「ECB」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

緊迫するギリシャ情勢の現状と今後の展望

緊迫するギリシャ情勢の現状と今後の展望2015年6月29日<ECBが緊急流動性支援の枠を据え置き>ギリシャが債権団との交渉を一方的に打ち切り、債権団から提示された緊縮策の是非を問う国民投票を7月5日(現地、以下同様)に実施することを決定しました。これにより、6月末を期限とするギリシャ向け第二次金融支援の延長や、同じく6月末を期限とするギリシャからIMF(国際通貨基金)への約15億ユーロの返済がほぼ不可能となったことから、ECB(欧州中央銀行)はギリシャの銀行への緊急流動性支援の枠を据え置く(拡大

2015年6月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2015年6月号

みみずずほほ欧欧州経経済済情情報20015年6月号号◆ トピピックギリシシャ支援援協議は今今後も続続く現在ののギリシャ支援交交渉が合意意に至ったたとしてもも、今後はは第3次次支援が議議論されるるだろう。。Grexitがもたららす損失はは大きく、ギリシャ、ユユーロ圏双双方に妥協協する理由由はある。。◆ 景気気判断ユーロロ圏景気の緩やかかな回復復が持続4~6月月期のユーロ圏景景気の回復復テンポはは、1~3月月期と同程程度でああるとみられる。 内需主導導だった1~3月期とと異なり、、4~6月月期は外需

2015年6月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ギリシャ協議はいよいよ最終局面へ ~残された課題は多いが、危機バネが働くことを再認識~

EU Trendsギリシャ協議はいよいよ最終局面へ発表日:2015年6月23日(火)~残された課題は多いが、危機バネが働くことを再認識~第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 田中 理 03-5221-4527◇ ギリシャ支援協議は 22日に開かれた緊急のユーロ圏財務相会合・欧州首脳会議でも結論は見送られた が、会合直前に提出されたギリシャ側からの新たな財政再建計画に対してEU高官から前向きに評価 する発言が相次いでおり、週内合意に向けて協議の前進が期待される。 ◇ ギリシャ側は新提案

2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第185回日本経済予測(改訂版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第185回日本経済予測(改訂版)「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?~日米欧3極の非伝統的金融政策の効果を検証する~ :2015年1-3月期GDP二次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2015年度が前年度比+2.0%(前回:同+1.7%)、2016年度が同+1.9%(同:同+1.8%)である。今後の日本経済は、①アベノミクスによる好循環が継続すること、②米国向け

2015年6月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

6月3日ECB政策理事会:ギリシャのユーロ圏残留には「強固な合意」が必要

6月3日ECB政策理事会:ギリシャのユーロ圏残留には「強固な合意」が必要 | ニッセイ基礎研究所 6月3日ECB政策理事会:ギリシャのユーロ圏残留には「強固な合意」が必要 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり欧州中央銀行(ECB)が3日、政策理事会を開催、現状維持を決めた。ドラギ総裁は、金融政策の完全実施の方針を確認する一方、長期にわたる低金利の環境でのボラティリティーの高まりに「なれるべき」との見解を示した。ギリシャと支援機関との改革プログラムの交渉の進捗状況やECBとしての政策対応について

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

未知の世界に挑むECB

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 未知の世界に挑むECB~ついに国債買取を開始~『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 1999年に設立されたECB(欧州中央銀行)は現在、欧州19カ国の金融政策を一機関で担当しているユニークな中央銀行である。2007年以降、ECBは金融危機、ユーロ圏債務危機、そしてデフレ懸念と次々に新しい問題に直面し、事態打開のために様々な「非伝統的な金融政策」を繰り出してきた。2015年1月には

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?「FED vs. ECB」の軍配はどちらに? ◆7年10ヶ月振りの円安が日本経済に与える影響は?:為替市場で円安が加速している。5月26日の外国為替市場において、円相場は対ドルで7年10ヶ月ぶりの安値をつけた。本稿では、最初に大和総研のマクロモデルを用いて、「円安はわが国のマクロ経済にとってプラスであるが、格差拡大をもたらす」ことを指摘し

ECBの量的緩和で何が変わったか~自律的回復の芽生え、ギリシャ問題への耐性~

ECBの量的緩和で何が変わったか~自律的回復の芽生え、ギリシャ問題への耐性~ | ニッセイ基礎研究所 ECBの量的緩和で何が変わったか~自律的回復の芽生え、ギリシャ問題への耐性~ 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が、資産買入れプログラムを、国債等を含む月600億ユーロに拡大することを決めてから4カ月、実

2015年4月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 消費が牽引する景気回復

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 消費が牽引する景気回復順調なスタートを切ったECBの国債買取プログラム ◆ECBが3月9日に開始したPSPP(国債等公的部門の債券買取を通じた量的緩和策)は順調なスタートを切り、ABSなど民間部門の債券買取と合わせて月額600億ユーロの資産買取が進行中である。PSPPを含む過去1年余りのECBの追加金融緩和措置により、ユーロ圏各国で国債利回り低下や銀行の貸出金利低下が進んでいるが、20

4月15日ECB政策理事会:政策効果に自信を示すも、テーパリング観測は一蹴

4月15日ECB政策理事会:政策効果に自信を示すも、テーパリング観測は一蹴 | ニッセイ基礎研究所 4月15日ECB政策理事会:政策効果に自信を示すも、テーパリング観測は一蹴 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり欧州中央銀行(ECB)が15日、政策理事会を開催した。今回は、ドラギ総裁が、会見で量的緩和の規模縮小(テーパリング)や期間短縮の可能性について、どのような発言をするかが注目されていた。ドラギ総裁は、金融政策の完全実施に注力する方針を確認するとともに、国債買い入れの下限となる預金ファシリ

ECBの量的緩和策とユーロ圏経済~様々な制約条件の下で効果は未知数~

ECBの量的緩和策とユーロ圏経済~様々な制約条件の下で効果は未知数~

2015年3月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

1兆ユーロ超のB/S拡大に突き進むECB ~アクセルの踏み過ぎに注意?~

1兆ユーロ超のB/S拡大に突き進むECB ~アクセルの踏み過ぎに注意?~

2015年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し ECBの金融緩和の有効性

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し ECBの金融緩和の有効性マインドは改善してきたが、実体経済の回復は道半ば ◆ユーロ圏の2014年10-12月期のGDP成長率は前期比+0.3%に加速した。内需(個人消費と固定資本形成)と外需が揃って改善しており、唯一、在庫変動が成長率の押し下げ要因となった。原油安、金利低下、ユーロ安が、景気回復の追い風になったと考えられる。消費者と企業の景況感は2015年に入っても改善傾向にあり、ユー

2015年3月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

出玉不足が不安視されるECBの量的緩和 ~需給逼迫による金利低下やユーロ安効果に期待~

出玉不足が不安視されるECBの量的緩和 ~需給逼迫による金利低下やユーロ安効果に期待~

リスク資産に回帰しつつある欧州金融市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月6日欧州金融市場では2015年に入り、それまでの国債などの安全性資産を選好する動きから、株式やハイ・イールド社債などリスク資産への資金回帰がみられています。2014年の欧州は、年末にかけて、欧州主要国であるドイツなどに景気鈍化がみられたことに加え、ウクライナ情勢の緊迫化、原油価格急落などが相次いだことが嫌気され、国債や投資適格社債など比較的安全とされる資産が選好される傾向にありました。2015年に入ると、ECB(欧州中央銀行)

2015年3月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

いよいよ始まるECB版QE ~買い入れ目標の達成が不安視~

EU Trendsいよいよ始まるECB版QE発表日:2015年3月6日(金)~買い入れ目標の達成が不安視~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 資産買い入れプログラムの大枠は1月の決定時に発表済みで、①買い入れの開始時期(3月9日)、②預金ファシリティ金利(▲0.2%)以下の国債が対象から除外されること、③購入対象となるEU機関債、政府機関債の具体名、④各年限の購入割合が原則として発行残高に応じること、⑤各国中銀に割り当てられた買い入れ額の達成が困難

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱

総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり1月25日のギリシャの総選挙は、政府債務の削減、緊縮財政路線の修正を掲げた「急進左派連合(SYRIZA)」の勝利に終わった。SYRIZAの獲得議席は過半数に満たなかったが、右派の「独立ギリシャ人」と連立協議がまとまり、チプラス首相率いる新政権が発足した。ギリシャは2010年

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2015年3月ECB政策理事会:量的緩和は9日に開始

3月ECB政策理事会:量的緩和は9日に開始 | ニッセイ基礎研究所 3月ECB政策理事会:量的緩和は9日に開始 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が5日、政策理事会を開催、1月に決めた月600億ユーロの量的緩和の中核となる国債等の買い入れプログラム(PSPP)の詳細を決めた。PSPPは9日に開始、現在マイ

2015年2月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

長期金利を巡る変動について ~日米欧における行き過ぎた長期金利低下~

Financial Trends長期金利を巡る変動について~日米欧における行き過ぎた長期金利低下~経済関連レポート 発表日:2015年2月4日(水) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)日本の長期金利が跳ね上がった。極端に金利が低下したことの反動リスクも徐々に意識されるようになっている。 長期金利が異例の状態まで下がっているのは、ドイツも米国でも共通して起こっていることである。これは需給面 で、高まる安全資産のニーズに対して、受け皿になる安全性の高い国債

2015年1月27日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

マイナス金利です。

世界の金利「水没」マップ、金融機関はどう生き残るか

リサーチ TODAY2015 年 1 月 27 日世界の金利「水没」マップ、金融機関はどう生き残るか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は、「世界の金利の『水没』マップ」と題した一覧表である。基本的に国別・年限別の国債利回り、イールドカーブ状況を示す。ここでは、マイナスになった「水没した」ゾーンを濃く示しており、さらに0%以上0.5%未満、0.5%以上1%未満、1%以上と徐々に色を薄くして示している。こうした濃淡を示した図表はリスク管理などで「ヒートマップ」として示されることが多

2015年1月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

いかにもドラギらしい ~緩和マネー継続に安心感も、物価の浮揚効果は未知数~

EU Trendsいかにもドラギらしい発表日:2015年1月23日(金)~緩和マネー継続に安心感も、物価の浮揚効果は未知数~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ ECBは月額600億ユーロ、総額1兆1,400億ユーロの資産買い入れ策を決定。“1兆ユーロのバランスシート拡大”の呪縛に囚われていた市場の期待を上回る規模の量的緩和策を発表した。買い入れ期間は2016年9月までとしながらも、物価安定が確保できない場合の緩和強化の可能性を示唆し、事実上はオープ

1月ECB政策理事会: 資産買入れプログラムを拡大、国債含め月600億ユーロに

1月ECB政策理事会: 資産買入れプログラムを拡大、国債含め月600億ユーロに | ニッセイ基礎研究所 1月ECB政策理事会: 資産買入れプログラムを拡大、国債含め月600億ユーロに 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が22日に政策理事会を開催、資産買い入れプログラムの拡大とターゲット型資金供給(TLTR

半年ぶりに利下げに踏み切ったトルコ中央銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月21日半年ぶりに利下げに踏み切ったトルコ中央銀行 トルコ中央銀行は20日の金融政策委員会で、昨年7月以来となる主要政策金利の引き下げ(1週間物レポ金利:8.25%→7.75%)を決定しました。ただし、市中金利の事実上の上限となる翌日物貸出金利、同下限となる翌日物借入金利については、現状維持(それぞれ、11.25%、7.5%)としました。今回の利下げの背景として、中央銀行はインフレ見通しの改善を挙げています。金融引締めに加え、

2015年1月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2015年1月19日~) ~ECB、量的緩和の規模や内容が肝心~

Weekly Market Report(2015年1月19日~) ~ECB、量的緩和の規模や内容が肝心~

ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~

ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~ | ニッセイ基礎研究所 ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~ 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり1月25日のギリシャの議会選挙が迫ってきた。最大野党SYRIZA勝利の観測は、年明け後の世界的株価下落の一因となったが、その後の影響は12年に比べて限定的だ。足もとのユーロ安の主な要因はギリシャ政局よりも、むしろ欧州中央銀行(ECB)の追加緩和期待にある。ギリシャ以外の国債の利回りは低下している。現在では、欧州安定メカニズム(ESM

2015年1月15日日本貿易会フィードバック数:0ビジネス

2014年の通商関連の主な動き(暫定版)

2014年の通商関連の主な動き(暫定版)月 日 1 1 1 1 1 1 主な動き 内容・決定事項等 EU加盟28ヵ国の中で、18番目のユーロ導入国となる。 326.3万台(前年比▲3.8%)、2年ぶりに前年水準を下回るも、景気回復に 伴い9月以降は増加。 34.6万台(前年比+9.5%)。 0.25%。 1兆2,668億1,500万ドル(前年比▲13億1,000万ドル)。 輸出は2兆2,100億ドル(前年比+7.9%)、輸入は1兆9,503億ドル(同 +7.3%)、貿易収支は2,598億ドルの黒

2015年1月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ECB版国債QEの制度設計 ~市場の期待に届く内容となるか?~

ECB版国債QEの制度設計 ~市場の期待に届く内容となるか?~

2014年12月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国債QEがやってくる ~来年早々までお預け~

EU Trends国債QEがやってくる発表日:2014年12月5日(金)~来年早々までお預け~第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 田中 理 03-5221-4527◇ ECBは4日の理事会で追加緩和の決定を見送ったが、来年の早い段階で追加緩和が必要かどうかを 判断することを示唆。足許で原油安が一段と加速しており、目先の物価上昇率は一段と鈍化し、マイ ナス圏に転落する可能性も否定できない状況。ドラギ総裁は低インフレの長期化が期待インフレ率に 組み込まれるリスクへの警戒を強めており、来

12月ECB政策理事会: 15年初に政策効果を再評価、規模、ペース、構成比を見直しへ

12月ECB政策理事会: 15年初に政策効果を再評価、規模、ペース、構成比を見直しへ | ニッセイ基礎研究所 12月ECB政策理事会: 15年初に政策効果を再評価、規模、ペース、構成比を見直しへ 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4日、欧州中央銀行(ECB)が12月の政策理事会を開催した。ターゲット型資金供給(TLTRO)の第

2014年12月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州金融見通し ECBは国債の量的緩和に踏み込まず

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州金融見通し ECBは国債の量的緩和に踏み込まず第1の矢(量的緩和)より第2の矢(財政出動)が課題か 2014年12月5日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆12月4日、欧州中央銀行(ECB)は定例の理事会を開き、政策金利である主要オペ金利を0.05%に据え置く決定をした。また同様に、上限政策金利である限界貸出金利および下限金利である中央銀行預金金利をそれぞれ0.3%、マイナス

2014年11月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

1兆ユーロの現実味 ~次回ECB会合までの判断は無理~

1兆ユーロの現実味 ~次回ECB会合までの判断は無理~

11月ECB政策理事会:1兆ユーロ規模を公式目標化-全会一致を強調

11月ECB政策理事会:1兆ユーロ規模を公式目標化-全会一致を強調 | ニッセイ基礎研究所 11月ECB政策理事会:1兆ユーロ規模を公式目標化-全会一致を強調 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6日、欧州中央銀行(ECB)が11月の政策理事会を開催した。新たな政策決定はなかったが、声明文に、12年初のバランス・シートの水準を目

2014年11月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 原油安とドル高と円安とユーロ安とFRBとBOJとECB

GlobalMarket Outlook 原油安とドル高と円安とユーロ安とFRBとBOJとECB

2014年11月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州金融見通し 追加緩和直前のリスク要因

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州金融見通し 追加緩和直前のリスク要因AQR実施後もフランス、イタリアには追加的不良債権の不確実性が 2014年11月7日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆11月6日、欧州中央銀行(ECB)は定例の理事会を開き、政策金利である主要オペ金利を0.05%に据え置く決定をした。また同様に、上限政策金利である限界貸出金利および下限金利である中央銀行預金金利をそれぞれ0.3%、マイナス

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10月ユーロ圏消費者物価(速報) ~緩和競争への再参戦は?~

EU Indicators欧州経済指標コメント:10月ユーロ圏消費者物価(速報)発表日:2014年10月31日(金)~緩和競争への再参戦は?~第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 田中 理 03-5221-4527・ 10月のユーロ圏の消費者物価の速報値は前年比+0.4%と、今次サイクルのボトムを記録した前月(同 +0.3%)から上昇率が小幅加速。速報時点で公表された内訳では、前年同月の”裏”にもかかわらず、 コア物価(前月:同+0.8%→今月:同+ 0.7%)の上昇率が鈍化し、今次

欧州中央銀行の「包括査定」でユーロ圏は変わるか?-ECBだけでは問題は解決できない

欧州中央銀行の「包括査定」でユーロ圏は変わるか?-ECBだけでは問題は解決できない | ニッセイ基礎研究所 欧州中央銀行の「包括査定」でユーロ圏は変わるか?-ECBだけでは問題は解決できない 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(以下、ECB)が、銀行監督一元化に先駆けて1年がかりで進めてきたユーロ参加国の主要銀行の

2014年10月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

カバードボンド購入の規模感 ~年間900億ユーロのペースに相当~

EU Trendsカバードボンド購入の規模感発表日:2014年10月28日(火)~年間900億ユーロのペースに相当~第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 田中 理 03-5221-4527◇ ECBのカバードボンドの購入額は第1週目で 17億ユーロ。過去の買い入れ時と比べて大きく、市場 の失望を招かないよう、スタートダッシュを演出した可能性がある。 ◇ このままのペースが続けば1年後の買い入れ規模は 900 億ユーロ。主要調査機関の予測中央値では 1,500億ユーロのカバードボンドの

2014年10月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ECBの追加緩和の可能性は? ~11月にもTLTROの利用促進策と社債購入の概要発表を予想~

ECBの追加緩和の可能性は? ~11月にもTLTROの利用促進策と社債購入の概要発表を予想~

10月ECB政策理事会:強力な金融緩和の約束への期待は裏切られたが・・・

10月ECB政策理事会:強力な金融緩和の約束への期待は裏切られたが・・・ | ニッセイ基礎研究所 10月ECB政策理事会:強力な金融緩和の約束への期待は裏切られたが・・・ 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり2日、欧州中央銀行(ECB)が10月の政策理事会を開催、前回9月の理事会後の記者会見で予告した民間資産の買入れプログラムの詳細を公表した。TLTROと民間資産の買入れプログラムをあわせて12年初のバランス・シートの規模を目指す方針は確認したが、究極かつ唯一の目標は中期的な物価の安定を目指す

2014年10月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ディストレスファンド化するECB

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ディストレスファンド化するECBギリシャ、キプロスの資産担保証券(ABS)も条件付きで対象に 2014年10月3日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆10月2日、欧州中央銀行 (ECB) は定例の理事会を開き、政策金利である主要オペ金利を0.05%に据え置く決定をした。また同様に、上限政策金利である限界貸出金利および下限金利である中央銀行預金金利をそれぞれ0.3%、マイナス0.2

2014年10月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ECBの資産購入プログラム~最低2年実施。ただし数値目標は示さず~

ECBの資産購入プログラム~最低2年実施。ただし数値目標は示さず~

2014年9月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

期待外れのTLTRO第1弾 ~これで本格量的緩和に近づいた?~

EU Trends期待外れのTLTRO第1弾発表日:2014年9月19日(金)~これで本格量的緩和に近づいた?~第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 田中 理 03-5221-4527◇ TLTRO第1弾の利用額は 826億ユーロと、予想レンジの下限( 1,000億ユーロ)を下回った。第2 弾と合わせて4,000億ユーロの利用上限に近づくのは難しい。TLTRO全体の資金供給額は 4,500億 ユーロ前後がせいぜいか。また、現在の市場規模や格付け要件を考えれえは、ABSとカバードボン

最近の為替動向について

最近の為替動向について2014年9月19日<ドル円はレンジ相場から上放れ>ドル円は今年2月以降のレンジ相場から上放れました。7月下旬以降ドル円が大きく上伸した局面を振り返ると、以下の要因が挙げられます。 米国の4-6月期GDP(国内総生産)の上振れ(7/30)(現地、以下同様) 早期の金融緩和の解除の可能性に言及したFOMC(米国連邦公開市場委員会)議事録(8/20) より中立的なトーンで語られたイエレンFRB(米国連邦準備制度理事会)議長のジャクソン・ホールでの講演(8/22) 日本の

欧州経済見通し~ユーロ圏:構造調整の圧力はフランス、イタリアに/英国:景気・雇用回復も賃金は伸び悩む~

欧州経済見通し~ユーロ圏:構造調整の圧力はフランス、イタリアに/英国:景気・雇用回復も賃金は伸び悩む~ | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し~ユーロ圏:構造調整の圧力はフランス、イタリアに/英国:景気・雇用回復も賃金は伸び悩む~ 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4~6月期のユーロ圏の実質GDPは3大国の失速が響き、前期比ゼ

2014年9月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

これぞドラギノミクス ~いま出来ることは全てやり尽くした~

EU Trendsこれぞドラギノミクス発表日:2014年9月5日(金)~いま出来ることは全てやり尽くした~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ ジャクソンホールでのドラギ総裁のアドリブ発言やこのところの景気・物価指標全般の下振れを受け、ECBの追加緩和観測が高まっていたが、ドラギ総裁は今回もまた期待を裏切らなかった。追加利下げと利下げ打ち止めの強調でTLTROの利用を促進したほか、ABSとカバード債の購入プログラムを10月から開始することを決定した。

2014年9月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

9月ECB政策理事会:サプライズ利下げを決定。民間資産買入れも従来想定以上の規模に

9月ECB政策理事会:サプライズ利下げを決定。民間資産買入れも従来想定以上の規模に | ニッセイ基礎研究所 9月ECB政策理事会:サプライズ利下げを決定。民間資産買入れも従来想定以上の規模に 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり欧州中央銀行(ECB)が4日に9月の政策理事会を開催、0.1%の追加利下げとABSとカバード・ボンドの買入れの10月開始を決め、国債買い入れに関しても協議した。民間資産の買入れプログラムの詳細は10月2日の次回理事会で決定されるが、ABSには不動産ローン担保証券(MBS

2014年8月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2014年8月号

みずほ欧州経済情報2014年8月号[欧州経済の概況][トピック:緊縮政策を見直すべきとのドラギ総裁の異例の提言]◆8月22日ジャクソンホールでのドラギ総裁の講演では、市場の中期的インフレ期待が低下していることへの危機感から、更なる金融緩和も辞さないとの強い姿勢が示された。◆さらに、緊縮政策から転換して財政による景気下支えを図ることも提言した。財政規律を重んじるECBとしては極めて異例の発言である。景気やインフレ期待の更なる下振れに対する強い危機感の表明と言える。◆9月からは各国で来年度予算編成審

2014年8月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

果報は寝て待て ~年内の追加緩和は見送り~

EU Trends果報は寝て待て発表日:2014年8月8日(金)~年内の追加緩和は見送り~第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 田中 理 03-5221-4527◇ 足許で景気・物価指標の下振れが相次いでいるが、ECBは7日の会合で景気・物価判断を据え置き、 新たな政策変更を示唆することもなかった。6月に追加緩和策を発表後、短期金利全般が低下し、ユ ーロ高進行に歯止めが掛かっている。次回9月初旬のECB会合でスタッフ見通しの引き下げは不可 避とみられるが、9月に初回TLTRO、10月

2014年7月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ECBは量的緩和に逆行、ユーロ安誘導は困難

リサーチ TODAY2014 年 7 月 22 日ECB は量的緩和に逆行、ユーロ安誘導は困難常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創ECBは6月5日の政策理事会でマイナス金利政策を含む追加利下げと貸出促進策を打ち出した。みずほ総合研究所は、ECBのマイナス金利政策の期待される効果と懸念される副作用に関するリポートを発表している1。マイナス金利政策には、金利低下圧力を高め、海外資金の流入を抑制することによる通貨安効果が期待される。ただし、今日ユーロ圏が単独通貨圏として最大の経常収支黒字を擁する

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ