「黒田日銀」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

黒田日銀2年間、大きな第一歩だが道のりはまだまだ長い

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>5月2日(火)20:00 ~ 5月3日(水)12:00(予定)

2014年3月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

期待マネジメントに挑む黒田日銀~4月以降夏場にかけての追加緩和を予想~

期待マネジメントに挑む黒田日銀~4月以降夏場にかけての追加緩和を予想~

2013年12月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円安圧力、米金融緩和は「終わりの始まり」 ~黒田日銀に追い風~

円安圧力、米金融緩和は「終わりの始まり」 ~黒田日銀に追い風~

2013年9月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

フォワード・ガイダンスの可能性(上編) ~黒田総裁の量的・質的緩和の時間軸効果は異質~

BOJ Watching日本銀行分析レポートフォワード・ガイダンスの可能性(上編)発表日:2013年9月17日(火)~黒田総裁の量的・質的緩和の時間軸効果は異質~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)7・8 月と相次いでECBとBOEがフォワード・ガイダンスを導入した。時間軸政策の元祖は日銀であるが、当の日銀は別の路線を走っている。フォワード・ガイダンスは、イールドカーブを極力押し下げることを通じて、長期金利低下を促すことを目的としている。量的緩和やインフレ

2013年5月15日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

出口論を封じる黒田総裁への注文 ~「議論するのはまだ早い」論の誤り~

BOJ Watching日本銀行分析レポート出口論を封じる黒田総裁への注文発表日:2013年5月14日(火)~「議論するのはまだ早い」論の誤り~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)黒田日銀総裁は、出口論について質問されると「議論するのはまだ早い」と応じる。しかし、出口論を考えておくことには意義がある。なぜならば、インフレ目標が成功したときには、長期金利と物価上昇がリンクする関係へと移行して、今までのように長期金利の安定を維持できなくなる可能性があるからだ。

2013年4月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

金融政策決定会合(4月3・4日)~レジームチェンジを印象付けた黒田日銀~

金融政策決定会合(4月3・4日)~レジームチェンジを印象付けた黒田日銀~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ