか? | ニッセイ基礎研究所 医療・介護の現状と今後の展開(後編)-民間の医療保険へはどのような影響があるのか? 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 篠原 拓也前稿では、医療・介護を取り巻く環境の変化について紹介した。少子高齢化等や、それに伴う世帯の変化は、医療・介護の両方の面に、大きな影響を及ぼしており、医療・介護サービスを受ける側にも、提供する側にも、大きな変化を迫っていることを述べた。本稿では

ニッセイ基礎研究所のレポートです。

医療・介護の現状と今後の展開(前編)-医療・介護を取り巻く社会環境はどのように変化しているか?

医療・介護の現状と今後の展開(前編)-医療・介護を取り巻く社会環境はどのように変化しているか? | ニッセイ基礎研究所 医療・介護の現状と今後の展開(前編)-医療・介護を取り巻く社会環境はどのように変化しているか? 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 篠原 拓也医療や介護は、自分や家族にとって身近なものである。しかし、新聞や雑誌等で取り上げられる医療・介護問題は、聞きなれない用語が並び、細部の制度見直しの話や、兆円、億円単位で語られる財政の話など、複雑で難しいと感じられるもの

2015・2016年度経済見通し(15年2月)

2015・2016年度経済見通し(15年2月) | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し(15年2月) 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎<実質成長率:2014年度▲0.9%、2015年度1.8%、2016年度1.9%を予想> 2014年10-12月期の実質GDPは前期比年率2.2%と3四半期ぶりのプラス成長となったが、民間消費(前期比0.3%)、設備投資(前期比0.1%)は低い伸びにとどまった。消費増税後の落ち込みからの回復は力強さに欠けるものとなっている。2015年に入る

年金が機能を発揮するには~日本の企業年金は、ほとんど年金でないかもしれない~

年金が機能を発揮するには~日本の企業年金は、ほとんど年金でないかもしれない~ | ニッセイ基礎研究所 年金が機能を発揮するには~日本の企業年金は、ほとんど年金でないかもしれない~ 金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長 德島 勝幸退職一時金の分割給付という形で制度がスタートした日本の企業年金は、現在でも、大企業中心にしか普及していない。従業員ベースでの企業年金カバー率は、4割前後しかないと考えられている。一方、退職一時金については、企業規模を問わず、ほぼ3分の2の企業が制度を有して

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

高齢期の社会的孤立の予防策-ニッセイ基礎研究所「長寿時代の孤立予防に関する総合研究」より

高齢期の社会的孤立の予防策-ニッセイ基礎研究所「長寿時代の孤立予防に関する総合研究」より | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 高齢期の社会的孤立の予防策-ニッセイ基礎研究所「長寿時代の孤立予防に関する総合研究」より高齢期の社会的孤立の予防策-ニッセイ基礎研究所「長寿時代の孤立予防に関する総合研究」より 生活研究部 主任研究員 前田 展弘誰にも看取られることなく最期を迎える“孤立死”1。その数は年間約3万人と推計される。日本は世界が羨む長寿大国になった一方で、孤立死を

2015年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

異次元の金融緩和で出回った資金はどこに行ったのか

異次元の金融緩和で出回った資金はどこに行ったのか | ニッセイ基礎研究所 異次元の金融緩和で出回った資金はどこに行ったのか 金融研究部 チーフ債券ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 千田 英明日銀の国債保有額が急激に増加してきている。その影響で、国債マーケットでは様々な変化が起きている。金利の低下、流動性の低下などである。一方で、金融緩和の効果として期待される貸出はそれほど大きく伸びていない。 金融研究部チーフ債券ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 研究・専門分野

年金改革についてのレポートです。

2015年公的年金改革の展望

2015年公的年金改革の展望 | ニッセイ基礎研究所 2015年公的年金改革の展望 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫昨年6月に発表された財政見通しを受けて、現在、次期公的年金改革に向けた議論が社会保障審議会の年金部会で進められている。本稿では、昨年11月に合意された改革の基本方針やこれまでの議論を踏まえ、改革の具体的な内容を展望した。世間ではシルバー・デモクラシーを懸念する声も聞かれるが、今回の基本方針を見ると、今後の改革の柱として将来世代の年金給付の十分性が強

2015年1月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

どうしたら投資教育が進むのか?

どうしたら投資教育が進むのか? | ニッセイ基礎研究所 どうしたら投資教育が進むのか? 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 篠原 拓也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 確定拠出年金制度では、加入者が自己責任で資産運用を行うこととされており、投資教育が欠かせない。しかし、日本では、その取り組みは道半ばである。その背景には、投資についての欧米との社

長寿時代の孤立予防に関する総合研究~孤立死3万人時代を迎えて~

長寿時代の孤立予防に関する総合研究~孤立死3万人時代を迎えて~ | ニッセイ基礎研究所 長寿時代の孤立予防に関する総合研究~孤立死3万人時代を迎えて~ 生活研究部 主任研究員 前田 展弘○日ごろの質的・量的なコミュニケーションの状況から、社会的孤立リスクについて推定した結果、ゆとり世代、団塊Jr.世代の15%程度、団塊世代、75+世代の5%程度が、社会的孤立が強く疑われる状況にある可能性が示された。○この出現率をもとに各世代の社会的孤立状態が疑われる者の人口を推計すると、全国ではゆとり世代で6

統計分析です。

老後への備えができないのはなぜか?

老後への備えができないのはなぜか? | ニッセイ基礎研究所 老後への備えができないのはなぜか? 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 北村 智紀30~50歳代の会社員(厚生年金加入者)を対象に、老後の準備ができない要因について、独自のアンケート調査の結果を利用して検証した。老後の準備ができないことを示す変数としては、毎月の支出額のうちの「貯蓄額」を利用した。毎月の貯蓄額がゼロの者を準備ができない「準備なし」群、貯蓄額が少しでもある者を準備ができている「準備あり」群とし、両者で老

保険会社の低金利への対応-保険会社版のシステミック・リスクとは何か?

保険会社の低金利への対応-保険会社版のシステミック・リスクとは何か? | ニッセイ基礎研究所 保険会社の低金利への対応-保険会社版のシステミック・リスクとは何か? 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 篠原 拓也本稿は、低金利の継続が保険会社に与える影響を紹介するもので、保険商品や資産運用等の一定の知識を前提としつつも、平易な内容としている。世界的に、先進諸国で金利低下が続いている。日本では、標準利率が2013年4月に、1.5%から1%に引き下げられ、これに伴って生保各社は、保

年金改革ウォッチ 2014年11月号~ポイント解説:給付削減の1・2階同時終了

年金改革ウォッチ 2014年11月号~ポイント解説:給付削減の1・2階同時終了 | ニッセイ基礎研究所 年金改革ウォッチ 2014年11月号~ポイント解説:給付削減の1・2階同時終了 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫1 ―― 先月までの動き年末の取りまとめにむけて、年金部会と企業年金部会が月2回のペースで開催されています。10月15日の年金部会には塩崎厚生労働大臣が出席し、GPIFに関しては作業班を新たに置いて議論を進めることになりました。2 ―― ポイント解説

企業年金の財政安定化に資する積立剰余の活用について

企業年金の財政安定化に資する積立剰余の活用について | ニッセイ基礎研究所 企業年金の財政安定化に資する積立剰余の活用について 金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長 梅内 俊樹公的年金の減額・縮小が見込まれる中、民間サラリーマンの退職後の所得保障においては、資産残高53兆円と確定拠出年金の7兆円を大きく凌ぐ確定給付企業年金(以下、DB)の重要性が高まりつつある。この重要な役割を今後も長きにわたりDBが果たしていく上では、何よりも年金財政の健全性が維持され続けることが大前提とな

年金改革ウォッチ 2014年10月号~ポイント解説:公的年金の分かりやすい情報発信

年金改革ウォッチ 2014年10月号~ポイント解説:公的年金の分かりやすい情報発信 | ニッセイ基礎研究所 年金改革ウォッチ 2014年10月号~ポイント解説:公的年金の分かりやすい情報発信 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫1 ―― 先月までの動き年金部会および企業年金部会では、前回までに整理された課題に基づいて具体的なテーマでの議論がそれぞれ進められました。「公的年金の分かりやすい情報発信モデル事業検討会」は、3つの事業(業務支援ツール・通信研修モデル・情報発

アベノミクスと年金財政の関係-就労拡大で国民年金財政が改善

アベノミクスと年金財政の関係-就労拡大で国民年金財政が改善 | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスと年金財政の関係-就労拡大で国民年金財政が改善 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年6月に発表された公的年金の財政検証では、アベノミクスの奏効を仮定するか否かで結果が分かれた。アベノミクスが奏効し

2014年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

スマートベータは長期投資ほどおトクです

スマートベータは長期投資ほどおトクです。 | ニッセイ基礎研究所 スマートベータは長期投資ほどおトクです。 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾GPIFの採用で注目度が急速に高まったスマートベータ。長期的にはTOPIXよりも優れるとされる一方で、短期的には市場環境次第でパフォーマンスが大きく変動する。では、何年くらい投資するつもりでいれば良いのか。シミュレーションで検証した。 金融研究部チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 研

未納の理由を分析しています。

どうして国民年金の保険料を払いたくないか?-保険料未納の要因分析

どうして国民年金の保険料を払いたくないか?-保険料未納の要因分析 | ニッセイ基礎研究所 どうして国民年金の保険料を払いたくないか?-保険料未納の要因分析 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 北村 智紀公的年金制度の問題の一つに、国民年金の保険料を支払わない人が多いことがあげられる。ここでは国民年金未納の要因を検証した。その主たる要因は、流動性制約、逆選択、時間割引率、知識不足と考えられている。独自のアンケート調査を用いた検証の結果、これら全ての要因で加入者と未納者では異なる

2014年8月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【2014年7月米ISM製造業指数】非常に良好、雇用指数も大幅上昇

【7月米ISM製造業指数】非常に良好、雇用指数も大幅上昇 | ニッセイ基礎研究所 【7月米ISM製造業指数】非常に良好、雇用指数も大幅上昇 研究員 高山 武士8月1日、米サプライマネジメント協会(ISM)は製造業の景況感を示す7月の製造業指数(PMI)を公表した1。結果は57.1となり、前月(55.3)からさらに上昇し寒波前の水準を回復、市場予想の56.0(Bloomberg集計の中央値)も上回った(詳細はPDFを参照)。7月は総合指数だけでなく、項目別の指数も非常に好感できる内容だった。特に

2013年度生保決算の概要

2013年度生保決算の概要 | ニッセイ基礎研究所 2013年度生保決算の概要 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 安井 義浩生命保険会社43社の2014年3月期の決算が5月末に出揃った。資産運用環境が前年度に引き続き株高・円安という良好なものだったことで、収益性、健全性の面では好調なものとなった。特に大手中堅生保の逆ざやは全体としては解消している。販売業績面では、新契約高が貯蓄性商品の減少により、対前年度▲6.4%減少となり、保有契約高も▲1.4%減少した。基礎利益は8.7

2014年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

政策アセット・ミックスの説明力~時系列データの場合

政策アセット・ミックスの説明力~時系列データの場合 | ニッセイ基礎研究所 政策アセット・ミックスの説明力~時系列データの場合 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 北村 智紀年金運用では代表的な指数を利用して各アセットクラスのリスクとリターンを推計し、それらに基づいて政策アセット・ミックス(基本ポートフォリオ)を構築する。これが年金基金の運用成果全体にどの程度インパクトがあるのか多くの議論がある。本節では運用成果を時系列に分析すると、政策アセット・ミックスの説明力が高いことを

2014年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

時価加重インデックスへの疑問と「スマートファクター」

時価加重インデックスへの疑問と「スマートファクター」 | ニッセイ基礎研究所 時価加重インデックスへの疑問と「スマートファクター」 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 北村 智紀年金運用では各アセットクラスの値動きを表す時価加重インデックスを利用してリスクとリターンを推計し、それらに基づき政策アセット・ミックスを構築する。しかし近年、時価加重インデックスの運用成果に疑問が呈されている。一方、それを解決する新しい運用手法が提案されているが、「スマートファクター」という方法を紹介

2014年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

政策アセット・ミックスの説明力~横断データの場合

政策アセット・ミックスの説明力~横断データの場合 | ニッセイ基礎研究所 政策アセット・ミックスの説明力~横断データの場合 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 北村 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 前節では運用成果を時系列に分析した場合、政策アセット・ミックスは運用成果の大部分を説明することを確認した。本節では運用成果をクロスセクション(

2014年公的年金財政検証結果を見渡す-厳しい未来と、政府の少ない選択肢

2014年公的年金財政検証結果を見渡す-“甘い”ばかりではない政府の見通し。女性の労働参加やリスクシナリオを見据えて議論の充実を | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 社会保障制度 > 年金制度 > 2014年公的年金財政検証結果を見渡す-“甘い”ばかりではない政府の見通し。女性の労働参加やリスクシナリオを見据えて議論の充実を2014年公的年金財政検証結果を見渡す-“甘い”ばかりではない政府の見通し。女性の労働参加やリスクシナリオを見据えて議論の充実を 保険研究部 主

2014年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

年金の未来も女性がカギ!?~2014年 公的年金財政検証結果を読み解く

年金の未来も女性がカギ!?~2014年 公的年金財政検証結果を読み解く | ニッセイ基礎研究所 年金の未来も女性がカギ!?~2014年 公的年金財政検証結果を読み解く 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月3日に公的年金の財政見通し(財政検証)が発表されました。今回の試算では、「前提が甘い」というこ

2014年6月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

年金改革ウォッチ 2014年6月号~ポイント解説:年金開始年齢の75歳選択制

年金改革ウォッチ 2014年6月号~ポイント解説:年金開始年齢の75歳選択制 | ニッセイ基礎研究所 年金改革ウォッチ 2014年6月号~ポイント解説:年金開始年齢の75歳選択制 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫1 ―― 先月までの動き新たな部会として、年金事業管理部会が設置されました。この部会は日本年金機構評価部会を改組したもので、年金事業の運営の在り方についての審議が予定されています。また、企業年金部会に、厚生年金基金の特例解散の申請について調査・審議する専

消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁

消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁 | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・消費税率引き上げ分以上に上昇幅が拡大・約6割の品目が100%以上の価格転嫁率に・コアCPI上昇率は夏場以降鈍化へ総務省が5月30日に公表した消費者物価指数によると、14年4月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比3.2%(3月:同1.3%)となり、上昇率は前月から1.9ポイント

プロの技術をご家庭へ 基礎から学ぶスマートベータ

プロの技術をご家庭へ 基礎から学ぶスマートベータ | ニッセイ基礎研究所 プロの技術をご家庭へ 基礎から学ぶスマートベータ 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾■機関投資家(プロ)の間で注目度が赤マル急上昇中のスマートベータ。今後、個人投資家にも広まる可能性があるので、その概要と使用上の注意をまとめた。■スマートベータが登場した背景には、従来型指数(TOPIXなど)には構造的な問題があること、以前と比べて株式市場が不安定化していること、既存の株式ファン

エマージングリスクの検討状況-昨今の動きと北米での意識調査の概要

エマージングリスクの検討状況-昨今の動きと北米での意識調査の概要 | ニッセイ基礎研究所 エマージングリスクの検討状況-昨今の動きと北米での意識調査の概要 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 安井 義浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら エマージングリスクについては、それを特定し、さらに顕在化した際の対応策を考えるべく、世界規模でいくつかの研究機

2014年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込み

2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込み | ニッセイ基礎研究所 2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込み 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫去る1月31日に2014年度に向けた年金の改定率が発表された。名目額では0.7%の減額だが、実質的には1.0%の削減となっている。15年度は消費税率引上げの影響に特例水準の解消とマクロ経済スライドの開始が加わり、名目では0.3%の増額だが、実質的には1.7%の削

2014年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

公的年金は水のようなもの

公的年金は水のようなもの | ニッセイ基礎研究所 公的年金は水のようなもの 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 北村 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 公的年金の特徴の一つは、死亡するまで年金が受け取れる「終身年金」であることです。もし、自分だけで老後のお金を貯めているとすれば、予想以上に長生きした場合にお金を使い果たしてしまうかもしれませ

中国経済:市場の発する信号に耳をすませば

中国経済:市場の発する信号に耳をすませば | ニッセイ基礎研究所 中国経済:市場の発する信号に耳をすませば 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 成長目標が「7.5%前後」に設定されたことで、2014年の成長率が7%を割り込むとの見方は少ない。しかし、中国経済は多くのリスク要因を抱えており、政策運営の誤りなどで経済が悪循環に陥る可

2014年3月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ

家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎2013年12月の消費者物価(生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比1.3%となったが、家計が直面している物価上昇率はそれよりも高い。市場の注目度が高いコアCPIには、家計が購入している生鮮食品が除かれ

家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ

家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ | ニッセイ基礎研究所 家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎2013年11月の消費者物価(生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比1.2%となったが、家計が直面している物価上昇率はそれよりも高い。市場の注目度が高いコアCPIには、家計が購入している生鮮食品が除かれている一方、家計が実際には支出していない持家の帰属家賃が含まれている。家計が実際に購入している

高齢社会エキスパートの輩出-第1回高齢社会検定試験の実施結果報告-

高齢社会エキスパートの輩出-第1回高齢社会検定試験の実施結果報告- | ニッセイ基礎研究所 高齢社会エキスパートの輩出-第1回高齢社会検定試験の実施結果報告- 生活研究部 主任研究員 前田 展弘現代社会に不可欠な「三大スキル」と言えば、「英語」「ICT」、そして「高齢社会」に関する知識と言われている。高齢社会の知識はこれからの社会、まちづくり、企業における商品サービス開発等、社会・生活を取り巻くあらゆることを考えていく上で、必須の知識となっている。このことはジェロントロジー(高齢社会総合研究)

公的年金財政の仕組みと注目点-今年公表予定の「財政検証結果」を読み解くための基礎知識

公的年金財政の仕組みと注目点-今年公表予定の「財政検証結果」を読み解くための基礎知識 | ニッセイ基礎研究所 公的年金財政の仕組みと注目点-今年公表予定の「財政検証結果」を読み解くための基礎知識 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫今年は、5年に1度の「公的年金財政検証」の年にあたります。本稿では、財政検証結果の公表に先駆けて、公的年金財政の仕組みを概説します。また、前回の財政検証時に公表されたプレスリリース資料を見ながら、財政検証結果のどこに注目すべきかを確認しま

年金改革ウォッチ:2013年12月~ポイント解説:積立金運用の見直し

年金改革ウォッチ:2013年12月~ポイント解説:積立金運用の見直し | ニッセイ基礎研究所 年金改革ウォッチ:2013年12月~ポイント解説:積立金運用の見直し 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫1 ―― 先月までの動き次回の財政検証に向けた議論など、各委員会や部会は検討事項について意見交換を行いました。2 ―― ポイント解説:積立金運用の見直し先月、「公的・準公的資金の運用・リスク管理等の高度化等に関する有識者会議」が報告書をまとめました。本稿では公的年金に関

消費者物価(全国13年10月)~4年5ヵ月ぶりに物価上昇品目数が下落品目数を上回る

消費者物価(全国13年10月)~4年5ヵ月ぶりに物価上昇品目数が下落品目数を上回る | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年10月)~4年5ヵ月ぶりに物価上昇品目数が下落品目数を上回る 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・米国型コアCPIが5年ぶりの上昇・4年5ヵ月ぶりに物価上昇品目数が下落品目数を上回る・コアCPIは年度末まで1%台の伸びが続く見込み総務省が11月29日に公表した消費者物価指数によると、13年10月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比0.9

日本の株式市場でPBRが効かなくなったワケ

日本の株式市場でPBRが効かなくなったワケ | ニッセイ基礎研究所 日本の株式市場でPBRが効かなくなったワケ 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾日本の株式市場では、以前と比べてPBRの効きが悪い状態が続いており、ファンドマネージャーを悩ます一因となっている。調べてみると外国人の売買シェアや売買動向と密接な関連がありそうだ。今後PBR効果が復活するかどうか、考え方を整理した。 金融研究部チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

年金改革ウォッチ:2013年11月 ~ ポイント解説:国民年金保険料の徴収強化

年金改革ウォッチ:2013年11月 ~ ポイント解説:国民年金保険料の徴収強化 | ニッセイ基礎研究所 年金改革ウォッチ:2013年11月 ~ ポイント解説:国民年金保険料の徴収強化 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1 ―― 先月までの動き社会保障改革国民会議の報告書を受けて、社会保障審議会年金部

消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る

消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・コアCPI上昇率は0.1ポイント縮小・物価上昇の裾野が広がる・コアCPI上昇率は1%程度まで拡大へ総務省が10月25日に公表した消費者物価指数によると、13年9月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比0.7%(8月:同0.8%)と4ヵ月連続のプラスと

2013年10月17日東京大学フィードバック数:0ライフスタイル

在宅医療と介護の連携のための情報システムの共通基盤のあり方に関する調査研究事業

GLAFS/IOG主催 国際交流特別セミナー開催のお知らせ<7月28日(木)IOG/GLAFS主催 国際交流特別セミナー「高齢期・超高齢期のウェルビーイングを考える:心理、社会、コミュニティからのアプローチ」を開催します> ミシガン大学教授で、世界の高齢者研究をおもに心理学の立 […]第4回高齢社会検定試験の受付が始まりました第4回高齢社会検定試験の受付が始まりました 一般社団法人高齢社会検定協会(会長:小宮山宏 代表理事:秋山弘子)が東京大学高齢社会総合研究機構の先生方の協力を得ながら2013

割引率の水準で異なる金利上昇リスクへの対応

割引率の水準で異なる金利上昇リスクへの対応 | ニッセイ基礎研究所 割引率の水準で異なる金利上昇リスクへの対応 金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長 梅内 俊樹超低金利が続くなか、運用利回りの向上を目指す上では将来的な金利上昇に備えた国内債券運用が欠かせない。しかし今期末から始まる会計上の積み立て不足の即時認識を意識すると、単純には金利上昇に対応しにくい面もある。個々の実情に見合った戦略の検討が欠かせない。 金融研究部年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長 研究・

高齢者雇用政策の展望 ~ 生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて

高齢者雇用政策の展望 ~ 生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 高齢者雇用政策の展望 ~ 生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて高齢者雇用政策の展望 ~ 生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて 生活研究部 主任研究員 前田 展弘私たち一人ひとりが、“いつまで働くか”、“高齢期にどのように活躍し続けるか(活躍し続けられるか)”というテーマは、個人の人生設計において大きな問題であると同時に、社会にとってもこれからの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ