「CSAJ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

情報教育に関するアンケート

プログラミング教育委員会「情報教育に関するアンケート」結果を公表2017.12.19一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(略称「CSAJ」、港区赤坂)プログラミング教育委員会(委員長:田中邦裕/さくらインターネット株式会社 代表取締役社長)は、2020年に始まる初等教育におけるプログラミング教育必修化に向け、学校現場の教職員が日ごろどの程度ICT機器を利用し、どういった課題を抱えているのかを調査すべく、教職員を対象とした「情報教育に関するアンケート」を実施、結果を公表しました。回答結果による

情報教育に関するアンケート

情報教育に関するアンケート_結果報告2017.12.19 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(以下CSAJ)プログラミング教育委員会(委員長:田中邦裕(さくらインターネット株式会社 代表取締役社長))では、2020年に始まる初等教育におけるプログラミング教育の必修化に向けて、業界団体として行えるサポート体制について検討し、2016年8月より活動を実施してまいりました。本調査は、現場教職員の皆様がICTを日常どの程度利用し、理解しているのか、そしてどのような課題を抱えているのかを確認し、その

事業者側の調査です。

SaaS/クラウドコンピューティングの取組に関する調査報告書

「SaaS/クラウドコンピューティングの取組に関する調査報告書」公開提供企業の約6割が採算分岐点に達している!!(昨年より2割増) 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(略称:CSAJ、会長:和田成史、株式会社オービックビジネスコンサルタント 代表取締役社長)は、会員企業を対象に実施した「SaaS/クラウドコンピューティング事業の取組に関する調査」の結果を公表しました。この調査は、継続3年目となり、技術委員会−クラウドコンピューティングワーキンググループ(WG)(主査:佐藤武 ミラクル・リナ

CSAJによるクラウドに関する調査結果です。

SaaS/クラウドコンピューティングの取組に関する調査報告書

「SaaS/クラウドコンピューティングの取組に関する調査報告書」を公開採算状況回答企業の約4割が採算分岐点を越えているか、概ね採算分岐点に達する 社団法人コンピュータソフトウェア協会(略称:CSAJ、会長:和田成史株式会社オービックビジネスコンサルタント 代表取締役社長)のクラウドコンピューティング研究会(主査:山本祥之 株式会社インテリジェントウェイブ 代表取締役社長 執行役員)は、会員企業であるソフトウェアベンダを対象に実施した「SaaS/クラウドコンピューティング事業の取組に関する調査」の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ