「COSMOS」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

大分県の2018年「周年記念企業」調査

2017/12/22大分県の2018年「周年記念企業」調査大分県内で「周年記念」を迎える企業は1495社〜 「創業100周年」は12社 〜はじめに来る2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを再認識するきっかけとなるだろう。帝国データバ

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年山形県内「周年記念企業」調査

2017/12/202018年山形県内「周年記念企業」調査2018年の「周年記念企業」、山形県内に1,548社〜 創業100周年企業は19社、同160周年も1社判明 〜はじめに来る2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを再認識するきっ

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第10回 多摩地区企業のメーンバンク実態調査

2017/12/19第10回 多摩地区企業のメーンバンク実態調査多摩信金がシェア22.97%で、9年連続の首位〜 シェア増加率首位も、多摩信金 〜はじめに帝国データバンクは、2017年11月末時点の企業概要ファイル「COSMOS2」(147万社)に収録されている多摩地区企業(2万7261社)がメーンバンクと認識している金融機関について抽出し、集計した。調査対象は全業種全法人で、個人経営も含む。同調査は2016年12月に続き、今回で10回目。■本調査は「COSMOS2」に収録されている企業のデータ

2018年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 北陸3県後継者問題に関する企業の実態調査

2017/12/152017年 北陸3県後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率54.2%〜 建設業の不在率59.1%と最大となる 〜はじめに中小企業の事業承継が、国家的な問題として認識され始めている。経済産業省の推計によれば、後継者問題等による中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性が示唆されている。政府・与党は2018年度の税制改革において、事業承継に関わる税制優遇措置を拡大する方針であるとされ、今後10年近くをか

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年に「周年記念」を迎える静岡県内企業の実態調査

2017/12/72018年に「周年記念」を迎える静岡県内企業の実態調査静岡県内で「周年記念」を迎える企業は4,207社〜 「創業100周年」は42社 〜はじめに来る2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し、日本の強みを再認識するため、「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目となる年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを再認識するきっかけとなるだろう。帝国データバン

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年「周年記念企業」調査(新潟県)

2017/12/72018年「周年記念企業」調査(新潟県)2018年に「周年記念」を迎える企業は、新潟に3162社〜 1918年(大正7年)創業の「100周年」企業は43社 〜はじめに来る2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを再認識

2017年12月27日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2018年「周年記念企業」調査

2017/11/302018年「周年記念企業」調査2018年の「周年記念企業」、全国に13万9359社〜 創業100周年企業は、帝人、パイロットコーポレーションなど1308社判明 〜はじめに来る2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを

2017年12月26日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

2017年 後継者問題に関する企業の実態調査

2017/11/282017年 後継者問題に関する企業の実態調査企業の後継者不在は3社に2社〜 全国9地域中7地域で不在率高まる 〜はじめに中小企業の事業承継が、国家的な問題として認識され始めている。経済産業省の推計によれば、後継者問題等による中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性が示唆されている。政府・与党は2018年度の税制改革において、事業承継に関わる税制優遇措置を拡大する方針であるとされ、今後10年近くをかけて、

2017年12月25日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

パチンコ・パチスロ関連業者の経営実態調査

2017/11/21パチンコ・パチスロ関連業者の経営実態調査ホール経営業者は2年連続で総売上減少〜 メーカー・卸は総売上1割以上減少 〜はじめにパチンコ・パチスロ業界は、「依存症問題」に端を発し規制強化が進み、2016年末は非適合機種の撤去期限となるなど、経営環境が大きく変化している。2017年9月末にはパチスロ機の5.5号機が販売中止となり、射幸性を調整した5.9号機に移行する動きがあった。また、2018年2月には、1日の遊技時間を4時間と想定したうえで出玉上限を従来の3分の2の水準とする規制

2017年12月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

全国・平均借入金利動向調査

2017/11/13全国・平均借入金利動向調査都道府県別の最低金利は「香川県」〜 全国平均金利は9年連続低下 〜はじめに11月10日、金融庁は「平成29事務年度 金融行政方針」を公表した。来年6月までの重点施策をまとめた同方針の中で、「本業の赤字が続くなどビジネスモデルの持続可能性に問題のある金融機関が増加しているが、人口減少による資金ニーズの低下など、地域における経営環境の悪化は今後も続くと予想される」と指摘するなど、各金融機関を取り巻く環境は厳しさを増している。そこで帝国データバンクは、企業

2016年12月10日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

全国メーンバンク調査(2016年)

2016/11/30全国メーンバンク調査(2016年)8年連続で三菱東京UFJが首位〜 九州では福岡銀行が首位に 〜はじめに今年4月、東京TYフィナンシャルグループ(東京都民銀行・八千代銀行)が新銀行東京をグループに迎え、将来的な合併に向けた新体制を発足させた。一方、地方では2月、長崎県に基盤を持つ十八銀行とふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行・熊本銀行・親和銀行)が2017年4月をメドとする経営統合を発表、昨年10月に誕生した九州フィナンシャルグループ(肥後銀行・鹿児島銀行)に続き、九州エ

2016年11月4日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

1都3県・本社移転企業調査(2016年1月~9月)

2016/10/271都3県・本社移転企業調査(2016年1月〜9月)1都3県への転入超過、依然として続く〜 移転元・移転先ともに特定地域への集中進む 〜はじめに安倍内閣は2015年度を「地方創生元年」と位置づけ、人口急減・超高齢化という今後日本が直面する課題に対し各種施策を打ち出しはじめた。他方、本社の1都3県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)への転入がいわゆる地方への転出を上回る傾向が続いている。帝国データバンクでは、1都3県から本店所在地の転出が判明した企業や1都3県への転入が判明した企

2016年5月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年 ゴルフ場経営業者の経営実態調査

2016/5/202015年 ゴルフ場経営業者の経営実態調査総売上高、減少傾向に歯止め〜 112年ぶりの五輪競技復活でブーム再来に期待〜はじめに今年8月より開催されるリオデジャネイロオリンピックにおいて、ゴルフが112年ぶりに競技種目として復活する。日本でのゴルフの歴史は、1903年に日本初のゴルフ場「神戸ゴルフ倶楽部」がオープン、1927年には「第1回全日本オープンゴルフ選手権大会」が開催されるなど、永く国民に愛されているスポーツだ。また、バブル期の会員権の価格高騰、その後の暴落など経済動向と

2016年4月18日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

新任女性社長企業の実態調査

2016/4/13新任女性社長企業の実態調査2015年以降の新任女性社長は5740社〜 起業した女性社長は「30代」が最多 〜はじめに今年4月1日に女性活躍推進法が施行され、従業員301人以上の企業で女性の活躍推進に向けた行動計画の策定などが義務付けられるようになった。生産年齢人口の減少が見込まれる現状において、性別に関係なく意欲・能力の高い人材を確保することは企業経営において必須の課題であるが、女性が働き続けるためには様々な障害があることも事実である。法の整備が進むなか、企業で活躍する女性が今

2015年12月1日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

全国メーンバンク調査(2015年)

2015/11/26全国メーンバンク調査(2015年)地銀シェア拡大傾向に足踏み感〜 首位は7年連続の三菱東京UFJ 〜はじめに11月2日、北関東に基盤を持つ常陽銀行と足利ホールディングス(傘下に足利銀行)が2016年10月の経営統合を発表した。来年4月には、コンコルディア・フィナンシャルグループ(横浜銀行・東日本銀行)が発足するほか、東京TYフィナンシャルグループ(東京都民銀行・八千代銀行)も新銀行東京を迎え入れる予定となっており、関東圏での地方銀行の再編がここに来て急ピッチで進んでいる。これ

2015年11月20日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

2016年「周年記念企業」調査

2015/11/162016年「周年記念企業」調査2016年の「周年記念企業」、全国に13万5,292社〜 創業100周年企業は大同特殊鋼、主婦の友社、霧島酒造など1,830社判明 〜はじめに2015年は日本にとって戦後70周年という大きな節目の年。これを機に、改めて歴史を振り返り、未来に目を向ける機会が増えている。幾多の困難を乗り越え、節目の年を迎えることは、企業にとっても同様に、過去と向き合い、さらなる飛躍へ向かう契機となり得る。帝国データバンクでは、来る2016年に創業から節目の年を迎える

2015年9月10日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第2回 スケールアップ・スケールダウン企業の実態調査

2015/9/10第2回 スケールアップ・スケールダウン企業の実態調査スケールアップ企業は1万3000社〜 中堅以上で雇用・拠点の拡大顕著 〜はじめに2012年12月の政権交代以降、アベノミクス効果による景気回復で、企業を取り巻く環境は大きく変化した。円安を背景とした大手自動車メーカーや機械メーカーの業績回復に伴い、国内企業の業績も浮上傾向にある中で、雇用や事業拠点の強化に対する投資も進み、「業容拡大と多角化」(スケールアップ)の経営方針を採る企業も多いとみられる。その一方で、リーマン・ショック

2015年8月24日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

第2回トヨタ自動車グループの下請企業実態調査

2015/8/24第2回トヨタ自動車グループの下請企業実態調査トヨタ下請企業の6割が増収〜 電子部品関連の下請企業数が増加 〜はじめにトヨタ自動車は5月8日に2015年3月期連結決算を発表し、純利益が初の2兆円超を記録、円安や原価改善を背景に好決算となった。また、8月4日に発表された2016年3月期の第1四半期では、通期売上見通しを上方修正し、前期から5000億円超の売上増を見込む。日本が誇るグローバル企業の好業績が、国内製造業を力強く牽引していくことが期待されている。帝国データバンクは、自社デ

2015年7月10日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

「東京都民・八千代・新銀行東京」取引企業実態調査

2015/7/7「東京都民・八千代・新銀行東京」取引企業実態調査3行の取引企業は2万5000社〜 年売上高1〜10億円未満の企業が5割弱 〜はじめに昨年10月、東京都民銀行と八千代銀行は経営統合を目的に、共同持ち株会社「東京TYフィナンシャルグループ」を設立、両行が傘下に入り、新たな金融グループが誕生した。さらに、東京TYフィナンシャルグループは今年6月に、東京都が出資する新銀行東京との2016年4月の経営統合を発表。持ち株会社の「東京TYフィナンシャルグループ」にぶら下がる形になる3行の合併も

2015年6月14日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

北海道の休廃業・解散動向調査

2015/6/8特別企画 : 北海道の休廃業・解散動向調査2014年度の休廃業・解散は1302件、倒産の約5倍〜 休廃業が約7割を占める 〜はじめに2014年度の北海道の企業倒産は275件で、前年度比7.7%減となった。リーマン・ショックの影響が色濃く出た2008年度は494件(休廃業・解散は1593件)で、この時期と比べると2014年度は44.3%の減少になるが、休廃業・解散件数では18.3%の減少に過ぎない。アベノミクス効果もあって景気が回復基調にあるとは言え、業績悪化から立ち直れない企業や

2015年4月1日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第2回 「シャープ」グループの下請企業実態調査

2015/4/1第2回 「シャープ」グループの下請企業実態調査シャープグループ下請先、全国に1万1200社 〜 2012年の前回調査時から800社減少 〜はじめに今年2月、2015年3月期通期連結業績予想を下方修正したシャープ。300億円の黒字予想から一転、2期ぶりの最終赤字転落となる見通しを発表した。5月をメドに公表予定の新中期経営計画に注目が集まるなか、今後のシャープグループの業績動向および再建策の具体的な中身次第では、全国各地の下請企業への影響が懸念される。 帝国データバンクは、企業概要デ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ