「AKP」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

トルコ:総選挙の結果を受けたトルコ市場の現状と今後の見通し

トルコ:総選挙の結果を受けたトルコ市場の現状と今後の見通し2015年6月9日<選挙結果を受けて、金融市場は下落>AKP(公正発展党)が、2002年の総選挙で政権を獲得して以来、初めて過半数を割り込んだとみられる総選挙結果(6月7日、現地、以下同様)を受けて一夜が明けた8日のトルコ金融市場は、下落して始まりました。トルコ・リラは一時対米ドルで2.80を記録するなど、過去最安値を更新し、その後2.75近辺で引けました。対円では、金曜日から約3%の下落(仲値ベース)となりました。株式市場も大きく下落し

トルコの総選挙で与党が過半数割れ~連立交渉や経済閣僚人事に注目~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年6月8日トルコの総選挙で与党が過半数割れ~連立交渉や経済閣僚人事に注目~ 6月7日投開票のトルコの総選挙で、与党・公正発展党(AKP)は第1党の座を維持したものの、2002年の政権発足以来の過半数割れを喫しました。こうした結果を受け、8日午前の外国為替市場でトルコ・リラが売られ、対米ドルで史上最安値を更新しました。今回の総選挙では、エルドアン大統領が実権を握るAKPが、大統領職の権限強化に向けた憲法改正に必要な330(定数の5分

2015年6月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

「エルドアン政権」実現のハードルが高まるトルコ ~政治的不安、政策の予見性低下が動揺を高める可能性~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート「エルドアン政権」実現のハードルが高まるトルコ~政治的不安、政策の予見性低下が動揺を高める可能性~発表日:2015年6月8日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 7日に行われた総選挙で過去10年に亘り政権運営を担ってきた与党AKPは議席を減らし、半数割れが避けられなくなっている。同党は憲法改正を目指したが、経済政策を巡って国際的な信任を低下させたことも重なり、景気減速に見舞われる

総選挙を前に揺らぐトルコ・リラ~景気は底打ちから改善へ~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月20日総選挙を前に揺らぐトルコ・リラ~景気は底打ちから改善へ~ トルコ・リラは、エルドアン大統領が利下げ要求を控えたことや米早期利上げ観測の後退などを背景に3月にやや持ち直したものの、4月に入って再び売られ、足元では対米ドルで史上最安値を更新しました。これは、6月7日のトルコの総選挙が近づき、政策面での先行き不透明感への懸念が強まっているためと考えられます。世論調査での高支持率などから、与党・公正発展党(AKP)は総選挙後も

世界のトップ10入りを目指し、動き始めるトルコ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月11日世界のトップ10入りを目指し、動き始めるトルコ トルコで10日に投開票が行なわれた、同国初となる国民の直接投票による大統領選挙において、現首相のエルドアン氏が過半数の票を獲得し、当選しました。首相として同国の力強い経済成長を実現させてきた同氏は今後、建国100周年の2023年にトルコを経済規模で世界のトップ10入りさせることなどを視野に、最長2期10年の長期政権を目指すとみられます。トルコの大統領は、政党に属さず、政治

2014年7月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ 悩める中銀がここにもひとり… ~独立性を巡る政府内対立もあるなか、インフレ下でも利下げ実施へ~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコ 悩める中銀がここにもひとり…~独立性を巡る政府内対立もあるなか、インフレ下でも利下げ実施へ~発表日:2014年7月22日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 17日、トルコ中銀は3ヶ月連続で利下げを実施し、短期金利のコリドーの下限を引き下げるなど本格的な金融緩和に動いた。来月の大統領選を控えてエルドアン首相が出馬を決定するなど、選挙戦も本番を迎えるなか、政府内では『大胆な

トルコ・リラを巡る投資環境について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月2日トルコでは、エルドアン政権への信任投票と位置づけられていた、3月30日投開票の統一地方選挙で、同首相率いる公正発展党(AKP)が勝利しました。これを受けて、通貨リラは31日に大きく上昇し、足元では昨年末頃の水準を回復しています。エルドアン政権は、強権姿勢などに対する抗議や汚職疑惑などの逆風にさらされてきましたが、今回の統一地方選挙でのAKPの得票率は40%台半ばと、最大野党の得票率を20ポイント近く上回りました。また、特に

2014年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ、統一地方選で与党勝利も景気への不透明感拭えず ~景気の不透明さを抱えるなか、脆弱な対外収支の問題もボトルネックに~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコ、統一地方選で与党勝利も景気への不透明感拭えず~景気の不透明さを抱えるなか、脆弱な対外収支の問題もボトルネックに~発表日:2014年3月31日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 30日にトルコで統一地方選が実施され、エルドアン首相率いる与党AKPは勝利した。同国では政権の足許を揺さぶる事案が続いたが、AKPは高い得票を維持した模様だ。ただし、強権的な政治手法への批判は内外

マーケットレター【トルコが臨時金融政策決定会合で大幅利上げを決定】

トルコが臨時金融政策決定会合で大幅利上げを決定2014年1月29日<大幅な金融引き締め策を発表>1月29日午前7時(日本時間)にトルコ中央銀行は臨時の金融政策決定会合で1週間物レポ金利を4.50%から10.00%へ、金利コリドーの上限である翌日物貸出金利を7.75%から12.00%へ、下限である翌日物借入金利を3.50%から8.00%に引き上げることを発表しました。市場予想では翌日物貸出金利のみが7.75%から10.00%に引き上げられることが見込まれていただけで、今回の決定は予想を大きく上回る

マーケットレター【トルコの政情不安の高まりについて】

トルコの政情不安の高まりについて2013年12月27日<汚職疑惑をめぐり政情不安が高まる>トルコでは、12月17日(現地、以下同様)に経済相を含む3人の閣僚の子息や国営銀行の頭取ら多数が汚職 などの疑いで拘束されたことをきっかけに政情不安が高まっています。25日には前述の3人の閣僚が辞意を表 明したことを受け、エルドアン首相は10人の閣僚を入れ替える内閣改造を行うなど事態の収拾に努めています が、これまで安定的だと考えられていた政治の不透明感は払拭されていません。 今回の一連の事件の背景として、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ