「14歳」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月9日ワコール★フィードバック数:0社会/政治

『10歳キラキラ白書』2017年版

ココロもカラダも変わりはじめる“10歳”の女の子のイマを切り取る【2017年版】2017年3月発行10歳は女の子にとって、からだが変化し始める時期であり、「環境面」や「心理面」でも大きな変化を迎える時期です。さまざま情報が取り巻く中で、親世代との意識のギャップなども出てくる状況をふまえ、ワコールでは、子どもたちとその親世代に対しても正しい情報を届けていくことが重要ととらえ、10歳の女の子たちを見つめ、輝やかしい未来につながる大切な事を伝える「10歳の未来プロジェクト」としての活動を行っています。

2015年10月23日野いちごフィードバック数:0エンタテインメント

気になる!野いちごユーザのリアル徹底調査

気になる!野いちごユーザのリアル徹底調査結果レポートみんなに答えてもらったアンケートの結果を発表するよ♪ 野いちごは14歳と15歳の割合がとっても多いんです~! 意外といない派も多い!学校にイケメンいないのかなぁ笑 みんな仲間ですね!!3次元にいない人も合わせたら8割越えですがいいんです。学生だし。 ④出会いスポット?学校の屋上って入れる? 野いちごの小説だとよく屋上で出会ってない?と思って聞いてみたのですがリアルはやはりこうでした… 本能寺の変知らなくて、Youtubeで編集部一同

2015年5月7日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県のこどもの数(15歳未満人口)

新潟県のこどもの数は278,841人(県人口の12.2%)  平成27年4月1日現在の当県のこどもの数は278,841人で、前年に比べて 5,374人減少しました。県人口(平成27年4月1日 現在 2,298,888人)に占めるこどもの数の割合は12.2%で、前年に比べて0.1ポイント低下しました。男女別では、男性が142,911人、女性が135,930人で男性が6,981人多く 、性比(女性100人に対する男性の比率)は105.1で、 前年に比べて0.2ポイント低下しました。年齢階級別にみると

2014年5月7日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県のこどもの数(15歳未満)

新潟県のこどもの数は284,215人(県人口の12.3%)  平成26年4月1日現在の当県のこどもの数は284,215人で、前年に比べて 5,052人減少しました。県人口(平成26年4月1日 現在 2,316,597人)に占めるこどもの数の割合は12.3%で、前年に比べて0.2ポイント低下しました。男女別では、男性が145,799人、女性が138,416人で男性が7,383人多く 、性比(女性100人に対する男性の比率)は105.3で、 前年に比べて0.1ポイント増加しました。年齢階級別にみると

2014年3月25日東京都フィードバック数:0社会/政治

「住民基本台帳による東京都の世帯と人口」(町丁別・年齢別)の概要―平成26年1月1日現在―

「住民基本台帳による東京都の世帯と人口」(町丁別・年齢別)の概要―平成26年1月1日現在―平成26年3月20日総務局 住民基本台帳に基づく区市町村ごとの年齢別人口及び町丁ごとの世帯数・男女別人口について、平成26年1月1日現在で取りまとめましたので、お知らせします。主な特徴老年人口(65歳以上)が人口総数に占める割合は21.55%となり、昭和32年の調査開始以来過去最高を更新日本人の被扶養層1人に対する働き手が1.9人となり、調査開始以来初めて2人を下回った人口総数平成26年1月1日現在の住民基

2013年12月10日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

生活の質や幸福についての調査です。

平成24年度「子どもを含む世帯を対象とする生活の質に関する世帯調査の設計」報告書

現在のページ: »»» 研究会報告書等 No.67 平成24年度「子どもを含む世帯を対象とする生活の質に関する世帯調査の設計」報告書 平成24年度「子どもを含む世帯を対象とする生活の質に関する世帯調査の設計」報告書概要平成25年2月から3月にかけて実施された「生活の質に関する調査(世帯調査:訪問留置法)」は、15歳以上を調査対象としている。これは、10~14歳の子どもを調査対象に含めた場合、調査方法や質問内容など、他の年齢層を対象とする調査とは異なる設計をする必要があると考えたためである。平成

2012年6月26日総務省★フィードバック数:7社会/政治

東北を中心に各地の転出入の状況がまとめられています。

東日本大震災発生から2年目の人口移動の状況

ここから本文です。平成24年6月25日総務省統計トピックスNo.60 東日本大震災発生から2年目の人口移動の状況−「住民基本台帳人口移動報告」平成24年3〜5月期結果から−総務省統計局では,東日本大震災発生から1年を経過した岩手県,宮城県及び福島県,平成23年結果において55年ぶりに転出超過となった千葉県,さらには3大都市圏について,24年3〜5月期の結果をとりまとめました。要約岩手県の転出超過は,ほぼ例年並み 宮城県は3〜5月期としては平成11年以来13年ぶりに転入超過 福島県は前年同期に引き

2012年6月19日ダイヤモンド社フィードバック数:300社会/政治

幼児人口は裾広がり 東京の子どもはなぜ増える?

東北大学の吉田博教授によると、およそ100秒に1人の速さで子どもの数が減っているという。2010年の日本の子ども人口(15歳未満)は、2000年に比べ167万人の減。ほぼ鹿児島県の人口に相当する。 ところが、過去10年間に子どもの数が増えた都道府県が2つある。1つは神奈川県の0.3%増。もう1つが東京都で、こちらは4%増。東京23区は、さらにこれを上回る5%増を示す。少子化が進む中にあって、東京そのものが子どもの増加が目立つ街なのだ。どっしり安定、東京の子ども 人口ピラミッド 日本の人口ピラミッ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ