「ASEAN中国」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月9日国際貿易投資研究所フィードバック数:0社会/政治

東アジアと日米及びミャンマー・カンボジアの貿易構造の特徴~中間財輸出の割合が高まるベトナムと低いミャンマー・カンボジア~

東アジアと日米及びミャンマー・カンボジアの貿易構造の特徴~中間財輸出の割合が高まるベトナムと低いミャンマー・カンボジア~ (1/6ページ)要約<ASEANの中間財のサプライチェーンに組込まれつつあるベトナム>中国とASEANとの相互の貿易が拡大しているが、これは2005年から発効しているASEAN中国FTA(ACFTA)の影響もあるものと思われる。また、中国とASEANは世界全体との貿易も増加させており、1999年~2013年における日本や米国の輸出入の伸びの倍の速さで成長している。中国や

2014年4月30日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2014年4月(アジア)

平成 26 年(2014 年)4 月 30 日輸出は先進国向けが拡大するも、域内向けは鈍化ASEAN・インド・NIEs10 ヵ国・地域の経済は緩やかながら持ち直しの動きを続けている。現時点で発表済の 1-3 月期実質 GDP 成長率をみると、ベトナム(前年比+5.0%)が 1-3 月期としては高めの伸びとなったほか、韓国(同+3.9%)は 4 四半期連続で加速し、シンガポール(同+5.1%)も底堅さを維持した。ただし、1-3 月期の成長ペースは力強いとまでは言えない。背景の 1 つとしては、成長

2013年11月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

12年下期以降の対中・ASEAN投資~加速し始めた日本企業のチャイナ・プラスワン戦略~

みずほインサイトアジア2013 年 11 月 11 日12 年下期以降の対中・ASEAN 投資アジア調査部主任研究員加速し始めた日本企業のチャイナ・プラスワン戦略03-3591-1375酒向浩二koji.sako@mizuho-ri.co.jp○ 中国における人件費の上昇に2012年下期以降の日中関係の緊張が重なり、日本企業は中国に替わる投資先としてASEANを選好するようになっており、大企業に比べて特に中小企業でその傾向が強い○ 業種別にみると、「精密機械」ではタイ・ベトナム、「電気機械」では

2013年5月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

アジアビジネスアンケートで初の中国首位陥落

リサーチ TODAY2013 年 5 月 21 日アジアビジネスアンケートで初の中国首位陥落常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表はみずほ総合研究所が今年2月に実施した『アジアビジネスアンケート』の結果をまとめた中より「今後最も力を入れていく予定の地域」を時系列でみたものである1。1999年の第一回調査から中国が一貫してトップを続けていたが、今回初の首位陥落となり、代わってASEANがトップになった。中国の首位陥落は、生産コスト上昇、成長率低下、日中関係の緊張が影響した。ASEAN

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ