「BtoC」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

電子商取引に関する市場調査

電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました ~国内BtoC-EC市場が15兆円を突破。中国向け越境EC市場も1兆円を突破~2017.04.26省庁・団体名経済産業省概要 経済産業省は、「平成28年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態及び日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について調査しました。今般、その結果を取りまとめました。内容1.調査結果概要1.国内電子商取引市場規模(BtoC及びBtoB) 平成2

2017年3月29日日経BPフィードバック数:0マーケティング

ブランド・ジャパン2017

スタジオジブリが2回目の首位有職者評価では、6年連続首位のトヨタ自動車に本田技研工業が続く 日経BPコンサルティング調べ「ブランド・ジャパン2017」調査結果発表2017年3月24日 株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、今年で17回目を迎えるブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン2017」の結果をまとめ、本日(2017年3月24日)、調査報告書を発行・発売する。調査は2016年11月から12月にかけて実施され、回答者数は約5万5千人だった。調査結果のポイント調査結果よりスタジオジ

2017年1月3日インプレスフィードバック数:0マーケティング

インターネット通販TOP200調査報告書2017

国内ネット通販市場シェアの42.7%を占めるTOP200社の詳細データを公開 『インターネット通販TOP200調査報告書2017』を12月20日に発売インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、インターネット通販市場の推移やネット通販事業者の詳細データを調査した『インターネット通販TOP200調査報告書2017』を12月20日に発売しました。本書はインターネット通販市場における企業の動向、消費者の変化、各種サービス対応

2016年12月18日日経BPフィードバック数:0マーケティング

「ブランド・ジャパン2017」ノミネートリスト

「ポケモンGO」「テスラ」など、注目ブランドが初お目見え 日本最大規模のブランド価値評価調査プロジェクト 「ブランド・ジャパン2017」ノミネートリストを発表 日経BPコンサルティング 「ブランド・ジャパン2017」 を2017年3月24日発行2016年12月08日 株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、2017年3月24日に発行を予定する「ブランド・ジャパン2017」の調査対象とした1,500のノミネートブランド(BtoC編1,000ブランド、BtoB編500ブランド)を発表した(

2016年6月16日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

電子商取引に関する市場調査

電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場規模は13.8兆円に成長~ 経済産業省は、「平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態及び日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について調査しました。今般、その結果を取りまとめましたので、公表します。 1.調査結果概要 (1)国内電子商取引市場規模平成27年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、13.8兆円(前

2016年5月27日ITR★★フィードバック数:0マーケティング

ITR Cross View:SFA/マーケティング管理市場の実態と展望2016

ITR Cross View:SFA/マーケティング管理市場の実態と展望2016本レポートは、国内のSFA、メール送信、ソーシャルメディア解析、統合型マーケティング支援の全4分野を対象に調査しています。本レポートの主なトピックは以下の通りです。 調査ハイライト今後強化したいマーケティング施策のトップは「SEO」、2番目以降はBtoBはWeb関連施策、BtoCはメール・マーケティング施策が重視 今回の調査は、従業員数100人以上で、SFA/マーケティング関連製品の導入に積極的な国内企業で、自社の

2016年4月4日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

ブランド・ジャパン2016

HOME>最新情報>ニュースリリース>2016>消費者が最も支持したのはアマゾン。国内ブランドではキユーピーが最上位。有職者の評価では、5年連続首位のトヨタ自動車にパナソニックが続く。大幅に評価を落とした東芝には、今後への期待が集まる。消費者が最も支持したのはアマゾン。国内ブランドではキユーピーが最上位。有職者の評価では、5年連続首位のトヨタ自動車にパナソニックが続く。大幅に評価を落とした東芝には、今後への期待が集まる。 日経BPコンサルティング調べ「ブランド・ジャパン2016」2016年03月

2015年5月31日経済産業省★★★フィードバック数:0マーケティング

経産省の調査です。

電子商取引に関する市場調査

電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC 市場規模は12.8 兆円に成長~ 【6月29日発表資料差し替え】以下の2資料を差し替えました。・調査結果要旨(4ページ図表)・報告書(29ページ図表) 経済産業省は、「平成26 年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向及びEU における電子商取引関連法制度について調査しました。今般、その結果を取りまとめま

2015年3月29日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

ブランドランキングです。

ブランド・ジャパン2015

【BtoC編】セブン-イレブンが総合力で首位を獲得。コンビニエンスストアの首位は初【BtoB編】トヨタ自動車が4年連続の首位、第2位はセブン-イレブン ―「ブランド・ジャパン2015」を本日リリース―2015年03月27日株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、今年で15回目を迎えるブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン2015」の結果をまとめ、本日(2015年3月27日)、調査報告書を発行・発売する。「ブランド・ジャパン」は、一般消費者、ビジネスパーソンの声に耳を傾けるアンケート調

2014年12月12日日経BPフィードバック数:0マーケティング

ブランド・ジャパン2015 ノミネート

日本最大規模のブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン2015」、調査対象1500ブランドを発表 消費者が「評価」「好感」の観点で選んだブランド想起調査の結果をもとに決定!BtoC編で91、BtoB編で56のブランドが新たにノミネート2014年12月12日 株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、来年2015年に15回目を迎える「ブランド・ジャパン2015」の調査対象となる1500ブランド(BtoC編1,000ブランド、BtoB編500ブランド)のノミネートブランドを発表した(表1、表

2014年3月28日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

LINEの注目が高まっています。

ブランド・ジャパン2014

BtoC編:30周年のディズニー、10年ぶりの首位獲得。ヒートテックも初のトップ10入り。BtoB編:トヨタ自動車が首位を堅守。東芝、TOTO、日立製作所など、日本メーカーが復調傾向 ―「ブランド・ジャパン2014」を本日リリース―2014年03月28日株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、今年で14回目を迎えるブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン2014」の結果をまとめ、本日(2014年3月28日)、調査報告書を発行・発売する。「ブランド・ジャパン」は、一般消費者から企業ならび

2014年3月6日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2014年2月

業況DIは、改善。先行きは持ち直しへの期待感みられるも、ほぼ横ばい11月の全産業合計の業況DIは、▲14.9と、前月から+1.1ポイントの改善。電子部品、自動車、産業用機械関連を中心に製造業が全体を牽引したほか、インバウンドを含む観光需要の拡大や、消費の持ち直しを指摘する声が聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や、仕入価格、運送費の上昇、消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きは力強さを欠いている。 付帯調査テーマ ・コスト増加分の価格転嫁の動向(Bt

2013年11月28日薬事法ドットコムフィードバック数:0ライフスタイル

Webマーケティングに関する調査

[株式会社薬事法ドットコム] ,薬事法 BtoC Webマーケティングに関する調査

2013年10月2日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査 2013年9月

業況DIは、改善。先行きは持ち直しへの期待感みられるも、ほぼ横ばい11月の全産業合計の業況DIは、▲14.9と、前月から+1.1ポイントの改善。電子部品、自動車、産業用機械関連を中心に製造業が全体を牽引したほか、インバウンドを含む観光需要の拡大や、消費の持ち直しを指摘する声が聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や、仕入価格、運送費の上昇、消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きは力強さを欠いている。 付帯調査テーマ ・コスト増加分の価格転嫁の動向(Bt

2013年5月8日日本商工会議所フィードバック数:5社会/政治

早期景気観測調査(2013年4月調査)

業況DIは、改善。先行きは持ち直しへの期待感みられるも、ほぼ横ばい11月の全産業合計の業況DIは、▲14.9と、前月から+1.1ポイントの改善。電子部品、自動車、産業用機械関連を中心に製造業が全体を牽引したほか、インバウンドを含む観光需要の拡大や、消費の持ち直しを指摘する声が聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や、仕入価格、運送費の上昇、消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きは力強さを欠いている。 付帯調査テーマ ・コスト増加分の価格転嫁の動向(Bt

2013年4月4日日本商工会議所フィードバック数:1社会/政治

早期景気観測調査(2013年3月調査)

業況DIは、改善。先行きは持ち直しへの期待感みられるも、ほぼ横ばい11月の全産業合計の業況DIは、▲14.9と、前月から+1.1ポイントの改善。電子部品、自動車、産業用機械関連を中心に製造業が全体を牽引したほか、インバウンドを含む観光需要の拡大や、消費の持ち直しを指摘する声が聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や、仕入価格、運送費の上昇、消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きは力強さを欠いている。 付帯調査テーマ ・コスト増加分の価格転嫁の動向(Bt

2013年3月22日日経BP★フィードバック数:12マーケティング

B2B、B2Cそれぞれのランキングです。

ブランド・ジャパン2013

BtoC編でAppleが首位を堅守、革新性、卓越性がブランド力向上のカギに。コンビニ大手各社のブランド力が好調に推移する一方、電機・家電系は振るわず ―「ブランド・ジャパン2013」の結果を本日リリース―2013年03月22日 株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、今年で13年目を迎える日本最大のブランド評価調査プロジェクト「ブランド・ジャパン2013」の結果をまとめ、本日(2013年3月22日)、調査結果報告書を発行・発売する。来る4月19日には、東京コンファレンスセンター・品川に

2013年2月20日野村総合研究所フィードバック数:5マーケティング

BtoC EC市場

BtoC EC市場

2013年1月10日日本商工会議所フィードバック数:41社会/政治

早期景気観測調査(12月調査)

業況DIは、改善。先行きは持ち直しへの期待感みられるも、ほぼ横ばい11月の全産業合計の業況DIは、▲14.9と、前月から+1.1ポイントの改善。電子部品、自動車、産業用機械関連を中心に製造業が全体を牽引したほか、インバウンドを含む観光需要の拡大や、消費の持ち直しを指摘する声が聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や、仕入価格、運送費の上昇、消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きは力強さを欠いている。 付帯調査テーマ ・コスト増加分の価格転嫁の動向(Bt

2012年11月8日日本商工会議所フィードバック数:4社会/政治

早期景気観測調査(10月調査)

業況DIは、改善。先行きは持ち直しへの期待感みられるも、ほぼ横ばい11月の全産業合計の業況DIは、▲14.9と、前月から+1.1ポイントの改善。電子部品、自動車、産業用機械関連を中心に製造業が全体を牽引したほか、インバウンドを含む観光需要の拡大や、消費の持ち直しを指摘する声が聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や、仕入価格、運送費の上昇、消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きは力強さを欠いている。 付帯調査テーマ ・コスト増加分の価格転嫁の動向(Bt

国内B2B、B2Cおよび海外ECの市場規模です。

平成23年度我が国情報経済社会における基盤整備(電子商取引に関する市場調査)

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2012年7月4日日本商工会議所フィードバック数:41社会/政治

早期景気観測調査(6月調査)

業況DIは、改善。先行きは持ち直しへの期待感みられるも、ほぼ横ばい11月の全産業合計の業況DIは、▲14.9と、前月から+1.1ポイントの改善。電子部品、自動車、産業用機械関連を中心に製造業が全体を牽引したほか、インバウンドを含む観光需要の拡大や、消費の持ち直しを指摘する声が聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や、仕入価格、運送費の上昇、消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きは力強さを欠いている。 付帯調査テーマ ・コスト増加分の価格転嫁の動向(Bt

2012年5月30日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2012年4月PG・SE職採用動向

[] <要旨>Web系・業務系エンジニアでは、前月に続きスマートフォン向けアプリやソーシャルアプリ開発の求人が増加し、新年度の採用計画に基づく求人も目立ちました。特に大手プラットフォーム向けソーシャルゲームを自社開発する企業の求人増が顕著で、創立間もない企業では将来のコアメンバーとなり得る人材を求めています。開発言語としてはPHPやJava、Objective-Cの経験を挙げる企業が多い中、業界経験やWeb系言語での開発実務経験がなくても応募可とする求人も増え始めました。こういった求人に関しては

2012年3月30日日経BP★フィードバック数:30マーケティング

企業ブランドランキングです。

ブランド・ジャパン2012

BtoC 編でApple が初の首位に、ブランド総合力上昇率の第1 位はFacebook。震災復興活動が評価され「ヤマト運輸」「ソフトバンク」「オリエンタルランド」などが上昇 ―「ブランド・ジャパン2012」の結果を本日リリース―2012年03月30日 株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、今年で12 年目を迎える日本最大のブランド評価調査プロジェクト「ブランド・ジャパン2012」の結果をまとめ、本日(2012 年3 月30 日)、調査結果報告書を発行・発売する。来る4 月20 日に

2010年8月17日矢野経済研究所フィードバック数:17マーケティング

ECサイト構築市場に関する調査結果2010

2010年08月17日 ECサイト構築市場に関する調査結果2010 ~単なる販売チャネルに止まらないECサイト構築も~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてECサイト構築市場の調査を実施した。1.調査期間:2010年6月~7月2.調査対象:ECサイト構築事業者、EC事業者3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用調査結果サマリー◆ BtoC-ECの高成長に伴って市場拡大を続けるものの、2009年には投資冷え込みも経済産業省の調べに

2010年6月29日D2C★フィードバック数:0マーケティング

D2Cによるモバイル広告に関する企業対象の調査結果です。

2010年企業のモバイル広告利用動向調査

プレスリリース 2010.06.25 2010年企業のモバイル広告利用動向調査  日経BP社「日経ネットマーケティング」、株式会社ディーツー コミュニケーションズは、日本国内で1億1300万台(2010年5月TCA調べ)普及している携帯電話を利用したモバイル広告について、企業のモバイル広告の利用動向調査を共同で実施した。日本国内の上場企業および有力未上場企業の計4221社を対象に、2010年4月にアンケートを実施し、642社が回答した。回収率15.2%。調査結果より、以下の5つのポイントを確

2010年5月31日矢野経済研究所フィードバック数:9大型消費/投資

インターネット決済サービスに関する調査結果2010

2010年05月26日 インターネット決済サービスに関する調査結果2010 ~市場成長は継続するものの、低価格化進行の影響は避けられず~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてインターネット決済サービスの調査を実施した。1.調査期間:2010年2月~5月2.調査対象:インターネット決済サービス事業者3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<インターネット決済サービス市場とは>インターネット通販やモバイル通販などにおいて、EC事業者

2009年1月5日野村総合研究所フィードバック数:11企業情報システム

2013年度までの国内IT主要市場の規模とトレンド(2)

「モバイル」がけん引し、オンライン決済市場は、5年後に4,500億円と倍増 ~ 2013年度までの国内IT主要市場の規模とトレンドを展望(2) ~株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、会長兼社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、2013年度までの国内を中心とするIT主要5市場の分析と規模予測を行いました。2008年12月15日に発表した、ブロードバンド市場、放送メディア市場に続く第二弾として、今回は、ネットビジネス市場7分野、モバイル市場4分野、ハード市場7分野についての予測結果を発表しま

2008年3月24日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

企業の情報化実態調査 後編

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。 今や、Webサイトは企業の顔とも言えるもの。自社サイトを開設するとしないとでは、社会的信用度に大きな差が表れる。個人や取引先を対象にした自社サイトの開設状況をたずねたところ「開設している」と回答した企業は92.2%に及んだ。企業規模別で見ても、従業員数が1000人以上の企業で94.0%、従業員数が100人未満の企業でも90.1%に達した。取引の成否は運用面にある 情報やサービスを提供するだけでなく、インターネットを利用して製品などを販売する「

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ