「黒田総裁」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

たまにしか注目されないけれど、侮れない“実質実効レート”

たまにしか注目されないけれど、侮れない“実質実効レート” | ニッセイ基礎研究所 たまにしか注目されないけれど、侮れない“実質実効レート” 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志6月10日の衆議院財務金融委員会において黒田日銀総裁の発した言葉が為替市場を揺るがした。「実質実効為替レート(以下、実質実効レート)について、さらに円安になることはありそうにない」という発言だ。市場では、この発言が黒田総裁による“円安けん制”と受け止められ、直前に125円付近にあったドル円レートは一気に122円台へ

2015年6月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

黒田総裁は円安の是正に動いたのか? ~国会における為替レートへの言及の意図~

黒田総裁は円安の是正に動いたのか? ~国会における為替レートへの言及の意図~

2014年6月6日野村総合研究所フィードバック数:0社会/政治

生産年齢人口と金融政策

黒田総裁が指摘する経済の需給ギャップ縮小は、需要拡大の他に供給側の制約が強まることでも起きうる。日本では現在、団塊の世代が65歳前後に達しており、そうした人口要因が労働市場に影響を与えている可能性がある。需給ギャップがほぼ均衡した要因は何か 日銀の追加緩和を巡って、市場の思惑が錯綜している。そうしたなか、黒田日銀総裁は4月8日の記者会見で「追加緩和については、現時点では考えていません」と述べたことから追加緩和への市場の期待が後退し、一時大きく円高・株安が進んだ。 会見の内容を見ると、黒田総裁が追

2014年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

決定会合、労働需給圧力に自信 ~微調整だった展望レポート~

BOJ Watching日本銀行分析レポート決定会合、労働需給圧力に自信発表日:2014年4月30日(水)~微調整だった展望レポート~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)展望レポートが発表されて、2013・2014 年度の経済成長率以外はほとんど変更がなかった。新しく示された 2016年度は消費者物価の前年比 2.1%を見込んでいる。2%の物価上昇は、「見通し期間の中盤頃」、すなわち 2015 年度に達成されるというシナリオである。消費税増税後の様子をみな

2014年3月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年3月(日本)

平成 26 年(2014 年)3 月 28 日消費税率引き上げを前にアベノミクス効果が家計部門に波及1.実体経済の動向アベノミクスの効果が拡がりをみせつつある。実体経済面では、企業収益の改善が続いており、2013 年 10-12 月期の経常利益は前年比+26.6%と大きく増加した。そして、企業収益の改善は、賃金の引上げを通じて、家計部門に波及しつつある。今年の春闘では、多くの企業が前年を上回る賃上げを表明、連合の集計によると、3 月 24 日時点の賃金引上げ率は 2.2%と 2013 年実績を

2013年9月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

フォワード・ガイダンスの可能性(上編) ~黒田総裁の量的・質的緩和の時間軸効果は異質~

BOJ Watching日本銀行分析レポートフォワード・ガイダンスの可能性(上編)発表日:2013年9月17日(火)~黒田総裁の量的・質的緩和の時間軸効果は異質~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)7・8 月と相次いでECBとBOEがフォワード・ガイダンスを導入した。時間軸政策の元祖は日銀であるが、当の日銀は別の路線を走っている。フォワード・ガイダンスは、イールドカーブを極力押し下げることを通じて、長期金利低下を促すことを目的としている。量的緩和やインフレ

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 黒田総裁は「躊躇なく調整する」と言っている。バーナンキ議長は「縮小もありうる」と言っている。

GlobalMarket Outlook 黒田総裁は「躊躇なく調整する」と言っている。バーナンキ議長は「縮小もありうる」と言っている。

2013年6月14日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

長期金利と黒田総裁 ~6月11日の決定会合は現状維持~

長期金利と黒田総裁 ~6月11日の決定会合は現状維持~

2013年5月15日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

出口論を封じる黒田総裁への注文 ~「議論するのはまだ早い」論の誤り~

出口論を封じる黒田総裁への注文 ~「議論するのはまだ早い」論の誤り~

2013年5月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

インフレ目標導入後初の展望レポート ~物価見通しよりも決意表明の数字~

BOJ Watching日本銀行分析レポートインフレ目標導入後初の展望レポート発表日:2013年4月26日(金)~物価見通しよりも決意表明の数字~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)黒田総裁になって初めての展望レポートが発表された。今回は、インフレ目標を導入してから初めての展望レポートでもある。注目点は、2015 年度の消費者物価が+1.9%と高めの数字となっているところだ。実質成長率の見通しも 2014 年度+1.4%と消費税の反動を勘案すると高すぎる。

2013年3月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013年3月日銀短観の予測 ~黒田総裁は景気改善のトレンドに乗りスタート~

Economic Trends経済関連レポート2013年3月日銀短観の予測発表日:2013年3月21日(木)~黒田総裁は景気改善のトレンドに乗りスタート~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)短観 3 月調査は、大企業・製造業の業況 DI が前回比+4 ポイント改善すると予想する。円安進行に伴って、企業収益を巡る環境改善が、企業マインドを好転させているとみられる。次回短観では、2013 年度の売上・収益計画が初めて発表され、それらは前向きな数字として評価され

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ