「CDM」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度二国間クレジット取得等インフラ整備調査事業(CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査)報告書

平成26年度二国間クレジット取得等インフラ整備調査事業(CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査)報告書

2015年6月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度二国間クレジット取得等インフラ整備調査事業(CDM・JIの運用に係る方法論及び信任に関する調査)報告書

平成26年度二国間クレジット取得等インフラ整備調査事業(CDM・JIの運用に係る方法論及び信任に関する調査)報告書

CCS(二酸化炭素の回収と貯留)の現状と展望

2015.02.18CCS(二酸化炭素の回収と貯留)の現状と展望  地球温暖化防止を目的とした「排ガスからのCO2回収技術の開発研究」が国際的に開始されたのは1990年代初頭である。1992年アムステルダムで開催された第1回CO2回収に関する国際会議(The First International Conference on Carbon Dioxide Removal)では、実証あるいは商用規模の様々なCO2回収技術とともに、EOR(原油増進回収)、地中貯留、及び海洋処分などの利用・貯留技術

CO2の排出量は計画できない

環境と経済を両立させた持続可能な社会のあり方を考えるCO2の排出量は計画できない「数値目標」ではなく「参考数値」とすべし杉山 大志 キヤノングローバル戦略研究所/IPCC1.5度特別報告書代表執筆者印刷用ページ 日本のCO2数値目標をどうすべきか。今回は、過去の数値目標を振り返ろう。結論:政府に数値目標を達成する能力は無い。数値目標は強制するのではなく、飽くまで「参考数値」に留めるべきだ。 日本は京都議定書の数値目標を「達成した」。しかしながら、エネルギー起源のCO2が減ったのか、というとそうで

2014年8月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る方法論及び信任に関する調査)

平成25年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る方法論及び信任に関する調査)

2014年8月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査)

平成25年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査)

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る方法論及び信任に関する調査)

平成23年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る方法論及び信任に関する調査)

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度二国間オフセット・クレジット制度に係る運用体制の構築に関する調査

経済産業省 産業技術環境局 御中平成23年度二国間オフセット・クレジット制度に係る運用体制の構築に関する調査報告書2012年3月株式会社 三菱総合研究所目 次1ホスト国での運用体制に関する検討 ........................................................................... 11.1現行の運用体制及び現状の把握 ..........................................................

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度京都メカニズム推進基盤整備事業 CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査

平成 23 年度京都メカニズム推進基盤整備事業CDM・JI の運用に係る国際的枠組に関する調査報告書平成 24 年 3 月 財団法人 日本エネルギー経済研究所はじめに我が国では、京都議定書目標達成計画で示されているように、着実かつ費用効果的な目標達成のた めに京都メカニズムを活用することとされており、我が国の優れた技術の国際的な普及の観点におい ても、CDM(クリーン開発メカニズム)及び JI(共同実施)を積極的に推進することは極めて重要 な政策的課題である。CDM に関する国際ルール・手続きの

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度京都メカニズム推進基盤整備事業(排出量取引等に係る排出枠の効率的管理に関する調査研究)

平成 23 年度京都メカニズム推進基盤整備事業( 排出量取引等に係る排出枠の効率的管理に関する調査研究 )報告書平成 24 年 3 月 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ1 はじめに1 . 1 目的 1 . 2 調査 内容 ・手順(1 ) 国 際 交 渉 支 援 (2 ) 海 外 登 録 簿 に 関 す る 動 向 調 査11 22 21 . 3 本調 査報 告書の 概要22 登録簿システムの定義および現状2 . 1 登録 簿シ ステム とは(1 ) 国 別 登 録 簿 (2 ) C D M 登

2013年6月21日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査)

平成24年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ