「14ヶ月連続」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年9月6日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2016年7月分)

1.2016年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の7月国内出荷金額は1,088億円(前年比100.3%)となった。分野別に見ると、映像機器は510億円(前年比101.9%)となった。オーディオ関連機器は68億円(前年比64.5%)となった。カーAVC機器は510億円(前年比106.4%)となった。 薄型テレビ計は374千台(前年比102.6%)となった。サイズ別は、29型以下が71千台(同74.3%)、30〜36型が109千台(同93.3%)、37〜49型が127千台(同

2015年9月18日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2015年8月分)

1.2015年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の8月国内出荷金額は898億円(前年比108.7%)と2ヶ月連続でプラスとなった。分野別に見ると、映像機器は482億円(前年比114.3%)と2ヶ月連続でプラスとなった。音声機器は61億円(前年比122.9%)と2ヶ月連続でプラスとなった。カーAVC機器は355億円(前年比100.03%)と16ヶ月ぶりのプラスとなった。 2.2015年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は330千台(前年比

2015年8月25日JEITAフィードバック数:0社会/政治

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2015年7月分)

2015年7月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 7月の概況○出荷台数は45万4千台(前年比67.8%)となった。うちデスクトップ:12万5千台(同64.5%)、ノート型:32万9千台(同69.1%)であった。ノート型比率は72.5%であった。○出荷金額は409億円(前年比76.2%)となった。うちデスクトップ:112億円(同69.1%)、ノート型:297億円(同79.3%)であった。旧OSリプレースの反動

2015年7月24日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2015年6月分)

1.2015年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の6月国内出荷金額は1,089億円(前年比96.6%)と15ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は568億円(前年比98.6%)と2ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は55億円(前年比82.0%)と7ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は466億円(前年比96.3%)と14ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2015年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は421千台(前

2015年6月24日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷統計(2015年5月分)

1.2015年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の5月国内出荷金額は859億円(前年比89.5%)と14ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は453億円(前年比92.7%)と3ヶ月ぶりのマイナスとなった。音声機器は49億円(前年比69.8%)と6ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は356億円(前年比89.2%)と13ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2015年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は322千台(前年比

2015年2月11日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年1月度の三大都市圏募集時平均時給

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 2015年1月度の三大都市圏募集時平均時給は、14ヶ月連続で前期比プラスに。「エン派遣のお仕事情報」募集時平均時給レポート(2015年1月) 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する全国の派遣情報集合サイト「エン派遣のお仕事情報」()では、サイトに掲載されたすべての職種(※)の求人情報をエリア別(※)に集計し、募集時の平均時給分析を行っております。2015年1

2014年11月24日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷統計(2014年10月分)

1.2014年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の10月国内出荷金額は976億円(前年比83.2%)と7ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は486億円(前年比91.2%)と4ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は59億円(前年比52.3%)と7ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は432億円(前年比81.7%)と6ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2014年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は337千台(前年比

2014年7月30日三菱自動車工業フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年6月度、2014年1~6月 生産・販売・輸出実績

三菱自動車 2014年6月度、2014年1~6月 生産・販売・輸出実績 (注)海外生産台数…従来統計に含めていた中国での現地ブランド車を2012年4月の統計より除いています。< 国内生産 >2014年6月・・・2013年5月以来、14ヶ月連続前年比増( 前年比118.6% )< 国内販売 >2014年6月・・・2013年10月以来、8ヶ月ぶり前年比減( 前年比71.0% ) 当社シェア*:2.5%( 前年同月:3.6% ) *含.軽自動車及び輸入車< 輸出出荷 >2014年6月・・・2014年4

2014年2月21日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2014年1月分)

1.2014年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の1月国内出荷金額は1,145億円(前年比126.0%)と2ヶ月ぶりにプラスとなった。分野別に見ると、映像機器は519億円(前年比122.9%)と2ヶ月ぶりにプラスとなった。音声機器は89億円(前年比95.5%)と14ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は536億円(前年比136.5%)と6ヶ月連続でプラスとなった。 2.2014年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は416千台(前

2013年8月27日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2013年7月分)

1.2013年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の7月国内出荷金額は1,092億円(前年比87.2%)と24ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は492億円(前年比80.7%)と24ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は75億円(前年比84.9%)と8ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は524億円(前年比94.9%)と13ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2013年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は375千台

2012年10月23日JEITAフィードバック数:1デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2012年9月分)

1.2012年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の9月国内出荷金額は1,205億円(前年比62.6%)と14ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は610億円(前年比48.2%)と14ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は63億円(前年比72.5%)と21ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は531億円(前年比93.1%)と3ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2012年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は427千台

2012年9月25日JEITAフィードバック数:1デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2012年8月分)

1.2012年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の8月国内出荷金額は1,073億円(前年比55.3%)と13ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は587億円(前年比43.9%)と13ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は70億円(前年比74.0%)と20ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は416億円(前年比81.5%)と2ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2012年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は397千台

2012年3月22日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2012年2月分)

1.2012年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の2月国内出荷金額は1,488億円(前年比64.1%)と7ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は742億円(前年比44.5%)と7ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は100億円(前年比99.0%)と14ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は646億円(前年比117.4%)と3ヶ月連続でプラスとなった。 2.2012年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は585千台(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ