「CAGR」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月1日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

フォースフィードバックデバイス世界市場に関する調査を実施(2017年)

2017年02月24日 フォースフィードバックデバイス世界市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にてフォースフィードバックデバイス世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年10月~2017年1月2.調査対象:フォースフィードバック用アクチュエータメーカー、駆動IC メーカー、ソフトウェアメーカー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<フォースフィードバックとは>スマートフォンやゲー

2017年1月4日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別タブレット市場予測

法人向けタブレット出荷台数の2015年~2020年の年間平均成長率はマイナス4.8%と予測 法人向けタブレット市場は、製造、金融、サービス産業が市場をけん引 学校タブレットの仕様の統一に早急に取り組むことが必要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年5月時点の予測に基づいた国内法人向けタブレット市場の2016年~2020年における産業分野別予測を

2016年12月29日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野/企業規模別予測

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野/企業規模別予測を発表 国内第3のプラットフォーム市場は、企業向け市場の成長率が高く、モビリティを中心に成長してきた一般消費者市場は飽和状態となる 企業向け市場では、予測期間前半はモビリティをベースにクラウド、ソーシャル市場を取り込んで成長し、後半には、ビッグデータ市場の成長も誘発する結果、2020年には約14兆円市場に成長する 特に小売、保険、製造業、公益業界における大企業を中心に成長し、予測期間後半には製造業や保険業界を中心に中堅中小企業において

2016年12月9日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場予測

国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場予測を発表 2016年の国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場規模は、前年比6.8%減の7,549億円と予測 2015年~2020年の年間平均成長率はマイナス2.8%、2020年の市場規模を7,037億円と予測 トラディショナルIT(従来型IT)インフラストラクチャから、クラウドITインフラストラクチャへの投資シフトが加速 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13

2016年11月28日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測を発表 2015年の国内インフラストラクチャサービス市場規模は2兆4,498億円 2015年~2020年の年間平均成長率は1.7%、2020年の市場規模は2兆6,661億円と予測 ハイブリッドクラウド運用管理とマネージドセキュリティサービスが今後の成長を支える IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内IT

2016年11月22日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

BPO市場・クラウドソーシングサービス市場に関する調査を実施(2016年)

2016年11月11日 BPO市場・クラウドソーシングサービス市場に関する調査を実施(2016年) ~法改正などから非IT系BPO市場は増加で推移、クラウドソーシング市場は大手開拓がカギ~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)、及びクラウドソーシングサービス市場の調査を実施した。1. 調査期間:2016年7月~10月2. 調査対象:SIer、コールセンター事業者、印刷系、会計系、事務処理系、人事系、人材派遣系、オフショア系、倉庫系、福利厚生

2016年11月3日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内ドキュメントアウトソーシングサービス市場予測

国内ドキュメントアウトソーシングサービス市場予測を発表 2015年の国内ドキュメントアウトソーシングサービス市場は、2,852億円 2015年~2020年の年間平均成長率は7.1%、2020年市場規模は4,023億円と予測 各種制度改革によってBPOドキュメントサービス(関連業務全般)市場が拡大 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ドキュメント

2016年9月9日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内コピー/プリント関連市場およびページボリュームの動向

国内コピー/プリント関連市場およびページボリュームの動向を発表 2015年 国内コピー/プリント関連ハードウェア市場売上額は9,234億円、前年比成長率1.4% 2015年 国内ページボリューム(出力ページ数)は3,366億ページ、前年比成長率0.9% 市場縮小が予測される中、ハードウェアの枠を超えた新たな提供価値/販売方法の確立が必要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03

2016年8月9日矢野経済研究所フィードバック数:0デジタル家電

ドローン(UAV/UAS)世界市場の調査を実施(2016年)

2016年08月03日 ドローン(UAV/UAS)世界市場の調査を実施(2016年) 調査要綱矢野経済研究所では、以下の調査要綱にてドローン(UAV/UAS)の世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年1月~6月2.調査対象:ドローンメーカー、ドローンサービスユーザー企業、アプリケーション企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談調査ならびに文献調査を併用<ドローンとは>ドローンは、無人航空機の俗称で、UAV(Unmanned Aerial Vehicle)、UAS(Unmanne

2016年6月25日IDCフィードバック数:0デジタル家電

国内法人向けタブレットソリューション市場予測

国内法人向けタブレットソリューション市場予測を発表 2016年の法人向けタブレットソリューション市場のタブレット出荷台数は226万台、2015年~2020年の年間平均成長率は7.6%と予測 今後、日本郵便の高齢者向けタブレットの出荷が市場をけん引 タブレットソリューション市場はオムニチャネルやB2B2Cでの需要および学校向けが成長の鍵となる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:

2016年6月16日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内セキュリティ市場予測

2015年のセキュリティ製品市場規模は前年比5.5%増の2,699億円。2015年~2020年の年間平均成長率は4.7%、2020年には3,403億円と予測 2015年のセキュリティサービス市場規模は6,811億円、前年比成長率5.5%。2015年~2020年の年間平均成長率は5.2%、2020年には8,757億円と予測 オンプレミスのセキュリティシステムとクラウド型セキュリティゲートウェイソリューションを組み合わせたハイブリッドソリューションの訴求が重要 IT専門調査

2016年6月10日IDC★★フィードバック数:0モバイル

国内エンタープライズモビリティ関連市場予測

国内エンタープライズモビリティ関連市場予測を発表 国内企業におけるタブレット/スマートフォンの総稼働台数は、2020年、1,598万台に増加。2015年~2020年の年間平均成長率は10.5%と予測 国内エンタープライズモビリティ向けITサービス市場における支出額は、2020年に3,423億円となり、2015年~2020年の年間平均成長率は21.6%と予測 デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を志向する企業の広がりが、今後のエンタープライズモビリティ市場の成長要因となる

2016年2月26日IDC★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測

国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測を発表 国内IoT市場は、2020年まで年間平均成長率16.9%で成長し、13.8兆円に達する 市場成長をけん引するユースケースは、製造オペレーション、製造アセット管理、輸送貨物管理、スマートグリッド、公共交通/情報システムなど 東京オリンピックに向けた景況感上昇の期待に加え、事業部門主体のIoT投資拡大、技術障壁/コスト障壁の低下、IoT関連の法規制や支援策の変化が力強い成長の背景に IT専門調査会社 IDC

2015年12月11日矢野経済研究所★★フィードバック数:0ビジネス

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場に関する調査結果 2015

2015年12月04日 BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場に関する調査結果 2015 ~2015~2016年度はマイナンバー対応BPOの利用が拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場の調査を実施した。1. 調査期間:2015年8月~11月2. 調査対象:SIer、印刷系BPO事業者、コールセンター事業者、会計系BPO事業者、事務書類系BPO事業者、人事系BPO事業者、人材派遣系BPO事業者、オフショア系BPO事業者、倉庫

2015年6月29日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型ディスクストレージ市場予測

国内外付型ディスクストレージ市場予測を発表 2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR)は1.5%、2019年には2,008億5,500万円へ ハイエンドのCAGRはマイナスだが、ミッドレンジは3.2%、ローエンドは3.3%で成長 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2014年の結果に基づいた2015年~2019年の国内外付型ディスクストレー

2015年5月29日シスコシステムズ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

シスコのレポートです。

「Visual Networking Index」の予測結果

シスコ、「Visual Networking Index」の予測結果を発表2014〜2019年の間にIPトラフィックが3倍に増加主な増加要因はモバイル アクセスの増加、ビデオ サービスの需要 2019年には世界のIPトラフィックの80%をIPビデオが占め、3分の2以上がWi-Fiを含むモバイル接続からの発信になると予測 2015年5月28日米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は、今年で10回目となる世界のIP(インターネット プロトコル)トラフィック

2014年10月15日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

金融向けソリューション市場に関する調査結果 2014

2014年10月15日 金融向けソリューション市場に関する調査結果 2014 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の金融向けソリューション市場の調査を実施した。1. 調査期間:2014年5月~9月2. 調査対象:金融向けソリューション提供事業者3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・Eメールによる取材、ならびに文献調査を併用<金融向けソリューションとは>本調査における金融向けソリューションとは、金融業(銀行、証券会社、生命保険会社、損害保険会社、ノンバンク等)である顧客

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2014-2018

PwC、年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2014-2018」を発表2014年06月26日PwC Japan本プレスリリースは、2014年6月3日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。2014年6月3日 ニューヨーク - 2013年から2018年までのデジタルサービス分野のエンタテイメント&メディア(以下、E&M)業界における消費者支出と広告収入は、総計で年間平均成長率(以下、CAGR)12.2%の成長を示し、世界全体のE&M業界における消費者支出ならびに広告収

2013年6月7日シスコシステムズフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

Visual Networking Index Forecast (2012-2017)

シスコ、最新の「Visual Networking Index」の予測結果を発表 2017年には世界人口の半数近くがネットワークに接続シスコ、最新の「Visual Networking Index」の予測結果を発表 2012年から2017年の間に世界のIPトラフィック量は3倍に 2012 年 6 月 7 日 米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO 兼会長: ジョン・チェンバーズ 以下 シスコ)は本日、世界の IP トラフィックの増加とトレンドの予測と分析を行う年次調査「Cis

2012年11月26日矢野経済研究所フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

高機能ファイバー市場に関する調査結果 2012

2012年11月26日 高機能ファイバー市場に関する調査結果 2012 ~ナノ/バイオがもたらす繊維産業の新たな胎動~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて高機能ファイバー市場の調査を実施した。1.調査期間:2012 年6 月~10 月2.調査対象:国内の繊維関連企業、大学および研究機関3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<高機能ファイバー(繊維)とは>本調査における高機能ファイバーとは、パラ系・メタ系アラミド繊維や超高分

2012年4月19日矢野経済研究所フィードバック数:2ライフスタイル

咀嚼困難者食市場に関する調査結果 2012

2012年04月19日 咀嚼困難者食市場に関する調査結果 2012 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の咀嚼困難者食市場の調査を実施した。1.調査期間:2012年1月~3月2.調査対象:咀嚼困難者食メーカー各社3.調査方法:当社専門研究員による直接面接調査と、電話等による間接調査併用<咀嚼困難者食とは>本調査における咀嚼困難者食とは、歯科疾患や脳障害を持ち、食事の咀嚼が困難な患者向けの加工食品を指す。きざみ食やブレンダー食(ミキサー食)、ゼリー状食品、食品の形を残しやわらかくした食

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ