「BrandZ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年7月7日カンター・ジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

WPP ブランド価値ランキング

WHAT'S NEWGoogleがAppleを上回り、ブランド価値1位を奪還。世界で最も価値のある日本ブランドは、トヨタ。カンター・ジャパンは、世界最大の広告会社WPP(ダブリューピーピー)の子会社です。WPPグループは、今年で11年目となる2016年の世界のブランド価値ランキング(『BrandZ™ Top 100 Most Valuable Global Brands Ranking (最も価値のあるグローバルブランド トップ100ランキング)』)を発表いたしました。このブランド価値の算出は、

炭酸飲料を飲む人の評価が最も高いのはコカ・コーラ

WHAT'S NEWでも、炭酸飲料を飲む人の評価が最も高いのはコカ・コーラ市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、今年の6月から7月にかけて、主な炭酸飲料ブランドの認知や評価などについてインターネットで調査を行いました。対象は、18歳から65歳の男女で、最近炭酸飲料を飲んだ人です。すると、「認知・飲用経験のあるブランド」という点で、発売から歴史の長いブランド間では大きな差が見られなかったものの、「購入の選択肢に入るブランド」という点では、コカ・コー

アメリカの消費者が日本の自動車ブランドをどう見ているのか

WHAT'S NEWアメリカの消費者のトヨタブランドに対する評価は 回復の兆し。- 過去4年間に新車を購入した人、又は今後2年以内に新車を購入する 予定がある人に聞いた -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、アメリカの消費者が日本の自動車ブランドをどう見ているのかについて調査を行いました。対象は、18歳から65歳までの男女で、過去4年間に新車を購入した人、又は今後2年以内に新車を購入する予定がある人397名です。これによると、トヨタ車を「評価で

主な男性向けのパーソナルケア製品ブランドに関する認知度と評価について

WHAT'S NEW身だしなみケア、男性に最も支持される「ギャツビー」 - 18-65歳男性に聞く、男性向けパーソナルケア製品の認知と評価 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮島正敬)は、ここ数年身だしなみやスキンケアに対する男性の意識が高まっている風潮を受けて、主な男性向けのパーソナルケア製品ブランドに関する認知度と評価について調査を行いました。対象:18-65歳のパーソナルケア製品を購入したことのある男性400サンプル構成:18-24歳(12%)、2

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ