「ASEAN経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

進むアジアの統合と日本企業への影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 進むアジアの統合と日本企業への影響ASEANを生産拠点としたインド市場へのアクセス拡大か ◆ASEAN経済共同体の発足は、東アジア地域における経済統合の深化へと波及するものとして期待されている。その代表例が、RCEPである。東アジアにおけるサプライチェーンの拡大により、2国間FTAを超えた包括的な経済統合の必要性が高まっている。特に、日本、中国、韓国、ASEANがつながることで現地調達率の基準を満たし

2015年2月23日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

ASEAN経済共同体発足を見据えた域内サプライチェーンの拡充-タイにおけるサイエンスシティの構築の意義と可能性

ASEAN経済共同体発足を見据えた域内サプライチェーンの拡充-タイにおけるサイエンスシティの構築の意義と可能性

2015年1月19日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【解説 15年のASEAN経済見通し】力強い持ち直しは期待薄-成長率は総じて前年並みか

【解説 15年のASEAN経済見通し】力強い持ち直しは期待薄-成長率は総じて前年並みか

2014年12月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN経済統合がもたらす域内証券取引所への影響(下)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ASEAN経済統合がもたらす域内証券取引所への影響(下)証券取引所毎の機能的な棲み分けが進む ◆本稿の前編(上)では、ASEAN経済共同体の創設による金融資本市場の統合によって各国の規制等の調和化・相互承認が進み、域内の証券取引所間の競争が激しくなることを指摘した。後編(下)では各国の証券取引所の現状とその取組みを考察する。◆各国の証券取引所のビジョンや足元の取組みは多様であるが、整理するとシンガポー

2014年11月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ASEAN経済共同体の前途~積み残し改題を2015年末の発足以降に継続協議へ~

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>2月18日(土)8:00 ~ 2月18日(土)12:00(予定) みずほ総合研究所株式会社金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2055号

2014年11月14日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治海外

東南アジア、中国、インド経済アウトルック

Tokyo Centre › ニュースルーム › 新興アジアでは中期的には、堅調な成長が見込まれるものの、長期的には改革を遂行する“制度”の質を強化する改革が不可欠新興アジアでは中期的には、堅調な成長が見込まれるものの、長期的には改革を遂行する“制度”の質を強化する改革が不可欠2014年11月13日, ネピドー, ミャンマーOECD開発センターは、新たに公表した年次報告書「東南アジア、中国、インド経済アウトルック2015」で、OECD加盟国の成長が引き続き緩やかな成長を示す中、新興アジア諸国は中

2014年8月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN経済統合を域内企業はどう見ているのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ASEAN経済統合を域内企業はどう見ているのかASEAN経済共同体の創設の進捗状況は80% ◆ASEANは2015年末にASEAN経済共同体(AEC)を創設する予定である。現在の共同体創設の進捗状況は80%と、予定よりも遅れている。◆ASEANの域内企業へのアンケートを考察したところ、意外だったことは、域内企業でもAECの創設を認識していない企業が一定程度存在することである。ASEAN当局・各国政府と

2013年1月24日大和総研フィードバック数:1社会/政治

直接投資が増加するタイ、先行きも続く?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 直接投資が増加するタイ、先行きも続く?ASEAN主要国の対内直接投資の動向 ◆良好な経済ファンダメンタルズ、低賃金等を要因とした有望な生産基地、今後の有望な消費市場として、ASEANへの直接投資が注目されている。とりわけ、日本企業は政治的な問題を背景とした中国への集中投資に対するリスクから「中国(チャイナ)+1」の候補地として大いに注目している。◆現状、日本からの投資増加の主な要因として、タイ、フィリ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ