「ABS」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

『リセール・プライス』ランキング(対象期間2016年3月~5月)

バイク王 バイクライフ研究所『リセール・プライス』ランキングを発表!『スズキ・GSX-S1000 ABS』が首位を獲得!対象期間2016年3月~5月2016年7月1日 バイク王 バイクライフ研究所 バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動を行う『バイク王 バイクライフ研究所』(所在地: 東京都港区、所長: 澤篤史)は、2016年3月~5月の期間を対象に、『再び売却した際、高値の付くバイク』=『"リセール・プライス"の高いバイク』上位10車種を発表します。 『"

2014年10月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ディストレスファンド化するECB

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ディストレスファンド化するECBギリシャ、キプロスの資産担保証券(ABS)も条件付きで対象に 2014年10月3日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆10月2日、欧州中央銀行 (ECB) は定例の理事会を開き、政策金利である主要オペ金利を0.05%に据え置く決定をした。また同様に、上限政策金利である限界貸出金利および下限金利である中央銀行預金金利をそれぞれ0.3%、マイナス0.2

2014年10月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ECBの資産購入プログラム~最低2年実施。ただし数値目標は示さず~

みずほインサイト欧 州2014 年 10 月 3 日ECBの資産購入プログラム欧米調査部主席研究員最低 2 年実施。ただし数値目標は示さず03-3591-1219小野亮makoto.ono@mizuho-ri.co.jp○ 10月2日の欧州中央銀行(ECB)政策理事会は、金利政策を据え置くと共に、資産担保証券購入プログラム(ABSPP)とカバードボンド購入プログラム第3弾(CBPP3)の具体的内容を公表した。○ 貸出条件付きの新たな資金供給オペ(TLTRO)と足並みを揃え、上記プログラムは最低2

2014年9月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

期待外れのTLTRO第1弾 ~これで本格量的緩和に近づいた?~

EU Trends期待外れのTLTRO第1弾発表日:2014年9月19日(金)~これで本格量的緩和に近づいた?~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ TLTRO第1弾の利用額は826億ユーロと、予想レンジの下限(1,000億ユーロ)を下回った。第2弾と合わせて4,000億ユーロの利用上限に近づくのは難しい。TLTRO全体の資金供給額は4,500億ユーロ前後がせいぜいか。また、現在の市場規模や格付け要件を考えれえは、ABSとカバードボンドの現実的な買い

2014年9月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

これぞドラギノミクス ~いま出来ることは全てやり尽くした~

EU Trendsこれぞドラギノミクス発表日:2014年9月5日(金)~いま出来ることは全てやり尽くした~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ ジャクソンホールでのドラギ総裁のアドリブ発言やこのところの景気・物価指標全般の下振れを受け、ECBの追加緩和観測が高まっていたが、ドラギ総裁は今回もまた期待を裏切らなかった。追加利下げと利下げ打ち止めの強調でTLTROの利用を促進したほか、ABSとカバード債の購入プログラムを10月から開始することを決定した。

2014年9月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ドラギ・マジック再び?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ドラギ・マジック再び?追加利下げとABS、カバード・ボンドの買取計画を発表したECB ◆9月4日のECB金融政策理事会は追加利下げを決め、政策金利は0.15%から0.05%へ引き下げられた。8月末の米ジャクソンホールでのスピーチで、ドラギECB総裁がインフレ期待の低下に懸念を表明して以来、追加緩和策への期待が高まっていたが、利下げは予想外の決定であった。これに加えて、ABS(資産担保証券)とカバード・

2014年8月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

果報は寝て待て ~年内の追加緩和は見送り~

EU Trends果報は寝て待て発表日:2014年8月8日(金)~年内の追加緩和は見送り~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 足許で景気・物価指標の下振れが相次いでいるが、ECBは7日の会合で景気・物価判断を据え置き、新たな政策変更を示唆することもなかった。6月に追加緩和策を発表後、短期金利全般が低下し、ユーロ高進行に歯止めが掛かっている。次回9月初旬のECB会合でスタッフ見通しの引き下げは不可避とみられるが、9月に初回TLTRO、10月に銀行の包

2014年4月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

課題が多いECBの量的緩和~QEは年後半以降のインフレ動向次第~

みずほインサイト欧 州2014 年 4 月 11 日課題が多い ECB の量的緩和欧米調査部シニアエコノミストQE は年後半以降のインフレ動向次第03-3591-1265中村正嗣masashi.nakamura@mizuho-ri.co.jp○ 4月ECB政策理事会でドラギ総裁は、ユーロ高への警戒感と量的緩和(QE)を実施する可能性を表明した。とりわけ、タカ派を含めてQEへの支持があったことが大きな注目である。○ しかし、ドラギ総裁の発言はユーロ圏におけるQE実施には多くの課題があるとの当方の認

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ