「EONIA」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年1月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook それでも「失望売り」は最適戦略にならない ~4月緩和の可能性は後退した~

Global Market Outlookそれでも「失望売り」は最適戦略にならない~4月緩和の可能性は後退した~2014年1月23日(木)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:56 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値15695.8916,373.349,720.116,826.334,324.

2014年1月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

過剰流動性の縮小は一服しよう ~定例オペの利用増加が流動性縮小の安全弁~

EU Trends過剰流動性の縮小は一服しよう発表日:2014年1月22日(水)~定例オペの利用増加が流動性縮小の安全弁~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ このところ過剰流動性の急速な縮小を受けEONIAに上昇圧力が及んでいるが、目先は過剰流動性の縮小が一服する可能性が高く、EONIA上昇に歯止めが掛かりそうだ。◇ 22日の定例オペでは先週から差し引き215億ユーロ資金供給額が増加。同日の資金吸収オペではSMPの全額不胎化が出来ず、269億ユーロ

2014年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

EONIA上昇にどぎまぎ ~追加緩和の決定打にはならず~

EU TrendsEONIA上昇にどぎまぎ発表日:2014年1月20日(月)~追加緩和の決定打にはならず~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 年明け後に過剰流動性が一段と縮小したことを受け、短期金利に再び上昇圧力が及んでいる。EONIAと主要政策金利が逆転するのは、月末の資金逼迫時を除いて稀。ドラギ総裁が追加緩和の条件に挙げた短期金融市場の正当化できない需給逼迫が生じている懸念がある。◇ このまま短期金利の上昇が定着すれば、主要政策金利の25bps

2014年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 個人投資家が帰ってくる

Global Market Outlook個人投資家が帰ってくる2014年1月20日(月)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:05 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値15641.6816,458.569,742.966,829.304,327.50(円)15750前日比-92.7841.55

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook そろそろ日銀に注目、先ずは声明文から

Global Market Outlookそろそろ日銀に注目、先ずは声明文から2014年1月16日(木)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:08 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値15747.2016,481.949,733.816,819.864,332.07104.70 円1.3618

2013年11月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

EONIA金利の不気味な上昇 ~ドラギサンタへ、今年のクリスマスには追加緩和をお願いします~

EONIA金利の不気味な上昇 ~ドラギサンタへ、今年のクリスマスには追加緩和をお願いします~

2013年11月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

デフレ懸念に先手を打ったECB

トップレポート・コラム経済分析欧州デフレ懸念に先手を打ったECB ここから本文ですデフレ懸念に先手を打ったECB0.25%の利下げ実施で過去最低の政策金利水準にサマリー◆ECB(欧州中央銀行)は市場予想に反して11月7日の金融政策理事会で利下げを決めた。主要オペ金利は0.25%引き下げ、過去最低の0.25%となる。また、EONIA(翌日物市場金利)の上限である限界貸出金利も0.25%引き下げて0.75%とした。一方、下限金利の中央銀行預金金利は0%で据え置き、マイナス金利への移行は見送られた。同

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ