「Ameba」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

BLOG of the year 2016

「Ameba」が最も注目されたブログに贈られる「BLOG of the year 2016」を発表 最優秀賞は小林麻央さんのブログ「KOKORO.」が受賞 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)が運営する「Ameba」は、2016年最も注目されたブログに贈られる「BLOG of the year 2016」の受賞者を発表いたします。「BLOG of the year 2016」は、著名人から一般の方まで、「Ameba」の中で2

2016年「ブログ流行語」ランキングTOP10

「Ameba」が2016年「ブログ流行語」ランキングTOP10発表1位「広島」 2位「熊本地震」 3位「不倫」 オバマ大統領の訪問やカープの優勝で話題になった「広島」が1位にランクイン~2016年話題になった「ブログ発」ニュース、「芸能人・有名人」部門別の人気ランキングも紹介~ 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)では、このたび、2016年1月1日(金)~12月14日(水)の期間に、「Ameba」のブログサービス「アメブロ」

ブログについての意識・実態調査

プレスリリース2月6日は「ブログの日」、「Ameba」がブログの“イマ”を調査 ソーシャルメディア経由の閲覧が急増、ブログを取り巻く環境の変化株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)では、このたび、2月6日の「ブログの日」にあわせて、20~40代男女500名を対象として、ブログについての意識・実態調査をおこないました。■他ソーシャルメディアも約9割が利用、ブログと他ソーシャルメディアの性質の違いは“気兼ねなさ”?今回の調査は、ブ

ブログデータから読み解く、日本人の「2015年の目標」

プレスリリース「Ameba」がブログデータから読み解く、日本人の「2015年の目標」を発表上位キーワードのポイントは「人生」「人間」×「実現」「成長」「意味」 5年前と比較して“自分志向”の方向性に変化、スキルではなく“精神面”の目標に株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)では、このたび、2015年1月1日(木・祝)~1月14日(水)の期間に投稿されたブログ記事(Ameba、FC2ブログ、Yahoo!ブログを含む主要ブログサー

「ソーシャルメディア」に関する実態調査

プレスリリース複数のソーシャルメディアで影響力を持つ「ソーシャルパワー女子」の時代 会員数10万人、日本最大級の『ソーシャルパワー女子』ネットワーク 「Ameba Meister」が「ソーシャルメディア」に関する実態調査を実施株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)が運営する、女性ソーシャルユーザーのネットワーク「Ameba Meister」では会員数が10万人を突破いたしました。(2014年8月末時点)これを記念して、「Am

2014年上半期「Ameba芸能ブログ 人気記事ランキング」トップ10

プレスリリース2014年上半期 「Ameba芸能ブログニュース 人気記事ランキング」結果発表辻希美・松嶋尚美・優木まおみ・木下優樹菜・小森純・・・ママ勢がTOP5を独占! 鈴木おさむ・市川海老蔵ら男性陣は“妻”ネタでランクイン株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)が運営する「Ameba」では、このたび、2014年上半期 「Ameba芸能ブログニュース 人気記事ランキング」の結果を発表いたします。 ■2014年上半期「Ame

2013年「ママ流行語ランキング」

プレスリリース「Ameba mama(アメーバママ)」が2013年「ママ流行語ランキング」を発表“子育てママ”の流行語TOP3は「ギャン泣き」・「ロイヤルベビー」・「産後クライシス」時事問題やスマホ活用実態を反映した、現代ママならではのキーワードも多数ランクイン株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)が運営する、ママ向け情報サイト「Ameba mama(アメーバママ)」は、同サイトの会員を対象に、「2013年の流行語」に関す

2013年6月28日ニールセン★フィードバック数:7マーケティング

Twitter、Facebook、mixi、LINE、Amebaを比較しています。

コミュニケーション系サイトの利用目的・意識調査

2013/06/28 [データ] ニールセン株式会社、株式会社サイバーエージェント 共同でコミュニケーション系サイトの利用目的・意識調査を実施 ネットユーザーは利用目的別にコミュニケーションサイトを使い分ける 、が広告接触後の認知、興味、関心の向上に貢献ニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:武智 清訓)と株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田 晋)は、コミュニケーション系サイトのPCとスマートフォンでの利用目的や意識、広告・コンテンツ接触

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ