「CEO」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

グローバル投資家調査

PwC、グローバル投資家調査を発表‐経済成長への投資家の信頼感は回復するも、企業行動が顧客の期待から乖離していることへの警鐘は止まず 世界経済の見通しを楽観視する投資家の割合は、この12カ月間で2倍以上に拡大2017年3月17日PwC Japanグループ※本プレスリリースは、PwCが2017年2月27日に発表したプレスリリースを翻訳し、文末にPwC Japanグループ代表のコメントを追記したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。PwCは、550名を超える世界

JAPAN’s CEO OF THE YEAR 2016

2016/09/28 21:35 「日本を動かす経営者」を表彰、JAPAN’s CEO OF THE YEAR 2016開催 世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版 [上段左から]ティム・ファーガソン(Forbes ASIA)、手代木 功(塩野義製薬)、家次 恒(シスメックス)、玉川 憲(ソラコム)、東 憲児(スパイバー) [下段左から]高野 真(Forbes JAPAN)、西川 徹(プリファード・ネットワークス)、渡邉光一郎(第一生命保険)、三木谷浩史(楽天)、ウィリアム・アダモポ

2015年9月25日Appier★フィードバック数:0マーケティング

アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 (2015年上半期)

Appier「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 (2015年上半期)」の結果を発表 2015年9月25日 Appier「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 (2015年上半期)」の結果を発表 2015年9月25日Appier,IncAppier「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 (2015年上半期)」の結果を発表 ■複数デバイス利用率が最も高く、広告到達の可能性が高いGolden Wednesday (黄金の水曜日)! ■日本におけるiOS

2015年3月6日Weber Shandwick★フィードバック数:0マーケティング

企業の顔としてのCEOについてのレポートです。

CEOレピュテーションの付加価値:エンゲージメント時代を勝ち抜くために

CEO レピュテーションの付加価値:エンゲージメント時代を勝ち抜くために ウェーバー・シャンドウィックは、KRCリサーチ社と共同で、北米、欧州、アジア太平洋地域および中南米の19カ国1,700人以上の管理職を対象とする調査結果「CEOレピュテーションの付加価値:エンゲージメント時代を勝ち抜くために(原題:The CEO Reputation Premium: Gaining Advantage in the Engagement Era)」を発表しました。調査結果では、管理職の81%が、コーポ

日本の分析です。

第17回世界CEO意識調査 日本分析版

主要調査結果(日本分析版)「新たな地域の市場」と回答したCEOの割合が、他地域のCEOと比べてかなり高い割合になっている。この結果は、製造業、サービス業など業種を問わず、アジアを中心に日本企業が海外進出を積極的に進めていることと符合している。従来と同様に中国をはじめとするアジア地域を重視する傾向が続いているが、時系列で見た場合、各国の経済情勢などの変化を反映している。社会に与える影響の測定・報告に関する認識に差 世界市場での競争が激しさを増す中で日本企業がその競争に勝ち抜いていくためには、イノベ

CEO対象の調査です。

人材マネジメント戦略への挑戦-従来にない卓越した指導力が求められる時代-

人材マネジメント戦略への挑戦‐従来にない卓越した指導力が求められる時代‐ PwC「第16回世界CEO意識調査」は、世界の企業のリーダーがこれまで同様に困難な市場の状況に直面していることを明らかにしました。向こう1年で世界経済が改善すると予想するCEOは5人に1人に過ぎず、70%のCEOがコスト削減を決意しています。市場間の差が顕著になる中で、CEOは、成長の速度が異なる世界市場の舵取りをしていかねばならず、人材の需給マッチに常に頭を悩ませています。そればかりでなく、あたかも彼らの取り組み

2012年5月23日IBMフィードバック数:18企業情報システム

IBM Global CEO Study 2012

プレスリリースIBM Global CEO Study、「つながり」により企業の優位性を確立 2012年5月23日IBM Global CEO Study、「つながり」により企業の優位性を確立- 世界の主要企業のCEO 1,709名に戦略的課題を調査 -日本IBM(社長:マーティン・イェッター、NYSE:IBM)は、IBMが世界主要企業のCEO(Chief Executive Officer:最高経営責任者)を中心に行った「IBM Global CEO Study 2012」の調査結果を発表し

2010年8月10日IBMフィードバック数:11企業情報システム

日本のCEOの調査結果、グローバル化への適応が最大の課題

プレスリリース日本のCEOの調査結果、グローバル化への適応が最大の課題 2010年8月10日日本のCEOの調査結果、グローバル化への適応が最大の課題パラダイム・シフトに直面し強い危機感創造性とグローバル思考を備えたリーダーを求め人材改革に積極的意思決定の迅速さを重視しトップダウン志向、特に「花形」企業に顕著日本IBM(社長:橋本孝之、NYSE:IBM)は、今年5月に発表した世界のCEO(最高経営責任者)を対象に行った調査結果「IBM Global CEO Study 2010」について、日本の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ