「CO2」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年11月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年度(2015年度)エネルギー需給実績(速報)

平成27年度(2015年度)エネルギー需給実績を取りまとめました(速報) 資源エネルギー庁は、各種エネルギー関係統計等を基に、平成27年度の総合エネルギー統計速報を作成し、エネルギー需給実績として取りまとめました。1.エネルギー需給実績(速報)のポイント (1)需要動向 最終エネルギー消費は、前年度比1.8%減となり5年連続で減少。 減少は、省エネの進展や前年度以上の冷夏・暖冬等が要因。・部門別に見ると、企業・事業所他部門が同1.5%減(その内業務他部門は同5.6%減)、家庭部門が同3.3%

2015年6月26日経済協力開発機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

OECDのレポートです。

エネルギー利用への課税2015(Taxing Energy Use 2015)

エネルギー税はエネルギー利用が環境に与える影響からずれている2015年6月25日各国政府は、エネルギー利用の環境コストを削減するためのツールとして課税を利用するということがまだ十分にできていません。また、気候変動や大気汚染の原因となっている温室効果ガス排出の主要因に対する攻撃も弱めています。「エネルギー利用への課税2015(Taxing Energy Use 2015)」は、世界の41カ国におけるエネルギー利用(これが世界のエネルギーの80%を占める)に対する課税を比較しています。OECDによる

2015年5月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(インベントリ関連調査)

平成26年度化学物質安全対策(インベントリ関連調査)報告書2015 年 3 月株式会社リベルタス・コンサルティング―目次―1. 調査の目的・背景 ............................................................................................................... 12. 調査概要 ........................................................

2015年4月1日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果

ホーム報道・広報報道発表資料先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果について (お知らせ) 先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果について (お知らせ)環境省では、業務部門・産業部門における温室効果ガス排出量の大幅削減のため、事業場・工場を対象に、エネルギー起源二酸化炭素排出抑制のための先進的で高

Co2削減、エネルギーについてのレポートです。

2050年、05年比でCO2、6割削減は可能

2050年、05年比でCO2、6割削減は可能

2030年まで、国内外で2005年比の25~30%のCO2削減を

2030年まで、国内外で2005年比の25~30%のCO2削減を

2015年1月9日埼玉県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

県内全市町村の2012年度の温室効果ガス排出量を推計

ここから本文です。県内全市町村の2012年度の温室効果ガス排出量を推計しました 部局名:環境部課所名:温暖化対策課担当名:埼玉ナビゲーション担当担当者名:鈴木、加藤  温暖化対策を主体的に進めていくためには、まず、温室効果ガス排出量の実態を把握することが重要です。しかし、温室効果ガス排出量を推計するためには大変な労力がかかるため、多くの市町村では推計を実施していません。 県では、市町村の温暖化対策を支援するため、市町村別の温室効果ガス排出量を推計しており、このほど、2012年度(平成24年度)

2014年12月23日福島県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

福島県における2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量

福島県における2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量について本県における2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量を各種統計資料に基づき算定しましたので、その結果をお知らせします。1 温室効果ガス排出量について(1) 温室効果ガス総排出量について ア 2012年度の温室効果ガス総排出量(各温室効果ガスの排出量に地球温暖化係数※1を乗じ、それらを合算したもの)は、1,758万トン(二酸化炭素換算)となりました。 イ 基準年度である1990年度(平成2年度)と比較すると、15.5%上

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度グリーン自動車技術調査研究事業(運輸部門におけるCO2削減効果評価手法の国際的受容性等の確立に向けた調査)調査報告書

平成25年度グリーン自動車技術調査研究事業(運輸部門におけるCO2削減効果評価手法の国際的受容性等の確立に向けた調査)調査報告書

フラクチャリングのサービス会社から見たシェール資源採掘

作成日: 2014/8/6調査部: 伊原 賢公開可フラクチャリングのサービス会社から見たシェール資源採掘(JOGMEC 調査部、米国環境保護局 EPA、世界石油工学者協会 SPE、石油鉱業連盟ほか)シェール資源の採掘業者にとって、自分たちの井戸掘削活動の維持拡大には、シェールに人工的に亀裂を入れる技術(以下、フラクチャリングと呼ぶ。)と帯水層汚染との因果関係解明が、喫緊の課題となっている。それは、フラクチャリングに用いられる多量の水やポンプ類の移動があるからだ。周辺環境として人口の密集は開発を妨

2014年6月18日愛媛県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室効果ガス排出状況

ここから本文です。更新日:2016年2月23日温室効果ガス排出状況県内の温室効果ガスの排出状況について2013(平成25)年度に愛媛県内で排出された温室効果ガスの量は、2,436万2千トン(二酸化炭素換算)でした。 更新日:2015年8月5日 平成26年度の県自らの事務及び事業に伴う温室効果ガスの排出状況は、57,486t-CO2。基準年(平成25年度)と比べて2.5%減少しました。 愛媛県地球温暖化防止実行計画(平成27年3月改定)では、平成30年度までに基準年と比べて5%以上削減を目標にし

2014年4月1日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

運輸分野におけるCO2排出量削減施策とその総合的評価手法に関する調査研究

運輸分野におけるCO2排出量削減施策とその総合的評価手法に関する調査研究◆要旨 地球温暖化対策は人類の生存基盤に関わる最重要課題の一つであり、気候変動枠組条約における「気候系に対し危険が人為的干渉を及ぼさない水準で温室効果ガス濃度を安定させる」という究極的な目的の達成を目指して取り組む必要がある。我が国の運輸分野について見ると、2011年度の日本のCO2排出量のうち運輸分野からの排出量は約20%を占め、そのうち自動車全体では運輸分野の87.8%(日本全体の16.3%)、貨物自動車に限ると運輸分野

2014年3月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度「地球温暖化対策技術普及等推進事業」(二次)ベトナムにおける節水型シャワー普及による水使用量削減に伴う省CO2化に関するBOCM事業立ち上げのための環境整備

平成24年度「地球温暖化対策技術普及等推進事業」(二次)ベトナムにおける節水型シャワー普及による水使用量削減に伴う省CO2化に関するBOCM事業立ち上げのための環境整備

2013年8月23日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

排出量取引マーケットレポート2013.8.22

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 排出量取引マーケットレポート2013.8.22世界銀行グループが石炭火力発電の支援停止を発表 ◆マーケットサマリー(2013/7/19~2013/8/21)EUA価格は€ 4台前半の横ばい、出来高も低調な展開が続く◆関連トピック■世界銀行グループが石炭火力発電の支援停止を発表世界銀行グループは、発展途上国などに対する新規の石炭火力発電の支援を停止すると発表した。6月に同様の方針を最初に示した米国政府と

二国間オフセット・メカニズムに関するアンケート

二国間オフセット・メカニズムに関するアンケート結果 2013 年 4 月 16 日 経団連 環境本部 1.はじめに (1)新興国・途上国において、世界最高水準のエネルギー効率を誇るわが国 産業界の技術・ノウハウが普及することや省エネ・高効率製品等の利用が 広がることで、地球規模での温室効果ガス排出を大きく削減できる。経団 連低炭素社会実行計画(2013 年 1 月 17 日)においても、途上国への技術 移転など国際貢献の推進を、四本柱の一つとして掲げている。こうした取 組みを進める上で、日本政府

2008年7月22日マイボイスコムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ地球温暖化に対して危機感を感じている人は88.4% 期待する地球温暖化防止策のトップは「太陽光発電などの自然エネルギーの一般家庭普及」で70.7% 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサーチ)【調査時期】 2008年6月1日〜6月5日【調査機関】 マイボイスコム株式会社【回答者数】 13,867名 地球温暖化に対する危機感〔あなたは地球温暖化にどのくらい危機感を感じてい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ