「36協定」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

36協定に関する調査

連合調べ 「会社が残業を命じるためには36協定の締結が必要」...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 連合調べ「会社が残業を命じるためには36協定の締結が必要」 認知率は5割半ば、20代では半数を下回る結果に~36協定に関する調査2017~労働時間に対する社会的関心が高まる中、日本労働組合総連合会(略称:連合、所在地:東京都千代田区、会長:神津 里季生)は、「36協定」を周知する活動を行っています。その一環として、時間外労働の実態や36協定の締結状況、認知状況を把握す

36協定に関する調査2017

36協定に関する調査2017

2017年5月7日東京都★フィードバック数:0ビジネス

平成28年度 中小企業労働条件等実態調査「労働時間管理に関する実態調査」

ここから本文です。平成28年度 中小企業労働条件等実態調査「労働時間管理に関する実態調査」 結果がまとまりました労働時間制度の多様化とともに、フレックスタイムなど様々な働き方が広がっています。一方で、正社員を中心として、長時間労働は依然として大きな課題となっています。また、割増賃金の未払いや過重労働といった問題の背景として、労働時間が適切に把握されていないことが指摘されています。東京都では、こうした状況下で、労働時間やその管理の状況、また使用者や労働者の認識を把握するため、都内3,000事業所及

2015年2月18日産労総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

休暇や残業についての調査です。

2014年度 労働時間、休日・休暇管理に関する調査

人事・賃金・労務管理・人材開発に関する調査・研究・出版2014年度 労働時間、休日・休暇管理に 関する調査update:2015.02.16 人事労務分野の情報機関である産労総合研究所(代表・平盛之)は、このたび「2014年度労働時間、休日・休暇管理に関する調査」を実施しました。本調査は1982(昭和57)年よりほぼ2年おきに実施しています。 調査結果のポイント(1)年間所定労働時間、年間休日日数年間所定労働時間は、本社・事務部門1,889時間40分,営業・販売部門(外勤)1,879時間55分年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ