「鳥取県」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年9月25日NTTタウンページフィードバック数:0大型消費/投資

日本一スポーツクラブが多いのは、自然が豊かなあの県に!

ニュースリリース・お知らせ日本一スポーツクラブが多いのは、自然が豊かなあの県に!~都道府県別人口10万人当たりのTOP3は鳥取県、長野県、滋賀県~平成27年9月25日NTTタウンページ株式会社 NTTタウンページ株式会社(代表取締役社長:岡田 昭彦、本社:東京都港区虎ノ門3-8-8)は、タウンページデータベース(職業別電話帳データ)を活用してさまざまなマーケティング情報を提供しており、自社が運営する商品紹介サイト tpdb.jp では、毎月独自の都道府県ランキングを発表しています。東京オリンピッ

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

鳥取県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015年6月2日特別企画 :鳥取県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査 休廃業・解散は170件、倒産件数の10.6倍に〜代表者年齢、60歳以上が3年連続で7割超〜 鳥取県の2014年度の企業倒産は、件数が2年連続で減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

山陰地区 2015年度の雇用動向に関する企業の意識調査

2015/3/27山陰地区 2015年度の雇用動向に関する企業の意識調査正社員「採用ある」63.5%、2年ぶりに6割超える〜 人手不足、企業間格差を助長か 〜はじめに消費税率が8%へ引き上げられてから、まもなく1年を迎えるが、国内消費は持ち直しの動きが強まりつつある。上場企業の2015年3月期決算では7年ぶりに過去最高益を更新する見通しとなるなど、大手の業績回復が鮮明となり、中小企業へも波及しつつある。今年1月の有効求人倍率(季節調整値)は、島根県が1.16倍、鳥取県が1.03倍となった。ともに

2013年3月18日NTTレゾナントフィードバック数:7ライフスタイル

スタバあるあるランキング

世界中にどんどん店舗が拡大しているスターバックスは“スタバ”の愛称で日本でも大人気。47都道府県でスタバがないのは島根県と鳥取県のみでしたが、3月27日にはついに島根県の松江にもオープンするそう。どこに旅行しても同じおいしさのコーヒーが飲めるのはうれしいですよね。そんな人気のスタバで「あるある」と思うことをみなさんに聞いてみました。1位に選ばれたのは《店内に充満したコーヒーの良い香りに癒される》でした。お店のドアを開けた瞬間のあの香りがたまらなく好き、という人が多いよう。臭覚は記憶と深く結びつい

2012年4月2日国土交通省フィードバック数:2大型消費/投資

共通基準による観光入込客統計 ~平成23年7-9月期について、18県の結果がまとまりました~

共通基準による観光入込客統計 ~平成23年7-9月期について、18県の結果がまとまりました~ 最終更新日:2012年3月30日各都道府県では、平成22年4月より順次「観光入込客統計に関する共通基準」を導入し、客観的な信頼性の高い観光入込客統計調査を実施しています。 今回は、3月末現在でとりまとめた、平成23年7-9月期の結果について発表します。○ 新たに北海道、栃木県、石川県、山梨県、和歌山県、鳥取県、広島県、熊本県から報告があり、18県分がまとまりました。※ 四半期ごとの集計結果については速報

2012年2月1日国土交通省フィードバック数:5大型消費/投資

共通基準による観光入込客統計~平成23年4-6月期について、14県の結果がまとまりました~

共通基準による観光入込客統計~平成23年4-6月期について、14県の結果がまとまりました~ 最終更新日:2012年1月31日各都道府県では、平成22年4月より順次「観光入込客統計に関する共通基準」を導入し、客観的な信頼性の高い観光入込客統計調査を実施しています。 今回は、1月末現在でとりまとめた、平成23年4-6月期の結果について発表します。 ○ 岩手県、秋田県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、静岡県、愛知県、三重県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県から報告があり、14県分がまとまりました

2011年12月27日ウェザーニューズフィードバック数:27ライフスタイル

日本の風邪事情

 発行日 : 2011年12月27日 「日本の風邪事情」調査結果発表あなたは熱が何℃になったら会社・学校を休む? 日本人が風邪で休むボーダーラインは平均37.9℃ ・ この1年で風邪をひいた回数は全国平均2.3回 / 最も多いのは富山県で2.8回・ 風邪が完治するまでの日数は全国平均4.7日 / 完治まで最も時間がかかるのは青森県民で5.4日・ 風邪の治療方法、半数近くが“ひどくなってから病院へ”・ 風邪になって嬉しいこと、10人に1人は“学校・会社を休める”・ 過去に仮病を使った回数は全国平

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ