「BOE」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

英国総選挙後の英ポンドの見通しについて

英国総選挙後の英ポンドの見通しについて2015年5月11日<与党保守党が過半数を確保>5月7日(現地)に行われた英国の総選挙では、与党保守党が306から331へと議席数を上積みし、全650議席の過半数を制しました。大方の世論調査では保守党と労働党の支持が拮抗していましたが、結果的に保守党の大勝に終わり、保守党単独政権の下でキャメロン首相が続投することが確実となりました。<堅調な英国景気への高評価>保守党の勝利は英ポンド相場にポジティブと捉えられ、実際、選挙直後から英ポンドは対米ドル、対円、対ユー

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 景気停滞打破の切り札は?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 景気停滞打破の切り札は?今こそ財政政策の有効活用を ◆ECB(欧州中央銀行)は9月4日の金融政策理事会で追加利下げと、ABS(資産担保証券)とカバード・ボンドを対象とする資産買取計画の10月導入を決めた。9月18日開始のTLTRO(民間向け貸出増を意図した条件付き長期オペ)と併せ、銀行貸出の促進が狙いである。6月に決めたTLTROが始動する前に、ECBが追加緩和に動いた背景には、ユーロ

米国・欧州主要国の景気概況(2014年9月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな景気拡大が続く【トピック】 強まる家計の信用依存をどう評価するか【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 持ち直しが一服する中でECBは追加緩和を実施【トピック】 ユーロ圏経済の痛手になるロシア景気の悪化【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気拡大は続くがBOEは利上げに慎重【英国の主要経済指標】

2014年8月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

英国:利上げ派始動 ~7対2が意味するもの~

EU Trends英国:利上げ派始動発表日:2014年8月21日(木)~7対2が意味するもの~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 8月のMPC議事録では、利上げを主張した委員が2名いたことが判明。約3年振りに全会一致の政策決定が崩れたが、過去を振り返るとBOEの投票結果が割れることはそれほど珍しいことではない。◇ 利上げ派と据え置き派の間では、スラックの大きさとインフレ圧力の認識に大きな隔たりがある。年内の利上げ開始観測も浮上しているが、MPCの大

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 4-6月期の失速は一時的

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 4-6月期の失速は一時的リスクシナリオはロシアとの経済制裁の応酬合戦 ◆ユーロ圏の4-6月期成長率は前期比横ばいで、過去1年続いた景気持ち直しの動きが中断してしまった。加盟国別ではドイツが同-0.2%と予想以上に落ち込んだことが目を引く。輸出が伸び悩み、投資が縮小したことが原因とされる。◆ドイツ経済は7-9月期は持ち直すと予想するが、最近の製造業受注や企業景況感などの景気先行指標は軟調

2014年8月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:英国労働統計・BOE物価レポート ~年内の利上げ開始は遠退いた~

欧州経済指標コメント:英国労働統計・BOE物価レポート ~年内の利上げ開始は遠退いた~

2014年8月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

遂に住宅バブル対策に本気になり始めたBOE

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 遂に住宅バブル対策に本気になり始めたBOE 差し迫る金利引き上げに怯えるスクイーズドミドル 2014年8月12日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆英国中央銀行(BOE)カーニー総裁は、7月15日の議会証言で、過熱する英国の住宅市場に対して「(各金融機関の)住宅ローン審査が甘く、無理に許容度を超えて貸し出しすることを懸念している」と発言し、リスクを軽視して過大な住宅融資に走る金融

2014年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

”英国の鬼平” ~住宅バブルの防止に乗り出すBOE~

”英国の鬼平” ~住宅バブルの防止に乗り出すBOE~

2014年6月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 格差広がるユーロ圏と英国

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 格差広がるユーロ圏と英国金融緩和のアクセルを踏んだECB、ブレーキを意識したBOE ◆ECB(欧州中央銀行)は6月5日の金融政策理事会で予想通り複数の追加緩和策を発表した。その目的は2つあり、1つはユーロ高でECBの意図に反した金融引き締め効果が出ることを阻止すること、もう1つはECBによる金融緩和を民間部門に伝達する銀行部門の機能再生である。なお、国債買取を通じた量的緩和策(QE)は

2014年5月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

BOE物価レポート:まだ相当なスラック ~利上げ開始に近づいているが、思ったほど近くない~

BOE物価レポート:まだ相当なスラック ~利上げ開始に近づいているが、思ったほど近くない~

2014年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し リスクは過度な通貨高

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し リスクは過度な通貨高ユーロ圏、英国ともエネルギー価格下落が物価を押し下げ ◆ユーロ圏の3月の消費者物価上昇率は前年比+0.5%に低下し、ECB(欧州中央銀行)が目指す「前年比+2.0%をやや下回るインフレ率」からさらに乖離してしまった。ただし、イースターが昨年は3月、今年は4月とずれたことが物価下押しに作用したと考えられ、また4月のエネルギー価格は3月ほどには下落しないと見込まれるため

英国の景気回復はサステナブルなのか?

○本レポートは、金融緩和からの出口戦略に耐えうる体力を十分に有しているかどうか、その景気回復がサステナブル(持続可能)なものであるのかという観点から、英国経済の現状を包括的に分析することを試みるものである。○確かに、足元の英国景気は加速している。もっとも、供給サイドの現状を、その中心である金融部門と不動産(含む建築)部門に注目して分析すると、両部門の回復は好調な住宅市況にけん引された限定的なものであることが分かる。また、そうした住宅の好調さは、政府による購入刺激策や中央銀行であるイングランド銀行

米国・欧州主要国の景気概況(2014年3月)

I.米国経済【景気概況】 寒波の影響を受けて減速した米国景気【トピック】 国内要因から国際要因にスイッチした米国景気の下押しリスク【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 13年10~12月期実質GDPは前期比+0.3%【トピック】 過熱感が高まるドイツの住宅価格【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気回復が続く中でBOEは時間軸の修正に着手【英国の主要経済指標】【その他のトピック】 激しさを増すウクライナをめぐるグレートゲーム

欧州経済見通し~改善するユーロ圏債務危機国の評価と台頭するデフレ懸念~

欧州経済見通し~改善するユーロ圏債務危機国の評価と台頭するデフレ懸念~ | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し~改善するユーロ圏債務危機国の評価と台頭するデフレ懸念~ 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ユーロ圏の景気は回復基調を維持しているが、ペースはごく緩やかで、生産・雇用の水準は危機前のピークを下回っている。域内のばらつき

2014年2月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2014年2月号

みずほ欧州経済情報2014年2月号[欧州経済の概況][トピック:南欧諸国の経常収支が黒字化~持続性が今後の課題]◆2013年のユーロ圏経常黒字は約2,200億ユーロ(名目GDP比2.3%相当)と過去最大となり、南欧諸国では経常収支が黒字に転じた。◆南欧の経常収支改善の要因を見ると、一部では構造改革による輸出競争力の高まりがうかがわれるが、内需悪化による輸入減少という景気循環要因の影響が大きい国もある。今後、景気回復に伴う輸入増加が見込まれるため、経常黒字の持続性が問われそうである。◆経常収支の裏

試行錯誤のフォワード・ガイダンス~修正を迫られる米英、追加策を求められる日欧~

試行錯誤のフォワード・ガイダンス~修正を迫られる米英、追加策を求められる日欧~ | ニッセイ基礎研究所 試行錯誤のフォワード・ガイダンス~修正を迫られる米英、追加策を求められる日欧~ 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 12年12月から13年にかけて、主要中銀が相次いで先行き金融政策の道筋を示すフォワード・ガイダンスの新規導入や

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 追加緩和の可能性高まる

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 追加緩和の可能性高まる2014年の成長率予想はユーロ圏+1.1%、英国+2.4% ◆ユーロ圏の2013年10‐12月期の成長率は前期比+0.3%となり、これでプラス成長が3四半期連続となった。加盟国間でばらつきはあるが、ドイツのみならずフランスやオランダも堅調な成長率となり、また、スペイン、イタリア、ポルトガルという財政懸念国の景気持ち直しも進行中である。足下で輸出の回復は期待したより

米国・欧州主要国の景気概況(2014年2月)

I.米国経済【景気概況】 13年10~12月期の実質GDPは前期比年率+3.2%【トピック】 テーパリングと新興国通貨不安【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気が緩やかに持ち直す中で債務膨張に歯止め【トピック】 南欧に回帰する国際資本【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気回復が続く中で利上げ観測を牽制するBOE【英国の主要経済指標】

2014年2月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

BOEの苦悩は続く ~ガイダンス見直しも早期利上げ観測の封じ込めに苦慮~

BOEの苦悩は続く ~ガイダンス見直しも早期利上げ観測の封じ込めに苦慮~

米国・欧州主要国の景気概況(2013年12月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな拡大が続く米国景気【トピック】 回復の動きが頭打ちになる米国の中古住宅市場【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 7~9月期実質GDPは前期比+0.1%に成長鈍化【トピック】 ドイツは本当に「独り勝ち」なのか?【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気回復が続く中で注目が集まるBOEの出口戦略【英国の主要経済指標】

2013年12月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:7-9月期英国FLS利用状況 ~そろそろ住宅市況にブレーキを~

EU Indicators欧州経済指標コメント:7-9月期英国FLS利用状況発表日:2013年12月3日(火)~そろそろ住宅市況にブレーキを~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 2日に発表された7-9月期の英国のFLS(貸出促進制度)の利用状況は55億ポンドと、過去2四半期(11億ポンド、26億ポンド)から加速し、2012年7月の運営開始以降の累積の利用額は231億ポンドに達した。今期の利用行の内訳は、主に住宅ローンを扱う住宅金融組合が15億ポンド

2013年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し よちよち歩きの景気回復

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し よちよち歩きの景気回復ECB、BOEは揃って緩和的な金融政策の長期化を表明 ◆ユーロ圏経済は4-6月期に7四半期ぶりの前期比プラス成長となったあと、7-9月期も同+0.1%とかろうじてプラス成長となった。7-9月期は内需中心の回復で、外需は貢献しなかったと推測されるが、牽引役のドイツで輸出向け受注が改善してきており、今後は輸出の持ち直しが期待される。一方、ユーロ圏の雇用情勢はいまだ改善

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

失業率7%後の世界は謎に包まれたまま ~見通しはタカ派でも、利上げ時期を巡る方針は中立~

EU Trends失業率7%後の世界は謎に包まれたまま発表日:2013年11月14日(木)~見通しはタカ派でも、利上げ時期を巡る方針は中立~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ このところの景気上振れ・物価下振れを受け、BOEは経済成長率の見通しを上方修正した一方、物価見通しを下方修正した。失業率が利上げを判断する閾値である7%に低下する時期も、市場参加者の政策金利の見通しを前提とした場合で2015年7-9月期に、政策金利が据え置かれることを前提とし

2013年10月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

BOEの金融緩和継続の決意 ~フォワード・ガイダンスのルールは変更可能~

BOEの金融緩和継続の決意 ~フォワード・ガイダンスのルールは変更可能~

2013年6月28日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

カーニー新体制が始動する英中銀~「期待」への働きかけを重視した金融政策へ~

みずほインサイト欧 州2013 年 6 月 28 日カーニー新体制が始動する英中銀市場調査部ロンドン事務所長「期待」への働きかけを重視した金融政策へ+44-20-7012-4452吉田健一郎kenichiro.yoshida@mhcb.co.uk○ 7月1日、英イングランド銀行では、マーク・カーニー新総裁が誕生。市場参加者とのコミュニケーション手段である「フォワード・ガイダンス(先行き指針)」をより重視した政策に。○ 注目は、低金利政策解除の条件として、ガイダンスの中に失業率など成長を意識した経

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ