「Bloomberg」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

今月の経済・金融情勢2015年6月23日号

2015.6.23今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2015年6月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融【米【日国】本】情 勢 資 料2 0 1 5 年 6 月•6月16~17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0~0.25%)の現状維持を決定した。FOMC後に公表された経済・金利見通しでは、FOMCメンバー17人のうち、15人が年内に1~

2015年6月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国6月回復、「テイパー・タントラム」再来でドル高か

リサーチ TODAY2015 年 6 月 10 日米国6月回復、「テイパー・タントラム」再来でドル高か常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表はみずほ総合研究所が独自に作成・公表しているCSI(Cumulative Surprise Index)である。5月の米国経済の定期リポート1で、1~3月期は景気の踊り場だが、4~6月期は持ち直しと展望した。振り返れば、1~3月期、世界経済のけん引役の役割を担うはずの米国経済に変調がみられ、米国の経済指標は相次いで期待外れの結果に終わっていた。

2015年5月31日みずほ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2015年5月22日 人民元為替週間レポート

人民元週間レポート2015年5月22日発行みずほ銀行(中国)有限公司中国為替資金部【人民元為替概況】■今週の回顧ドル売りフローが強まり、直近レンジである6.20を明確にブレイク。•人民銀行(PBOC)仲値は18日に6.1079と15か月ぶりの元高値に設定されたが、19日以降はドル指数上昇を受け3日連続で6.11まで上昇。週前半の人民元実勢相場では実需筋のドル買いフローが減少したが、人民元買い材料も乏しい中方向感を失いつつ推移。ドル人民元は6.20台前半から半ばまで狭いレンジでの動き。一方、21日

今月の経済・金融情勢2015年5月28日号

2015.5.28今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2015年5月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融【米国】情 勢 資 料2 0 1 5 年 5 月•5月28~29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0~0.25%)の現状維持を決定した。利上げ時期やそのペースについての発言はなかったものの、雇用統計が総じて改善傾向にあることなどから、市

Weekly金融市場 2015年5月29日号

http://www.nochuri.co.jp/農林中金総合研究所2015 年 5 月 29 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫6 月 5 日:米雇用統計とギリシャ支援交渉に注目ギリシャの債務返済は、6 月 5 日に期限を迎える IMF への支払い(約 3 億ユーロ)を皮切りに本格化する。目下、債権団はギリシャに対し財政改革等を要求しているものの、合意には至っていない。6 月償還の債務について、ギリシャは資金の目途が立っていないと報じられている。現在もギリシャ問題をめぐる交渉

2015年5月19日商工中金フィードバック数:0社会/政治

月間経済情勢 2015年5月号

2015 年 5 月 13 日発行情報メモ NO.27-20調査部月間経済情勢5 月号目次<最近の経済情勢のポイント><本編>1.国内経済P12.国際経済P9(米国、中国、欧州)3.金融(金利・為替・株価・国際商品市況の動き) P224.『中小企業月次景況観測』抜粋P29<主要経済・金融指標等>P30活発な日本企業による海外活動≪グローバル出荷指数の内訳≫(前年比、%)15国内出荷海外出荷グローバル出荷指数(前年同期比)1050(年/四半期)-512:112:212:312:413:113:21

今月の経済・金融情勢2015年4月21日号

2015.4.21今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2015年4月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融【米国】情 勢 資 料2 0 1 5 年 4 月•3月17~18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0~0.25%)の現状維持を決定する一方、政策の正常化(利上げ)に向けて「忍耐強く」対応するとの文言を削除した。ただし、成長率やインフレ率

2015年4月16日みずほ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2015年4月13日 オフショア人民元レポート

13-Apr-15HK OpenHighLowHK CloseUSD/CNH6.19526.22196.20516.2175+216USD/CNY6.19106.21186.18876.2087+1436.13053,8996.13704,0406.13053,7936.13704,034+22+209pipsHK CloseCNHCNH2,0653.7900%(1yr)(3yr)HK Close-28+0.00%CNH Hibor (3mth)CNH(3yr)4.2650%4.1250%1US

2015年4月15日商工中金フィードバック数:0社会/政治

月間経済情勢 2015年4月号

2015 年 4 月 9 日発行情報メモ NO.27-3調査部月間経済情勢4 月号目次<最近の経済情勢のポイント><本編>1.国内経済P12.国際経済P9(米国、中国、欧州)3.金融(金利・為替・株価・国際商品市況の動き) P224.『中小企業月次景況観測』抜粋P29<主要経済・金融指標等>P30消費税率引き上げ前後の経済120≪増税前後の変化≫(2013年1月=100)120110110100100個人消費住宅投資新規求人数輸出(年/月)9013/0113/07(2013年1月=100)14/

Weekly金融市場 2015年4月10日号

http://www.nochuri.co.jp/農林中金総合研究所2015 年 4 月 10 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫ECB 政策理事会、ベージュブック発表来週は、金融政策に関連するイベントが相次ぐ。まず、15 日に ECB 理事会、終了後にはドラギ総裁の記者会見が予定されている。3 月に追加緩和を開始してから最初の政策理事会となるが、当面は実体経済に緩和効果が波及することを見極める姿勢を続けるとみられ、現行政策の枠組みのまま継続されるだろう。また同日に、米地区連銀

2015年4月5日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

Weekly金融市場 2015年4月3日号

http://www.nochuri.co.jp/農林中金総合研究所2015 年 4 月 3 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫日銀金融政策決定会合開催:追加緩和の可能性薄7∼8 日に日銀金融政策決定会合が開催される。2 月の全国消費者物価指数は生鮮食品を除くコア指数が、増税の影響を除くと前年比横ばいとなったこともあり、一部に追加緩和観測も見られている。しかし、黒田日銀総裁は前回会合後の記者会見等で、物価は一時マイナスになる可能性を排除できないとしたものの、物価の基調が変化する

2015年3月28日みずほ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2015年3月20日 人民元為替週間レポート

人民元週間レポート2015年3月20日発行みずほ銀行(中国)有限公司中国為替資金部【人民元為替概況】■今週の回顧PBOC仲値がドル安元高方向に設定されるにつれてドル人民元実勢相場も6.18台前半まで大幅に上昇。①両会(全国人民代表大会・中国人民政治協商会議)閉幕後は、当局が人民元高を進めようとする意図が見て取れる。ドル人民元実勢相場は中資系大手行のドル売り人民元買いフローに支えられ、300pips超の大幅なドル安元高が進行。②18日のFOMCを受け米国の6月利上げ観測がやや後退したことによりドル

2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済1 月 27〜28 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0〜0.25%)の現状維持を決 定し、政策の正常化に向けて「忍耐強く」対応するとの姿勢も維持した。なお、 「相当な期間維 持する」との文言は削除された。インフレ率については「中長期的に 2%に向けて徐々に上昇す る」との見通しを示した一方、利上げ時期については「国際情勢」に関するデータを考慮する意 向も追加した。  米国の経済指標をみると、雇用統計(1 月)の失業率は

2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今月の経済・金融情勢2015年02月23日号

2015.2.23今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2015年2月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米 国•情 勢 資 料2 0 1 5 年 2 月1月27~28日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0~0.25%)の現状維持を決定し、政策の正常化に 向けて「忍耐強く」対応するとの姿勢も維持した。なお、「相当な期間維持する」との文言は削除

2015年2月18日みずほ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2015年2月13日 人民元為替週間レポート

人民元週間レポート民元週間 ポ2015年2月13日発行みずほ銀行(中国)有限公司中国為替資金部【人民元為替概況】■今週(2月9日~2月13日)の回顧今週のPBOC仲値は引続き6.13台前半を中心とした設定となる中、ドル人民元実勢相場は先週の流れを受け継ぎドル高元安水準で横ばい推移。春今週のPBOC仲値は引続き613台前半を中心とした設定となる中 ドル人民元実勢相場は先週の流れを受け継ぎドル高元安水準で横ばい推移 春節が近づき市場参加者が減少する中、取引は閑散としており日中の値動きは50pips程

Weekly金融市場 2015年2月13日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2015 年 2 月 13 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫10∼12 月期の GDP 速報発表:3 四半期ぶりのプラス成長が見込まれる16 日に実質 GDP(10∼12 月期第一次速報)が発表される。当総研では、前期比 0.9%(同年率換算3.8%)と予想している(民間シンクタンクのコンセンサスもほぼ同様)。民間消費と純輸出がけん引役になるとみられるが、2 四半期連続でマイナス成長となったことで拡大している需

2015年2月3日みずほ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2015年1月30日 人民元為替週間レポート

人民元週間レポート2015年1月30日発行みずほ銀行(中国)有限公司中国為替資金部【人民元為替概況】■今週(1月26日~1月30日)の回顧・ECBの量的緩和決定を受けて先週末にかけてドル指数が上昇したことで、週明け26日·27日のPBOC仲値は大幅にドル高元安となる6.13台後半、その後28日にはドル指数が反落したことで6.1282のドル安元高水準で設定。週後半はドル指数が切り返したことでPBOC仲値も6.13台に回復。・今週のドル人民元実勢相場は先週よりも大幅にドル高元安が進行し変動幅上限に接

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今月の経済・金融情勢2015年1月26日号

2015.1.26今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2015年1月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米日国本情 勢 資 料2 0 1 5 年 1 月•12月16~17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0~0.25%)について、前回までの「相当な期間維持する」との文言を残しつつ、政策の正常化に向けては「忍耐強く」対応すると、15年内の利

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済12 月 16∼17 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0∼0.25%)について、前回までの「相当な期間維持する」との文言を残しつつ、政策の正常化に向けては「忍耐強く」対応するという方針が示された。また、イエレン FRB 議長は FOMC 後の会見で、少なくとも次回(1月)と次々回(3 月)の FOMC で利上げを実施する可能性は低いと説明している。米国の経済指標をみると、雇用統計(12 月)の失業率は 5.6%と前月(5.

2015年1月14日商工中金フィードバック数:0社会/政治

月間経済情勢 2015年1月号

2015 年 1 月 7 日発行情報メモ NO.26-122調査部月間経済情勢1 月号目次<最近の経済情勢のポイント><本編>1.国内経済P12.国際経済P9(米国、中国、欧州)3.金融(金利・為替・株価・国際商品市況の動き) P224.『中小企業月次景況観測』抜粋P29<主要経済・金融指標等>P30物価の伸び悩み4≪消費者物価の変化要因≫(前年比、%)その他3消費税2食料賃金1輸入物価0円安需給要因-1コアCPI-210:110:311:111:312:112:313:113:314:1(注)

Weekly金融市場 2015年1月9日号

http://www.nochuri.co.jp/農林中金総合研究所2015 年 1 月 9 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫材料は経済指標中心:ベージュブック公表も、足元は ECB 追加緩和期待へ14 日に地区連銀経済報告(ベージュブック)が発表される。足元の生産、雇用、消費は、これまでの表現をおおむね踏襲し、全般に回復傾向が続いているとの内容になる可能性が高い。一方、7 日に公表された FOMC 議事要旨(12 月 16∼17 日開催分)では、利上げ時期に加え、原油価格の下落などを

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済12 月 16∼17 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0∼0.25%)について、前回までの「相当な期間維持する」との文言を残しつつ、政策の正常化に向けては「忍耐強く」対応すると、15 年内の利上げを見据えた方針が示された。また、イエレン FRB 議長は FOMC 後の会見で、少なくとも次回(1 月)と次々回(3 月)の FOMC で利上げを実施する可能性は低いと説明している。米国の経済指標をみると、雇用統計(11 月)の失

Weekly金融市場 2014年12月12日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 12 月 12 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫日米で金融政策決定会合:米利上げに向けた動きに注目米国では 16∼17 日に FOMC が開催される。会合後、イエレン FRB 議長の記者会見、および最新の米経済見通しの発表が予定されており、市場関係者の注目度の高いが、今回の焦点は、ゼロ金利政策の期間をめぐって、声明文にある「相当な期間(considerable time)」の文言がどう変更されるか

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済10 月 28∼29 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、債券買入額(当初 850 億ドル)を 10月末をもってゼロとし、12 年 9 月に開始した量的緩和策第 3 弾(QE3)を終了することが決まった。また、政策金利(0∼0.25%)については今後も「相当な期間」維持するとの方針を改めて示したほか、今後発表される経済指標の動向次第によって利上げ時期の前倒し、あるいは先送りを決定するとの方針も示した。米国の経済指標をみると、雇用統計(1

今月の経済金融情勢2014年11月25日号

2014.11.262014.11.28 BRICs+豪加筆修正今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年11月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米国情 勢 資 料2 0 1 4 年 1 1 月•10月28~29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、債券買入額(当初850億ドル)を10月末をもってゼロとし、12年9月に開始した量的緩和策第3弾(Q

Weekly金融市場 2014年11月14日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 11 月 14 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫消費税再増税を先送りし、衆院解散か?7∼9 月期 GDP1 次速報は当初の見込みより低い可能性消費税増税後の経済情勢は、全体的に見ると弱さは否めず、実質所得の目減りが消費回復の重石となっている。こうした中、17 日に「GDP(7∼9 月期 1 次速報)」が発表されるが、プラス成長に戻るものの、増税直後の見通しに比べ弱いとの見方が大勢である。安倍首相は

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済9 月 16∼17 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル、13 年 12 月以降 FOMC 実施ごとに 100 億ドルずつ減額)を、9 月から150 億ドルに減額することを決めるとともに、米国経済が予想通り順調に推移すれば同買入れ策を 10 月で終了するとの見通しを示した。また、政策金利(0∼0.25%)については QE3 終了後も「相当な期間」維持するとの方針を改め

今月の経済・金融情勢2014年10月23日号

2014.10.23今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年10月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米 国•情 勢 資 料2 0 1 4 年 1 0 月9月16~17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850 億ドル、13年12月以降FOMC実施ごとに100億ドルずつ減額)を、9月から150億

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済9 月 16∼17 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル、13 年 12 月以降 FOMC 実施ごとに 100 億ドルずつ減額)を、9 月から150 億ドルに減額することを決めるとともに、同買入れ策を 10 月で終了するとの見通しを示した。また、政策金利(0∼0.25%)については QE3 終了後も「相当な期間」維持するとの方針を改めて示した一方、同時に公表された経済

今月の経済・金融情勢2014年9月22日号

2014.9.22今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年9月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米日国本金融市場情 勢 資 料2 0 1 4 年 9 月•9月16~17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル、13年12月以降FOMC実施ごとに100億ドルずつ減額)を、9月から150億

今月の経済・金融情勢2014年08月27日号

2014.8.27今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年8月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米日国本金融市場情 勢 資 料2 0 1 4 年 8 月•7月29~30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル、昨年12月以降FOMCごとに100億ドルずつ減額)を、8月から250億ドルに

今月の経済・金融情勢2014年08月22日号

2014.8.22今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年8月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米日国本金融市場情 勢 資 料2 0 1 4 年 8 月•7月29~30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル、昨年12月以降FOMCごとに100億ドルずつ減額)を、8月から250億ドルに

Weekly金融市場 2014年8月22日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 8 月 22 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫米 GDP 改定値発表:修正幅は小幅にとどまるとの見方が大勢28 日に、4∼6 月期の米 GDP 改定値が発表される。コンセンサス中央値(Bloomberg 集計、22 日現在)によれば、前期比年率 3.9%と、速報値(同 4.0%)から小幅な下方修正が予想されている。市場の予想通り、改定値で下方修正が小幅にとどまれば、米経済の底堅さが改めて確認される

2014年8月13日商工中金フィードバック数:0社会/政治

月間経済情勢 2014年8月号

2014 年 8 月 6 日発行情報メモ NO.26-56調査部月間経済情勢8 月号目次<最近の経済情勢のポイント><本編>1.国内経済P12.国際経済P9(米国、中国、欧州)3.金融(金利・為替・株価・国際商品市況の動き) P224.『中小企業月次景況観測』抜粋P29<主要経済・金融指標等>P30労働力の供給能力6,450≪就業者数と失業者数≫(万人)(万人)6,450400就業者364失業者(右)6,4003506,3596,3503006,300244 2502406,2566,25004

2014年8月3日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済6 月 17∼18 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル、昨年 12 月以降 FOMC ごとに 100 億ドルずつ減額)を、7 月から 350 億ドルに減額することを決めた。なお、順調に経済状況の改善が進めば、10 月にも QE3 が終了するとの見通しが示された。また、政策金利(0∼0.25%)については、労働市場のほかにもインフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情

今月の経済・金融情勢2014年7月22日号

2014.7.22今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年7月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 4 年 7 月米国•6月17~18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル、昨年12月以降FOMCごとに100億ドルずつ減額)を、7月から350億ドルに減額すること

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済6 月 17∼18 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル)、14 年 1 月(650 億ドル)、同年 3 月(550億ドル)、同年 4 月(450 億ドル)の FOMC に続いて減額し、350 億ドルとすることが決まった。また、政策金利(0∼0.25%)については、労働市場のほかにもインフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情報

Weekly金融市場 2014年6月27日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 6 月 27 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫イエレン FRB 議長講演、豪・欧で金融政策決定会合7 月 2 日にイエレン FRB 議長が IMF で講演する。利上げの見通しや物価水準に対する FRB の認識を改めて表明する可能性もあり、発言に注目が集まっている。金融政策決定会合では、主に以下 2 つが予定されているが、現状維持が見込まれている。7 月 1 日には豪中銀金融政策決定会合が開催される

今月の経済・金融情勢2014年6月23日号

2014.6.23今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年6月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米日国本金融市場情 勢 資 料2 0 1 4 年 6 月•6月17~18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル)を、13年12月(750億ドル)、14年1月(650億ドル)、同年3月(55

2014年6月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 景気鈍化に自信が持てない

Global Market Outlook景気鈍化に自信が持てない2014年6月13日(金)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452313:48 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値14878.0016,734.199,938.706,843.114,554.40101.93 円1.3558 ㌦0.611

Weekly金融市場 2014年6月13日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 6 月 13 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫米 FOMC 開催:経済見通しとイエレン議長の記者会見に注目米連邦公開市場委員会(FOMC)が 17∼18 日に開催される。資産買入額の減額幅はこれまでと同様計 100 億ドルとなると予想される。今回は 3 ヶ月に 1 度発表される経済見通し、イエレン議長の記者会見が注目ポイントである。経済見通しでは、成長率、雇用、物価の見通しが示されるが、景気の現状

2014年6月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済4 月 29∼30 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル)、14 年 1 月(650 億ドル)、同年 3 月(550億ドル)の各 FOMC に続いて減額し、5 月から 450 億ドルとすることを決めた。また、政策金利(0∼0.25%)については、3 月の FOMC で、労働市場のほかインフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情報

2014年6月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今月の経済・金融情勢2014年5月26日号

2014.5.26今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年5月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 4 年 5 月1.米国では、4月29~30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル)を、13年12月(750億ドル)、14年1月(650億ドル)、同年3月(550億ド

2014年4月30日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2014年4月(中国)

平成 26 年(2014 年)4 月 30 日景気は低調な状態が続くも、政策対応は限定的中国経済は、4 月 16 日発表の 1-3 月期実質 GDP 成長率が前年比+7.4%となり、昨年 10-12 月期(同+7.7%)から低下。2012 年 7-9 月期(同+7.4%)以来の低成長に終わった。月次経済指標をみると、直近 3 月は工業生産が前年比+8.8%(1-2 月平均:同+8.6%)、固定資産投資(都市部、年初来累計)が同+17.6%(2 月:同+17.9%)、小売売上高が同+12.2%(1

今月の経済・金融情勢2014年4月21日号

2014.4.21今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年4月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 4 年 4 月1.米国では、3月18~19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル)を、13年12月(750億ドル)、14年2月(650億ドル)に続けて縮小し、4月か

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済3 月 18∼19 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル)、14 年 2 月(650 億ドル)に続けて縮小し、4 月から 550 億ドルとすることを決めた。一方、政策金利(0∼0.25%)については、労働市場のほか、インフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情報を幅広く考慮し、インフレ率が引き続き FOMC の中長期目標である

Weekly金融市場 2014年4月25日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 4 月 25 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫日銀「展望レポート」発表:16 年度の成長率・物価見通しを公表、追加緩和は温存か30 日に日銀金融政策決定会合が開催され、展望レポートが公表される。今回の展望レポートから 16年度の景気・物価見通しが加わることとなる中、一部報道では物価見通しが 15 年度同様に 2%程度とすると報じられている。黒田日銀総裁は 4 月 8 日に需給ギャップの解消が進み、完全雇用に

Weekly金融市場 2014年4月18日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 4 月 18 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫消費税増税後の物価動向が明らかに7∼8 日に開催された日銀金融政策決定会合後の記者会見で、黒田総裁はほぼ想定通りの物価で推移しているとし、現時点で追加緩和の必要性を否定した。同時に、日銀独自で物価動向をモニタリングしていることも表明し、4 月分から日銀金融経済月報や展望レポートの発表に合わせて消費税増税の影響を除いたベースの数値を公表する予定であり、物価に対する

2014年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 離陸待ちが続く

Global Market Outlook離陸待ちが続く2014年4月11日(金)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:19 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金(円)終値13960.0516,170.229,454.546,641.974,413.49前日比-340.07-266.96-51.81

Weekly金融市場 2014年4月11日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 4 月 11 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫ベージュブック(地区連銀経済報告)発表米 FRB は 16 日、ベージュブック(地区連銀経済報告)を発表する。FOMC 開催の約 2 週間前に発表される同報告は FOMC の参考資料であり、各地区の雇用環境や生産、消費の現状に注目が集まる。寒波の影響から脱し、底堅く推移する雇用状況を背景に早期利上げ観測がくすぶっているが、最新の情勢に注目したい。中国経済のモメン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ