調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 高齢者世帯

「高齢者世帯」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

介護予防・生活支援サービス市場の市場規模予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング介護予防・生活支援サービス市場の市場規模予測 高齢者を対象とした介護予防・生活支援サービスの市場規模は、• 2014年に6千8百億円の見通し。団塊の世代が75歳を迎える2025年には1兆3千億円に迫る• 外出支援サービスや在宅配食サービス、運動機能訓練などの機能向上サービスが市場を牽引 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、介護予防と生活支援サービス市場に関する

2015年6月14日内閣府★★フィードバック数:0社会/政治

白書です。

平成27年版高齢社会白書

平成27年版高齢社会白書(全体版)(PDF形式) 平成27(2015)年版高齢社会白書に記載誤りがありました。平成27年正誤表(PDF形式:373KB)利用者の皆様にはご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。本ホームページには準備ができ次第、修正後の内容を記載いたします。平成26年度 高齢化の状況及び高齢社会対策の実施状況(1)死亡率の低下による65歳以上人口の増加(1)今後半世紀で世界の高齢化は急速に進展(2)我が国は世界で最も高い高齢化率である第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向

生活保護受給世帯増加の主因-貧困の連鎖を断ち切るためにも「就労支援」への取組強化を-

生活保護受給世帯増加の主因は?-貧困の連鎖を断ち切るためにも「就労支援」への取組強化を- | ニッセイ基礎研究所 生活保護受給世帯増加の主因は?-貧困の連鎖を断ち切るためにも「就労支援」への取組強化を- 生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 7月半ばに公表された「平成25年 国民生活基礎調査の概況」によれば、我

2014年6月15日内閣府★★★フィードバック数:0社会/政治

白書です。

平成26年版高齢社会白書

平成26年版高齢社会白書(全体版)(PDF形式)平成25年度 高齢化の状況及び高齢社会対策の実施状況(1)今後半世紀で世界の高齢化は急速に進展(2)我が国は世界のどの国も経験したことのない高齢社会を迎えている第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向(1)高齢者のいる世帯は全体の4割、そのうち「単独」・「夫婦のみ」世帯が過半数(4)女性の有配偶率は5割弱だが上昇傾向(1)暮らし向きに心配ないと感じる高齢者は約7割(2)高齢者世帯は、世帯人員一人当たりの年間所得が全世帯平均と大きな差はなく、約7

2013年11月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「右肩上がりの日本経済」はまだある

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 下図は、65歳以上人口、単独世帯数、世帯主が65歳以上の世帯数、現金による社会保障給付額、現物社会給付額、平均寿命(男女別)のこれまでの推移と、一部については予測を描いたものである。いずれもこれまで増加を続け、今後も基本的にある程度の期間は増加を続けるものと予測されている。こうしたグラフを見るたびに、社会保障支出の増大による財政赤字が大変、世帯当たり消費支出が比較的少ない高齢層が増える、などといった悲

2013年10月16日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計調査ニュース 平成25年10月号

総務省統計局総務省統計局統計調査ニュース323No.平成 25 年(2013)10 月「統計の日(10月18日)」∼統計データは社会の重要な基盤∼総務省政策統括官(統計基準担当)  平山国民の皆様が統計の重要性に対する関心と理解を深め,統計調査へより一層協力いただくことを目的に毎年10月18日を「統計の日」(昭和48年7月3日閣議了解)と定めています。10月18日が「統計の日」となったのは,我が国の最初の近代的統計である「府県物産表」の作成を命じる太政官布告が出された太陰暦明治3年9月24日が,

2013年4月8日第一生命保険★フィードバック数:2マーケティング

シニアの消費についてのレポートです。

今後も期待される高齢者消費 ~将来不安を軽減させる社会保障改革が高齢者消費の鍵に~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:今後も期待される高齢者消費発表日:2013年4月4日(木)~将来不安を軽減させる社会保障改革が高齢者消費の鍵に~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)(要旨)○ 2012 年は輸出が伸び悩む中で、内需とくに消費の底堅さが目立った 1 年だった。この背景には高齢者消費がある。規模が大きい上、その伸び率も高く、高齢者は消費の主役になった。○ 高齢者消費をみると、高齢化によって人数が増えているだ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ