「CO₂排出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月18日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

CO2排出規制リスクと海外投資家の動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 CO₂排出規制リスクと海外投資家の動向化石燃料関連企業へのダイベストメント・エンゲージメントの拡大 ◆COP21に向けて気候変動対策をめぐる国際交渉が進んでいる。今後CO₂排出規制が抜本的に強化されれば、エネルギーに関連する企業には大きな影響が及ぶ可能性がある。◆世界のエネルギー関連企業のCO₂排出規制リスク対応を見ると、CO₂排出規制を事業リスクと捉える企業は一定の割合に達しているものの、その対応に

2015年2月8日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

Japan's Environmental Policy 日本の環境政策(改訂版)

Special Report Japan's Environmental Policy 日本の環境政策(改訂版)Abstract要旨This chapter focuses on water quality, air quality, and global warming, with the objective of providing a basic introduction to environmental policy in Japan(注1). Having experienced se

2014年11月14日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

米中、気候変動対策で新目標

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米中、気候変動対策で新目標中間選挙後もCO₂排出規制を進めるオバマ政権 ◆米国と中国が気候変動対策で新目標を発表した。米国の新目標はCO₂排出規制案に概ね沿った内容でサプライズはないが、オバマ政権が大敗した中間選挙後も、CO₂排出規制を進めるとのメッセージとも受け取れる。反対も多い規制案だが、少なくとも来年1月に最終規則の公表が予定されている新設発電所へのCO₂排出基準の導入は、予定通り実施される可能

2014年8月15日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

シェールガスを武器に脱石炭に向かう米国 (上)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 シェールガスを武器に脱石炭に向かう米国 (上)発電所に対するCO₂排出規制のインパクト ◆一期目では温室効果ガスの排出権取引制度導入に失敗し、気候変動対策の停滞を余儀なくされたオバマ政権が、二期目に入り再び気候変動対策を積極化し始めた。◆オバマ大統領は昨年、包括的な気候変動対策である「大統領気候行動計画」を発表。行動計画に基づき、米環境保護局は本年、発電所を対象とするCO₂排出規制案を公表した。同規制

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ