「Abstract」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

APIR Commentary No.49<長期停滞仮説論争>

関連論文ツーリズム先進地域・関西をめざして [ 2016年度/人口減少下における関西の成長戦略 ]Abstract/Keywords研究の目的 ツーリズム先進諸国との比較・分析を踏まえ、観光資源豊富な関西地域にとってツーリズムが重要な成長分野であることを ”産業”、”雇用機会”、”文化発信”等の各視点から客観的に捉えると共に、今後基幹産業として育成していく上での様々な課題をハード・ソフト両面から総合的に検討・把握した上で、関西がツーリズム先進地域として今後さらに飛躍していくための長期的な観光投資

APIR Commentary No.47<日本は世界の「クール」な旅行先?>

APIR Commentary No.47<日本は世界の「クール」な旅行先?>2015-05-22 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.27 <緩やかな回復局面から踊り場を迎える関西経済 先行きは内外需とも弱含み、成長のカギは企業設備投資> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済,四半期予測,超短期予測,GDP早期推計2015年4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率-1.6%と、3期ぶりのマイ

APIR Commentary No.46<AIIB参加が韓国で議論にならなかった理由とは>

APIR Commentary No.46<AIIB参加が韓国で議論にならなかった理由とは>2015-05-20 2015年4月11日、韓国は中国が主導するアジアインフラ投資銀行(Asian Infrastructure Investment Bank,以下AIIB)に参加することを決めた。本稿では、参加決定に至るまでの韓国の主要な新聞の論調を振り返ることで、何が論点となってきたか示したい。結論を述べると、韓国では政治的配慮から慎重意見はみられるものの、経済的な利益が期待できることから、いずれ

「相手を知る」観光客国別対応マニュアル ~観光大国フランスから学ぶ~

「相手を知る」観光客国別対応マニュアル ~観光大国フランスから学ぶ~2015-05-13 世界で最も多くの外国人訪問客を獲得している国の1つであるフランスでは、「観光客国別対応マニュアル」というものが作られています。このマニュアルは国別に観光客の特徴を浮き彫りにしたもので、パリ中のホテル経営者やレストランのオーナー、さらにはタクシーの運転手に配布されています。すべてフランス語で書かれているため、日本ではあまり知られていませんが、14か国の国別対応マニュアルとして、各国からの観光客の特徴を見事に

関西経済が抱える長期的課題とは?―新しいタイプの「関西経済モデル」の探求から ―

関西経済が抱える長期的課題とは?―新しいタイプの「関西経済モデル」の探求から ―2015-04-13 アジア太平洋研究所『2014年版 関西経済白書 ―KANSAI発のイノベーションとは何か―』(以下、関西経済白書)では、関西経済が長期低迷に陥っていることを指摘し、その要因分析と打開策の検討を中心に議論を展開してきました。関西経済をマクロの視点から、さらに長期的な視点で眺めたとき、国内の他地域経済とはどのような違いがあるのでしょうか。もちろん様々な要因を考えることができますが、本稿では特に、「

シンガポールに見る新しい空港の形 ~オリンピックブームと観光戦略~

シンガポールに見る新しい空港の形 ~オリンピックブームと観光戦略~2015-04-03 2020年に開催される東京オリンピックに当たって、海外からの外国人旅行者の呼び込みにも注目されるが、その際、重要となるのが空路、すなわち空港である。日本は島国であるため、海外からの需要を呼び込むためには航空ネットワークの整備が必要不可欠である。現在日本国内において、空港法によって定められている国際空港は成田国際空港、東京国際空港、中部国際空港、関西国際空港、大阪国際空港の5つである。この内、大阪国際空港は関

2015年4月5日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

APIR Commentary No. 41 <東京圏が作り出す地域経済格差>

APIR Commentary No. 41 <東京圏が作り出す地域経済格差>2015-04-02 関連論文Population as a Source of Long−Term Growth: From Malthus to Japan’s Postmodern Regime [ ディスカッションペーパー ] Abstract/Keywordspopulation elasticity, Malthusian regime, modern growth regime, postmodern

APIR Commentary No. 40 <地方創生と地域経済格差>

関連論文Population as a Source of Long−Term Growth: From Malthus to Japan’s Postmodern Regime [ ディスカッションペーパー ] Abstract/Keywordspopulation elasticity, Malthusian regime, modern growth regime, postmodern regime, demographic transformation This paper intro

ドイツにみる中小企業の海外展開支援

関連論文中小企業の東南アジア進出に関する比較研究 [ 2014年度/アジア太平洋展望 ]Abstract/Keywords中小企業、東南アジア進出リサーチリーダー 主席研究員 大野 泉 政策研究大学院大学教授 研究目的 中小企業の東南アジア進出に関する実践的研究の成果を体系的にまとめ、総合的な政策提言として公開セミナーと出版を通じた対外発信を行うことを目的とする。 研究内容 本年度はベトナム、タイ等の受入れ体制の比較分析、日本国内各地の取組やベンチマークすべき東南アジア諸国の取組等について研究を

APIR Commentary No. 39 <アベノミクスとオバマノミクス>

APIR Commentary No. 39 <アベノミクスとオバマノミクス>2015-03-16 関連論文Population as a Source of Long−Term Growth: From Malthus to Japan’s Postmodern Regime [ ディスカッションペーパー ] Abstract/Keywordspopulation elasticity, Malthusian regime, modern growth regime, postmodern

APIR Commentary No. 38 <ピケティさん、大事なのは事実と国民の許容度ですよ>

APIR Commentary No. 38 <ピケティさん、大事なのは事実と国民の許容度ですよ>2015-03-09 関連論文Policy Brief No.1 <大阪にTPP本部創設を> [ 政策提言 ] Abstract/KeywordsTPP, 常設本部, 国際機関, 日本政府は、TPP交渉の合意がなった今、職員総数300名、年間運営予算100億円規模の常設本部を日本に置く用意があることを宣言し、その実現について参加国に協力を働きかけるべきである。日本政府はTPP本部のために必要な土地

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0大型消費/投資

オリンピックブームと観光戦略 ~ロンドン五輪から得られる教訓とは

オリンピックブームと観光戦略 ~ロンドン五輪から得られる教訓とは2015-02-25 関連論文データからみた日本とオーストラリアの観光産業の現状 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywordsオーストラリア人訪日客,観光産業の問題解決策,観光立国 日本とオーストラリアの観光産業をTSAなどのデータから分析。国・地域順の訪日観光客数では7位であるが、その平均支出総額は2位のオーストラリア。現在、アジア太平洋では、富裕層を含めた中間層以上の海外旅行客は増加途上にあるが、訪日外国人観光

APIR Commentary No.37 <頑張っている日本の壮年層>

関連論文Population as a Source of Long−Term Growth: From Malthus to Japan’s Postmodern Regime [ ディスカッションペーパー ] Abstract/Keywordspopulation elasticity, Malthusian regime, modern growth regime, postmodern regime, demographic transformation This paper intro

関西経済月次分析(2014年11-12月)

<要旨>10月の鉱工業生産指数は前月比+0.9%と2カ月連続の上昇。関西の生産は在庫調整局面にあり、今後引き続き注意が必要。11月関西の貿易は、輸出は21カ月連続で増加した。輸入は3カ月ぶりに減少した。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から改善。11月の景気ウォッチャー現状判断DIは2カ月連続の悪化。先行き判断DIは3カ月連続の悪化。同月の消費者態度指数は4カ月連続の前月比悪化で、消費増税直前のボトムと並んだ。消費者心理の停滞感が増してきた。9月の現金給与総額の伸びは関西2府4県

APIR Commentary No.34<衆院選の争点はアベノミクスにあらず>

APIR Commentary No.34<衆院選の争点はアベノミクスにあらず>2014-11-25 関連論文ツーリズム先進地域・関西をめざして [ 2016年度/人口減少下における関西の成長戦略 ]Abstract/Keywords研究の目的 ツーリズム先進諸国との比較・分析を踏まえ、観光資源豊富な関西地域にとってツーリズムが重要な成長分野であることを ”産業”、”雇用機会”、”文化発信”等の各視点から客観的に捉えると共に、今後基幹産業として育成していく上での様々な課題をハード・ソフト両面か

チャイニーズ旅行者の好みと行動様式 ~黒門市場におけるアンケート調査より~

チャイニーズ旅行者の好みと行動様式 ~黒門市場におけるアンケート調査より~2014-10-02 関連論文データからみた日本とオーストラリアの観光産業の現状 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywordsオーストラリア人訪日客,観光産業の問題解決策,観光立国 日本とオーストラリアの観光産業をTSAなどのデータから分析。国・地域順の訪日観光客数では7位であるが、その平均支出総額は2位のオーストラリア。現在、アジア太平洋では、富裕層を含めた中間層以上の海外旅行客は増加途上にあるが、訪日

2014年7月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年6月)<意外と大きい消費増税の反動減、民間消費の下方修正の可能性高まる>

日本経済(月次)予測(2014年6月)<意外と大きい消費増税の反動減、民間消費の下方修正の可能性高まる>2014-06-29 関連論文日米経済(月次)予測(2016年3月30日)<日本:世界経済の減速、円高転換は、日本経済に下押し圧力><米国:2016年大統領選挙動向(3月):国のリーダーの資質はその国民の知的水準を表す> [ Monthly Report(日本)/Monthly Report(米国) ] Abstract/Keywords月次予測,超短期予測,日米予測 <Editorよりメッ

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第22回 関西エコノミックインサイト<所得環境の見通しは厳しく消費増税後の関西経済の基調は見極めにくい―設備投資計画の実現と外需の回復がカギ―>

第22回 関西エコノミックインサイト<所得環境の見通しは厳しく消費増税後の関西経済の基調は見極めにくい―設備投資計画の実現と外需の回復がカギ―>2014-05-28 関連論文日米経済(月次)予測(2016年3月30日)<日本:世界経済の減速、円高転換は、日本経済に下押し圧力><米国:2016年大統領選挙動向(3月):国のリーダーの資質はその国民の知的水準を表す> [ Monthly Report(日本)/Monthly Report(米国) ] Abstract/Keywords月次予測,超短

2014年5月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

APIR Commentary No.32 アベノミクスは追い風参考記録

関連論文Population as a Source of Long−Term Growth: From Malthus to Japan’s Postmodern Regime [ ディスカッションペーパー ] Abstract/Keywordspopulation elasticity, Malthusian regime, modern growth regime, postmodern regime, demographic transformation This paper intro

経済教室「東日本大震災から3年」バックグラウンドペーパー

経済教室「東日本大震災から3年」バックグラウンドペーパー2014-03-11 筆者は2014年3月4日付け日本経済新聞に「(東日本大震災から3年(中))復興の遅れ、『基金』に制約」という論考(以下、新聞論考)を発表した。大西裕隆日本学術会議会長「(東日本大震災から3年(上))復興へ市町村連携・統合を」と姥浦道生東北大学准教授「(東日本大震災から3年(下)都市計画、総合的な調整を)との3連作の一部で、大震災の経済的課題について分析してほしいとの編集部の依頼に応じたものだった。新聞論考では、災害か

2014年3月9日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年2月)<駆け込み需要の影響色濃い1月統計、1-3月期成長率は先週から上方修正される>

日本経済(月次)予測(2014年2月)<駆け込み需要の影響色濃い1月統計、1-3月期成長率は先週から上方修正される>2014-03-03 関連論文日米経済(月次)予測(2016年3月30日)<日本:世界経済の減速、円高転換は、日本経済に下押し圧力><米国:2016年大統領選挙動向(3月):国のリーダーの資質はその国民の知的水準を表す> [ Monthly Report(日本)/Monthly Report(米国) ] Abstract/Keywords月次予測,超短期予測,日米予測 <Edit

2014年3月2日アジア太平洋研究所★フィードバック数:0社会/政治

前例振り返りです。

1997年の消費税率引き上げが関西経済へ与えた影響

1997年の消費税率引き上げが関西経済へ与えた影響2014-02-28 本稿では前回の増税(1996年~97年)が関西経済に与えたマクロ的影響を振り返って検討することで、消費増税が関西経済に与える影響について考察する。今回の消費増税は、関西経済に前回ほどの大きな負の影響は与えず、景気の腰折れは回避できると考えられる。その根拠として、次の3つを挙げる。GDPの構成項目のうち、最も消費増税の影響を受けたのは住宅であったが、住宅がGDPに占める割合は当時と比べて半減している。前回と比べて、補正予算に

関西経済月次分析(2013年11、12月)

関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.36 [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM- 2月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりの前月比大幅マイナス。輸出の落ち込みに比して生産は大きなマイナス幅となった。 - 輸出は6カ月連続の前年比マイナス。輸入は7カ月連続の同マイナス。輸出の減速を上回るペースで輸入が落ち込む傾向が続いており、結果3月の貿易収支は2カ月連続の黒字。 - 調査時期の差も

日本経済(週次)予測(2013年9月16日)

日本経済(週次)予測(2013年9月16日)<7-9月期成長率市場コンセンサスを下回る。企業設備は緩やかに持ち直しているが、純輸出の改善がカギ>2013-09-17 関連論文日米経済(月次)予測(2016年3月30日)<日本:世界経済の減速、円高転換は、日本経済に下押し圧力><米国:2016年大統領選挙動向(3月):国のリーダーの資質はその国民の知的水準を表す> [ Monthly Report(日本)/Monthly Report(米国) ] Abstract/Keywords月次予測,超短

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ