「魚介類」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月23日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 魚介類・魚料理(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 魚介類・魚料理 】に関するアンケート調査(第2回)魚料理が好きな人は8割弱。魚介類を食べるように意識している人は6割強、女性や高年代層で高い マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、2回目となる『魚介類・魚料理』に関するインターネット調査を2016年12月1日〜5日に実施し、10,747件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 ■魚介類の料理が好きな人は8割弱。魚介類を

2016年3月15日日本政策金融公庫★★フィードバック数:0マーケティング

約3割がインターネット通販で農林水産物等を購入~米、魚介類が主体、今後は肉類などの購入も増加の可能性~<平成27年度下半期消費者動向調査>

約3割がインターネット通販で農林水産物等を購入~米、魚介類が主体、今後は肉類などの購入も増加の可能性~<平成27年度下半期消費者動向調査>

2015年4月23日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 缶詰の利用(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間の缶詰利用者は全体の8割弱。「魚介類の素材缶詰」「魚介類の味付缶詰」「野菜の缶詰」「フルーツの缶詰」などが上位。「魚介類の味付缶詰」は北海道、東北、九州などで高い 缶詰利用頻度は「月に2〜3回程度」「月に1回程度」がボリュームゾーン。缶詰利用者のうち「夕食」に利用する人が7割強、「昼食」「朝食」「品数を増やしたい、もう一品ほしい」「お酒のおつまみ」に利用する人が各2〜3割 常備している缶詰は「ツナ、まぐろ類」が利用者の6割弱、「さ

2014年12月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム お歳暮(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ今年お歳暮を贈る人は4割強で「2〜3件」がボリュームゾーン。贈る理由は「感謝の気持ちを表すため」が最も多い 今年のお歳暮の内容は「お菓子・デザート・アイス類」「ビール類」「加工肉」「魚介類、水産加工品」などが上位。もらって嬉しいものは「商品券」が最も多い お歳暮の購入場所は「百貨店の店頭」「総合スーパーの店頭」に続き、「オンラインショッピングサイト」が多い お歳暮選定時の重視点は「相手の好み」が最も多く、「相手の家族構成」「相手が楽しみにし

2014年10月24日厚生労働省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度食品からのダイオキシン類一日摂取量調査等の調査結果について

平成25年度食品からのダイオキシン類一日摂取量調査等の調査結果について平成25年度食品からのダイオキシン類一日摂取量調査等の調査結果について  我が国の平均的な食生活における食品からのダイオキシン類の摂取量の推計や個別食品における汚染実態を把握するため、従来より、国立医薬品食品衛生研究所を中心に調査を行い、その結果を公表してきたところです。今般、平成年度の調査結果が取りまとめられましたので、お知らせします。 平成年度における食品からのダイオキシン類の一日摂取量は、日)と推定され、日本における

2014年10月1日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 精肉類・肉料理

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ肉類の料理が好きな人は9割弱。肉類の料理を食べる頻度は「週4〜5回」「週2〜3回」がボリュームゾーン 食事で、魚介類より肉類の方を食べることが多い人は6割弱、魚介類の方を食べることが多い人は2割弱。50代以上では、肉より魚介類を食べることが多いという人が、他の年代よりも多い 肉類購入時の重視点は「価格」「国産かどうか」がトップ2。以下「賞味期限・消費期限」「種類、部位」「鮮度」などが続く 肉のイメージは「おいしい」「スタミナがつく「カロリー

2014年9月23日鳥取県フィードバック数:0社会/政治

有害赤潮への対応と被害状況

・数百細胞/mlを超えると魚介類(魚類、巻貝(アワビ、サザエ)、甲殻類等)の斃死を引き起こす危険性がある。なお、人体への影響は報告されていない。 ・日中は海面表層付近で見られるが、夕方には沈降するため、水面から見えなくなる。 ・本県では、H17年9月に県中部海域に漂着し、アワビ、サザエ等に甚大に被害が発生した。

2014年8月1日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

都民の化学物質等摂取状況の調査

都民の化学物質等摂取状況の調査結果について 化学物質保健対策分科会※1を開催しました平成26年7月30日福祉保健局 都は、環境中の有害化学物質などから都民の健康を守るため、様々な化学物質などのばく露量等について調査を行っています。東京都環境保健対策専門委員会化学物質保健対策分科会において平成25年度の調査結果の検討を行いましたので、結果をお知らせします。1 通常の食事からの化学物質等摂取量(推計)は、耐容一日摂取量※2等を下回った。今回調査した有機リン系農薬23種、ネオニコチノイド系農薬10種に

魚についての調査です。

魚食文化に関する調査

マルハニチロ株式会社 広報IR部〒135-8608 東京都江東区豊洲 3-2-20Tel 03-6833-0826Fax 03-6833-0506報道関係者 各位2014 年 4 月 24 日~マルハニチロ、「魚食文化に関する調査」~《 魚食文化の実態 》~~ 魚を食べる頻度・調理する頻度 ~~ 魚介類を食べる『週に 4 日以上』5 人に 1 人、魚介類を調理する『週に 1 日以上』4 割半 ~~ 魚介類・魚介料理、よく食べるものや好きなものは ~~ ふだんよく食べる魚介類 4 人に 3 人が「

魚介類用飼料関連技術、特許総合力トップ3は日本水産(ニッスイ)、水産総合研究センター、林原

魚介類用飼料関連技術、特許総合力トップ3は日本水産(ニッスイ)、水産総合研究センター、林原 弊社はこのほど、日本に出願された魚介類用飼料関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 近年は、養殖が困難とされていた「うなぎ」などの魚介類で養殖が成功し、特に「クロマグロ」に関しては、2002年に近畿大学が卵からの完全養殖に成功しています。現在は「近大マグロ」として、豊田通商の協力により商業化が開始されるなど、今後

2013年12月8日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

「鍋」に関するアンケート

「鍋」に関するアンケート結果を発表 →鍋料理が好きな人は89.6% →好きな鍋料理は、1位:すき焼き 2位:水炊き 3位:チゲ鍋 株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:稲垣佳伸)、モラタメ事業部では、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケートASP』を利用し、全国の『モラタメ.net®』会員のうち22歳~69歳の男女を対象に「鍋」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は2013年11月8日(金)~2013年11月9日(土)。有効回答は1,030人から得ました

2013年10月1日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 半調理品

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ料理での半調理品利用者は全体の5割強、自分で料理をする人の7割弱。「味付け済みの魚介類」「下ごしらえ済み魚介類」「加熱前の状態に成形した肉類」「味付け済みの肉類」が各3割。購入頻度は「週2〜3回」「週1回」「月2〜3回」がボリュームゾーン 半調理品利用理由は「料理の時間が短縮できる」「面倒な下ごしらえをしなくていい」が各6〜7割で上位2位、「手間のかかる料理が手軽にできる」が続く 半調理品利用意向者は全体の半数弱、女性30代以上では7割弱。

2013年8月9日東京都フィードバック数:0社会/政治

都民の化学物質等ばく露状況

都民の化学物質等ばく露状況の調査結果について 化学物質保健対策分科会※1を開催しました平成25年8月7日福祉保健局 都は、環境中の有害化学物質などから都民の健康を守るため、様々な化学物質などのばく露量等について調査を行っています。東京都環境保健対策専門委員会化学物質保健対策分科会において平成24年度の調査結果の検討を行いましたので、結果をお知らせします。1 通常の食事からのダイオキシン類摂取量(推計)は、耐容一日摂取量※2を下回った。通常の食事から取り込まれるダイオキシン類一日摂取量は、0.75

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0マーケティング

ネットショッピングをしていますか?(2005/10)

【第106回】アンケート結果:2005年10月12日〜10月18日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)8,940人 Windows 95が発売され、日本のインターネット元年と言われた1995年から早10年が経過し、もはやインターネットは私たちの生活に欠かせないツールとなりました。と同時に、ここ最近では「ネットショッピング」への抵抗感も以前に比べ薄らいでいるようです。そこで今回は、急増したと言われるネットショッピングの利用実態についてお尋ねしました。約9割がネットショッピング

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0マーケティング

ネットショッピングを利用していますか?(2009/11)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査インターネットの普及は、私たちの生活に劇的な変化をもたらしました。日本全国はもちろん、海外で販売している商品でさえも、自宅に居ながら簡単に手に入れられる「ネットショッピング」は、忙しい現代人にとって欠かせない存在になりつつあります。そこで今回は、皆さんに日ごろのネットショッピングの利用状況に

2013年6月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 魚介類・魚料理

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ全体の約4分の3は魚介類の料理が好きと回答。魚介類の料理を食べる頻度は「週2〜3回」が約半数でボリュームゾーン。20代が最も食べる頻度が低い。食べる頻度を今後増やしたい人は全体の半数強。ファストフィッシュの認知率は全体の約4分の1 魚介類を食べる人の、よく食べる魚介類の加工品は「缶詰」「干物」「練り製品/かまぼこ類」「調理した魚介類」「かつお節、削り節」「煮干品」の順で多い。北海道、東北では「塩辛類」「塩蔵品」などが多い。よく食べる魚介類の

2013年1月14日ドゥ・ハウスフィードバック数:8ライフスタイル

「冬の味覚」に関する調査結果

「冬の味覚」に関する調査結果を発表1位は『みかん』、2位が『牡蠣』、3位には『カニ』がランクイン 株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役:稲垣佳伸)では、自社のネットリサーチサービス『myアンケートlight』にて20代~60代の男女を対象に、「冬の味覚」に関するアンケートを実施いたしました。調査期間は2012年11月30日(金)~2012年12月4日(火)。有効回答は2,095名から得られました。■調査結果サマリー「冬の味覚」と聞いて思い浮かべるもの上位3つを選んでもらったところ、全

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ