「CSR企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月6日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

「30代社員が多い企業」ランキング100

「30代社員が多い企業」ランキング100「CSR企業総覧」で読み解く有望企業 「30代未満が多いオフィスは、明るく活気があることが多いので、新入社員にとっては馴染みやすい」(写真:KAORU / PIXTA) これまで50代、40代と、紹介してきた世代別比率ランキング。今回は仕事に慣れて各社の中核となっていく、30代の社員を対象にした「30代社員比率」をご紹介する。、でも説明しているが、どの世代の従業員が多いかは、単純な平均年齢だけではわからない。『CSR企業総覧』では30代、40代

2016年3月13日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

最新版!「新・企業力ランキング」トップ300社

「新・企業力ランキングトップ300社」2016財務データで計る企業の実力、BtoBが躍進 急成長著しい富士重工業(スバル)が初の1位に(写真は東京・恵比寿の本社、撮影:梅谷 秀司) 財務データから企業の真の力を探ろうとする「新・企業力ランキング」。今回は第10回の節目の発表となる。成長性、収益性、安全性、規模の4つのカテゴリーで合計20の財務指標を3年平均し、多変量解析の「主成分分析」で相対評価。各得点を合計して総合ランキングを作成した。ランキング対象は2015年9月1日時点で上場している一

2015年8月10日東洋経済新報社★★フィードバック数:0ビジネス

「内部通報が多い」100社ランキング

初公開!「内部通報が多い」100社ランキング「十分な活用がされなかった」東芝は29位 内部通報件数が最も多いのはセブン&アイ・ホールディングスだ 創業140年の名門、東芝が「不適切会計」で大きく揺れている。2008年度から2014年度にかけ、経営トップを含めた組織的な関与で1500億円以上の利益がカサ上げされたという。この責任を取り歴代3社長が辞任。全取締役16人のうち8人、執行役1人が引責辞任する異例の事態となった。原因究明のために設置された第三者委員会は7月20日に報告書を提出。「経営ト

2015年4月26日東洋経済新報社★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東洋経済のランキングです。

最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20

最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20 ハイレベルな電機、サービスは電通が首位 信頼される会社を、複数のデータから見つけるCSR企業ランキング(総合)。先日紹介したとに続き、今回は「所属業種別から見たランキング」をお届けする(金融・未上場を除く。同業種は別途発表予定、ポイント算出方法など、ランキングについての解説は)。総合ランキングは大手の製造業が上位となりやすい。ただ、CSR活動は業種・業態により行える内容の差も大きい。そのため、各企業のCSRの取り組みを評価する際は全体だけでなく業種

2015年3月22日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

東洋経済のランキングです。

新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ300

新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ30015年最新版「新卒3年後定着率」を読み解く いよいよ春になり、卒業式のシーズンとなってきた。大学、短大、高等専門学校(高専)、専門学校、高校などの卒業生は4月から社会人という人も少なくないだろう。ただ、夢を持って社会に出てもその一定数は数年内に最初の職場を去るのが現実だ。膨大な候補から絞り込もうでは、新卒学生にとって働きやすい職場を探すにはどうすればよいのだろうか。もちろん1社ずつ細かく見ていくのが理想だか、それでは時間がいくらあっても足りない。そこ

2015年3月5日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

東洋経済のランキングです。

最新版! 「有給休暇取得率」トップ300社

最新版!「有給休暇取得率」トップ300社ホンダは4年連続トップ、80%以上は47社 リコール連発やタカタのエアバッグ問題に苦しんだホンダだが、有休取得の取り組みは随一(撮影:梅谷 秀司) いよいよ有給休暇の消化が企業の責任となる時代がやってきそうだ。政府は2016年4月から従業員に年5日の有休を取らせることを企業に義務づける。厚生労働省「平成26年就労条件総合調査」によると、日本の民間企業における有給休暇取得率は48.8%と低水準にある。これを少しでも増やそうということのようだ。現時点で有給

2015年2月15日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

東洋経済のランキングです。

最新!「女性部長が多い会社」ランキング

最新!「女性部長が多い会社」ランキング1位富士通、2位NEC、比率やその変化にも着目 富士通の本社が入る東京・汐留の汐留シティセンター(撮影:尾形 文繁) 政府のかけ声あっても実際の歩みは遅い「女性の活躍を推進する」安倍政権が全面的に打ち出しているように、大手企業を中心に女性の役職登用を進めようという動きが活発になっている。一方で、実際の女性の上級管理職はまだ非常に少なく、その歩みも遅いのが現状だ。東洋経済オンラインは『CSR企業総覧』(小社刊)の掲載データを使い、女性部長が多い、女性部長比

2014年5月25日東洋経済新報社フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

最新「CSR高成長ランキング」トップ50

最新「CSR高成長ランキング」トップ50協和エクシオ連続首位、2位伊藤園、3位コムシス 2位にランクインした伊藤園。主力製品の「おーいお茶」だけでなく、「TULLY'S COFFEE」ブランドシリーズも順調(伊藤園提供) 最新の2014年版では、をやなど横断的に分けながら、さまざまな形で紹介してきた。今回は、時間軸に着目して、CSRの成長企業を見つける「CSR高成長ランキング」をお届けする(東洋経済CSR企業ランキングの見方や考え方については)。 これから伸びるCSR成長企業の見つけ方とは?

2013年8月25日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

トップは野村證券でした。

「外国人管理職数ランキング」トップ100

「外国人管理職数ランキング」トップ100トップは野村の158人、外国人管理職は依然、珍しい存在 野村が外国人管理職数で断トツの首位(撮影:梅谷秀司) 日本政府観光局が7月24日に発表した「2013年上半期に観光や仕事などで日本を訪れた外国人数」は前年同期比22.8%増の495.5万人と過去最多となった。少子高齢化で人口減少が続く日本では、外国人との活発な交流は社会の活力維持に欠かせない。今後は、こうした一時的な訪問だけでなく、外国人が日本社会で持続的に活躍していくことが求められる。実際、日本

2013年4月1日東洋経済新報社★フィードバック数:16製造業/エレクトロニクス

CSRについての企業ランキングです。

最新「CSR高成長ランキング」トップ50

「CSR高成長ランキング」トップ50【2013年版】CSR得点上昇率1位の企業は? 連覇となった協和エクシオは電気通信工事の大手(画像は同社のホームページ) 今回はCSRの成長企業を見つけるためのランキングをご紹介する。CSR企業ランキングは幅広く活動を行う大手メーカーが上位となりやすい。部門別、業種別のランキングも同様だ。そのため、CSR活動を積極的に行っているにもかかわらず、目立たない中堅企業は少なくない。しかし、こうした企業の多くが実は成長過程にあり、株式投資や就職先などとして魅力的で

2013年4月1日東洋経済新報社★フィードバック数:367キャリアとスキル

新卒離職率でのランキングです。

新卒離職率が低い、ホワイト企業トップ300

2013年版「ホワイト企業」トップ300新卒離職率が低い、新人に優しい企業は? 日本郵船を筆頭に海運業界の定着率の高さが光った いよいよ4月。今年はすでに桜は散り始めているが、初々しい新入社員が登場する季節となった。だが、当初は希望に満ちあふれた新人も3年後には中卒7割、高卒5割、大卒3割が退職する「7・5・3」現象が待ち受ける。定着率の高さは働きやすい会社のポイントとされる。先週相次いで紹介したでも、新卒定着率はの重要な評価項目の1つだ。では、CSRに積極的な会社の定着率はどうなのだろうか

2013年3月6日東洋経済新報社★フィードバック数:696キャリアとスキル

有給取得率でのランキングです。

最新「有給休暇取得率」トップ300

2013年版「有給休暇取得率」トップ300ホンダが2年連続トップ、業種では電気・ガスが首位 首位となったホンダの鈴鹿工場にある社員食堂 「なかなか思うように有給休暇が取れない」。そうお嘆きのビジネスパーソン諸姉諸兄も多いのではないだろうか。自社と比較したいこともあり、よその会社の有給休暇取得状況は気になるところ。従業員に優しいとも言われるCSRに積極的な企業の実態はどうなのか。『CSR企業総覧』2013年版の掲載企業のうち、3年間の有給休暇取得率を回答、開示している768社を対象に、有給休暇

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ