「BYOD」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年7月22日IDCフィードバック数:0デジタル家電

国内タブレットソリューション市場ユーザー動向調査

国内タブレットソリューション市場ユーザー動向調査結果を発表 企業が「今注目している技術」では「モバイル」が1位 タブレットソリューション導入のキーパーソンは、「部長」 タブレットソリューションを導入している企業は増えているが、BYODがタブレットの法人向け出荷を阻害 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内タブレットソリューションに関するユーザー動

2016年3月11日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年度 中小企業における情報セキュリティ対策に関する実態調査

「2015年度 中小企業における情報セキュリティ対策に関する実態調査」報告書について最終更新日:2016年3月8日 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター報告書の概要 近年、インターネットバンキングの不正送金(*1)や特定企業の情報資産を狙った標的型サイバー攻撃、内部の不正行為による情報漏えいなどが企業にとって脅威となっています。こうした攻撃は政府機関や大企業だけでなく、中小企業にも向けられおり、直接の被害だけでなく、取引先を標的とした攻撃の踏み台にされる場合もあります。そ

利用デバイスやBYODについてアンケート

ご利用ありがとうございます恐れ入りますが時間をおいてから 再度アクセスをお願いいたします。

2016年1月6日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

セルフBI、IoT、BYOD――2015年で一番読まれた「事例記事」は?

ITmedia エンタープライズ「導入事例記事」 Access Best10≫ 2015年1月1日〜12月28日「全社員2300人に会社貸与PCやめます」は成功するのか?先生もびっくり? 中学1年の意外なiPadの使い方“脱Excel”でクレーム半減、三井住友海上の挑戦ハウステンボスの「変なホテル」は想像以上にスゴイらしい脱Excelで生産性15倍、リクルートが「Tableau」を選んだ理由京都市営バスを便利にするIoT、「ハイテクバス到着案内システム」の裏側丸亀製麺が“社内メール”をやめたワケ

2014年12月8日日経BP★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

製品分野ごとの利用ベンダーがわかります。

企業ネット/ICT利用実態調査 2014

調査で見えた!クラウド/モバイルのベンダー別利用率 調査で見えた!クラウド/モバイルのベンダー別利用率 出典:日経コミュニケーション 2014年10月号pp.46-49 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)  日経コミュニケーションが実施した「企業ネット/ICT利用実態調査 2014」により、スマートデバイスやセキュリティ、クラウドサービスのベンダー別の最新利用動向が分かった。調査は2014年7月から8月にかけて実施した。対象は上場企業3200社である。スマートフ

2014年8月26日トレンドマイクロフィードバック数:0モバイル

個人用デバイス・ツールの業務利用実態 2014

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報トレンドマイクロについて 個人用デバイス・ツールの業務利用実態 2014禁止されても6割以上が個人所有のスマートデバイスを業務に利用~使用禁止されている個人のデバイスに、約8割が業務データを保存~2014年8月26日トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、2014年6月に、企業の従業員1,038名を

2014年6月10日アイティメディア★フィードバック数:0ビジネス

キーマンズがスマートフォンについての調査結果を公開しました。

業務用スマートフォンの導入状況(2014年)

キーマンズネットでは、2014年3月12日〜2014年3月19日にかけて「業務用スマートフォンの導入状況(2014年)」に関するアンケートを実施した(有効回答数:439)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の40.1%、一般部門が51.5%、ベンダ・SIerが8.4%という構成比であった。今回お聞きしたのは、導入・検討している業務用スマートフォンの「導入状況」「BYODの認可状況」「セキュリティ対策状況」「満足度」「導入しない理由」など、業務用スマートフォンの導入状況を把握するための質問。

2014年3月19日ITRフィードバック数:0企業情報システム

企業IT利活用動向調査

経営課題としてコミュニケーションや組織改革の重要度が上昇標的型サイバー攻撃への懸念も前年に引き続き高止まり ― JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査」の速報結果を発表 ―2014年3月19日 一般財団法人日本情報経済社会推進協会 株式会社アイ・ティ・アール一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長 牧野 力)と株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業600社以上のIT/情報セキュリティ責任者を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査」

自社サービスの満足度も公開しています。

法人におけるスマートデバイス利用実態報告

法人におけるスマートデバイス利用実態報告 2013年 CLOMOユーザー調査より企業でのスマートデバイス導入が本格化したスマートデバイス利用実態(導入目的や課題など)について、CLOMOユーザー調査結果を踏まえて説明します。 調査概要・調査名 :CLOMO Customer Survey 2013・調査対象:CLOMO ユーザー企業 350 社 (無作為抽出にて選定)・回答社数:161 社 (※ 1 社 1 回答)・調査方法:メール DM によるウェブアンケート形式・調査期間:2013 年

BYODについてのアンケートです。

私用端末の業務利用(BYOD)動向調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2013年11月4日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ジェネレーションYはBYOD、BYOC(ブリング ユア オウン クラウド)ポリシーに抵抗感を抱いている

フォーティネットは、同社が世界各地で行った調査結果によると、私物のデバイスや個人のクラウドストレージ アカウント、およびスマートウォッチ、Google Glass、コネクティッドカーといった新しい技術の使用を制限する企業ポリシーに反対する意見がジェネレーションY の従業員のなかで高まっていることを公表しました。 2013年11月1日フォーティネットジャパン株式会社米国時間2013年10月21日に発表されたプレスリリースの抄訳です。(抄訳には日本の調査結果を追加しました。)フォーティネッ

2013年10月18日Alfrescoフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Connected Enterprise グローバル調査

驚きの調査結果!ビジネスユーザーの63%がIT部門からテクノロジーが提供されるのを望んでいる新しいグローバルな調査結果は、BYOD(Bring Your Own Devise、以下BYOD)は革命ではなく答えであることを示しています。ITの役割が変化しています。 (これは9月30日にAlfresco Software, Ltd. より配信されたプレスリリースの翻訳版です)2013年9月30日カリフォルニア州サンマテオ – 従来型とは異なる、新しい価値基準において優れていると見なされる、コミュニケ

2013年10月16日Dimension Dataフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュアなエンタープライズモビリティに関する調査レポート

[] ディメンションデータ調査レポート、BYODによるネットワーク利用の激増とセキュリティ問題について モビリティ戦略の構築、導入時、ITリーダーの77%がセキュリティとプライバシーの問題に苦慮2013年10月16日、東京発- 企業ITネットワークにアクセスする個人所有端末と、その端末上のアプリケーション数、およびそれらのアプリケーションのセキュリティ監査の間には大きな隔たりがあり、ITリーダーはセキュリティ問題の解決に頭を痛めています。売上高58億米ドルのグローバルITソリューションおよびサー

2013年10月7日デジタルアーツ★フィードバック数:0ビジネス

スマートフォン、タブレット、PCの利用やデータの持ち出しについての調査です。

デバイスの多様化における就業者のワークスタイルの変化実態調査

2013年10月07日 デジタルアーツ株式会社デバイスの多様化における就業者のワークスタイルの変化実態調査~全国の都市部・郊外に勤務する就業者におけるデバイス活用やセキュリティ意識を調査~個人端末を仕事で利用することが許可されている人は35.6%会社のデータの持ち出し経験者は22%でデータを持ち出すことへの罪悪感は34%がないと回答 ~「BYOD」のためのルールや「シャドーIT」への対策が今後は必須に~情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 

2013年8月8日日経BPフィードバック数:0モバイル

BYOD、「なし崩し的に」が約2割

BYOD、「なし崩し的に」が約2割

2013年6月25日アイティメディア★フィードバック数:3モバイル

業務利用についての調査です。

業務用スマートフォンの導入状況(2013年)

キーマンズネットでは、2013年4月3日〜 2013年4月10日にかけて「業務用スマートフォンに関するアンケート」を実施した(有効回答数:485)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の48.5%、一般部門が51.5%という構成比であった。今回、お聞きしたのは「導入状況」「導入のきっかけ」「BYODの認可状況」「セキュリティ対策状況」など、企業でのスマートフォン導入・検討状況を把握するための質問。その結果、昨年・一昨年に行った同様のアンケートと比較して、導入済み企業はそれぞれ9.0ポイント、

2013年4月30日アイティメディア★フィードバック数:13モバイル要登録

TechTargetがBYODについての調査結果を公表しました。

BYODに関する読者調査リポート

TechTargetジャパンは2013年4月1日から4月14日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に、従業員の私物ノートPCや私物スマートデバイスを業務利用する「私物端末の業務利用(BYOD)」に関するアンケート調査を実施した。BYODの解禁状況や導入効果、課題などを聞いた。本稿は、アンケート調査から明らかになったBYODの実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできる。調査概要目的:TechTargetジャパン会員の企業に

2013年3月19日アイティメディアフィードバック数:2ビジネス

BYOD解禁!会社メールをいつでも確認…何%が正直イヤだと思う?

BYOD解禁!会社メールをいつでも確認…何%が正直イヤだと思う? 今年こそ登りたいのは、どっち?今年こそ登りたい存在として「富士山」と答えた人は31%、「東京スカイツリー」と答えた人は69%という結果に。富士山に登るためにはリアルな体力が必要だという声が見受けられた。それでも「富士山」派では「一度でいいから登りたい」という声が多く寄せられた。また「体力がある今だからこそ富士山へ!」という積極的な人もいる。その一方で「年齢的、体力的に富士登山はムリ」と実感しているために「東京スカイツリー」を選択

ビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査 ◆ 利用ユーザー(540名) の利用実態を調査。過去7回の調査との比較分析も実施。◆ 導入ユーザーの用途は、「会議のみ」が60%、「会議以外にも使う」が40%。Web会議の「会議以外利用」が44%と、業務そのものに使う割合が増加。◆ 今後使いたい端末は 「iPad」。◆ 回答者の所属する企業・団体のBYOD(*)は、従業員数が少ない企業ほど「認められている」傾向。 (*)BYOD…(Bring

2012年12月5日インプレス★フィードバック数:26モバイル

個人・法人それぞれを調査しています。

スマートフォン利用動向調査報告書2013

契約数は、2012年度の4878万台から、2017年度には9174万台に到達―― 黎明期から続く7年目の実績 『スマートフォン利用動向調査報告書2013 [市場動向と展望/ケータイとの比較から分析するユーザー動向]』発売 ―契約数は、2012年度の4878万台から、2017年度には9174万台に到達―[市場動向と展望/ケータイとの比較から分析するユーザー動向]』発売インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表

2012年11月27日マイナビ★フィードバック数:26モバイル

職種、業種別に会社でのモバイルの利用について調査しています。

業務でよく使うのに通話料は自腹? スマホが使いたいのに使えない!? 業種別、業界別の携帯電話実態調査

電気通信事業者協会(TCA)が公表した2012年10月末日時点での国内の携帯電話・PHSの累計契約数は、1億2,788万8,300契約だった。これは日本の総人口に匹敵する数である。1人で複数台持っているという人も少なくないだろう。業務での携帯電話の利用に関しては、「BYOD」(Bring Your Own Device)が注目されている。BYODは、個人所有の端末を業務に活用してコスト削減や効率のアップ、働き方の改革を図る動きだ。では、実際に業務で携帯電話を利用している人の割合は、どの程度なのか

2012年11月16日マイナビ★フィードバック数:27モバイル

携帯電話の業務利用についてのアンケートです。

BYODにおける携帯電話の利用と通信料金の実態

個人所有のパソコンやスマートフォンなどの情報機器を業務に使う「BYOD(Bring Your Own Device)」の導入は、コスト削減や業務効率化を図れるというメリットから関心が高まっている。そこで今回は、BYODにおける携帯電話の利用と通信料金の実態について、マイナビニュース会員にアンケートを実施した。期間は10月29日から11月1日までで、919件の有効回答を得た。約3割が1日1回以上、携帯電話を仕事で使用。しかし、会社からの貸与は全体の2割にとどまるアンケートではまず、仕事の際にどのく

2012年6月27日日経BP★フィードバック数:5モバイル

企業でのモバイル利用についての基本的な調査です。

アンケートに見る私物活用の現状 - BYODの実際

アンケートに見る私物活用の現状 - BYODの実際

2012年5月21日日経BP★フィードバック数:17モバイル

PCも含めBYODについての調査結果です。

BYODの実際[調査]アンケートに見る私物活用の現状

BYODの実際[調査]アンケートに見る私物活用の現状

2012年4月24日AT&Tフィードバック数:0企業情報システム

日本企業の「事業継続」に関する調査

AT&T、日本企業の「事業継続」に関する調査を実施 日本企業の「事業継続」への意識向上と「最新テクノロジー」への投資増加が合致する結果に【2012年4月18日 東京発】 AT&Tは、東日本大震災から1年が経過した節目に、東京に拠点を持つ企業を対 象に事業継続計画(BCP: Business Continuity Plan)に関するアンケート調査を実施しました。AT&Tは、世界 各地において事業継続計画に関するアンケート調査を継続的に行っています。今回の調査によると、事業活 動に支障をきたしたり、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ