「ASUS」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年9月17日BCNフィードバック数:0モバイル

SIMフリースマホ、1年で販売台数が3倍増

SIMフリースマホ、1年で販売台数が3倍増――スマホ市場全体の底支えに貢献、大画面化も先行2015年9月17日 SIMフリーのスマートフォン(スマホ)の販売が拡大している。直近1年(2014年9月-2015年8月)の販売台数は、前年同期比で315.6%と市場は3倍以上に膨れ上がった。月別ではSIMロックスマホが前年を割れるような場面でも、SIMフリースマホの好調に支えられ、スマホ市場全体は4月以降2ケタ増が継続している。全体のメーカーシェアは依然アップルがダントツだが、ソニーモバイルコミュニケー

2015年4月23日マイボイスコム★フィードバック数:0デジタル家電

半数は7~8インチです。

マイボイスコム タブレット端末の利用(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへタブレット端末利用率は2割強で過去調査より増加傾向。画面サイズは「7〜8インチ」が利用者の5割強、「9〜10インチ」が4割弱。使用周辺機器やアクセサリーは「ケース、カバー」「液晶保護フィルム」「充電器」などが利用者の各3〜4割 タブレット端末利用シーン・場所は「自宅でひとりでくつろぎながら」がトップ、「自宅で、家族と過ごすときに」「時間つぶし」「自宅のベッドや布団」「旅行先」「自宅で、テレビやDVDなどを見ながら」「電車やバスなど、交通機関

エイサー大研究(下)―特異なビジネスモデル―

Acer(エイサー、宏碁)社が製造部門を切り離した2001年当時、年間売上高は257億元(営業利益2億9、500万元)だった。現在は世界3位、ノートパソコンのみでは世界第2位のベンダーとなっている。2008年の売上高は5463億元(営業利益140億7000万元)と、8年間で20倍以上の成長を遂げた。こうした成長は、次の四つの特徴を備えたビジネスモデルによってもたらされた。 Acer社はスマイル・カーブ仮説に基づき、製造(試作開発、部品生産、組立)やロジスティックス、販売から手を引いた(図6)。A

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ