「EPA」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月9日Every DHA推進委員会フィードバック数:0ライフスタイル

DHA・EPAの認知度に関する調査 第3弾

親に患って欲しくない病気ランキング2位は「ガン」!気になる1位は・・・?~ 4割強が親の認知症予防のためにDHAを摂らせたいと回答 ~ DHA・EPAの認知度に関する調査 第3弾「Every DHA推進委員会」は、脳機能や生活習慣病予防などへの効果が期待される成分“DHA・EPA”を、いつもの食事でおいしく無理なく摂取できる新しいライフスタイルを推進しています。「Every DHA推進委員会」では、全国40~69歳の男女112名を対象に、「DHA・EPAの認知度に関する調査」を実施いたしました。

2017年4月15日Every 不二製油フィードバック数:0ライフスタイル

DHA・EPAの認知度に関する調査 第2弾 Every 不二製油

国公立大学生の母親が受験期の子どもに意識して食べさせていた食材とは…?~ 約半数の母親が「受験や試験の時期にDHAを摂らせたい」と回答 ~ DHA・EPAの認知度に関する調査 第2弾 脳機能や生活習慣病予防などへの効果が期待される成分“DHA・EPA”を、いつもの食事でおいしく無理なく摂取できる新しいライフスタイルの推進を目的とした「Every DHA推進委員会」は、全国40~69歳の男女215名(一般層112名、国公立大学在学の子どもと同居の母親103名)を対象に、「DHA・EPAの認知度に関

2017年2月22日Every DHA推進委員会フィードバック数:0ライフスタイル

DHA・EPAの認知度に関する調査

「DHA・EPA」の存在は知っているけど…”勘違い”が広まっている!?~ 「鶏肉や納豆などでも十分に摂取できる」「摂取してから即効性がある」と勘違い? ~DHA・EPAの認知度に関する調査 第1弾 脳機能や生活習慣病予防などへの効果が期待される成分“DHA・EPA”を、いつもの食事でおいしく無理なく摂取できる新しいライフスタイルの推進を目的とした「Every DHA推進委員会」は、全国20~69歳の男女2,063名を対象に、「DHA・EPAの認知度に関する調査」を実施いたしました。主に魚の脂成分

2015年6月9日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(ナノ材料等に関する国内外の安全情報及び規制動向に関する調査)報告書

平成26年度経済産業省委託調査報告書平成26年度化学物質安全対策(ナノ材料等に関する国内外の安全情報及び規制動向に関する調査)報告書平成27年3月JFE テクノリサーチ株式会社はじめにナノ材料は、日用品の抗菌加工から、鉛筆の芯などの学用品、日焼け止めなどの化粧品、壁用塗料、コピー用トナー、シリコンウェーハ加工用研磨剤、リチウムイオンバッテリー(電極添加剤)等の産業分野にまで幅広い用途があり、今後のさらなる応用が期待されている。一方、その安全性を評価する方法が確立されていないことから有害性が懸念さ

2015年1月23日JETRO★フィードバック数:0ビジネス

JETROの調査です。

在欧州日系企業実態調査

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 「在欧州日系企業実態

2014年11月6日大和総研★フィードバック数:0マーケティング

国際経済連携とECです。

経済連携協定に電子商取引章を盛り込む動き

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済連携協定に電子商取引章を盛り込む動き企業の海外展開を加速 日本政府は経済連携協定(EPA)に関し、今年7月8日にオーストラリア政府との間で署名、同7月22日にモンゴル政府との間で大筋合意をした。これら2件のEPAが発効すれば、日本にとっては15件目のEPAとなる。日本政府は、2013年6月に閣議決定した「日本再興戦略」において、現状19%とされる貿易に係るFTA比率を、2018年までに70%まで高

2014年4月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日豪EPA大筋合意の3つの意義~TPP交渉進展の梃子となるか?~

みずほインサイト政 策2014 年 4 月 8 日日豪EPA大筋合意の3つの意義TPP交渉進展の梃子となるか?政策調査部上席主任研究員菅原淳一03-3591-1327junichi.sugawara@mizuho-ri.co.jp○ 4月7日の日豪首脳会談により、7年に及んだ日豪EPA交渉が大筋合意に至った。今回の合意は、日本が「聖域」品目についても自由化を約束したことが最大の注目点である。○ 今回の合意には、3つの意義があると言える。①豪州市場での対等な競争条件を確保したこと、②安倍政権の国内

2014年3月12日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度海外産業事情等調査委託費経済連携協定(EPA/FTA)サービス貿易章における国際約束と国内規制の整合性調査

平成24年度海外産業事情等調査委託費経済連携協定(EPA/FTA)サービス貿易章における国際約束と国内規制の整合性調査

2014年1月10日JETRO★フィードバック数:0ビジネス

海外進出企業調査 南米編です。

第14回 中南米日系進出企業の経営実態調査

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 第14回 中南米日系

2013年11月29日日本水産フィードバック数:0ライフスタイル

社長からの挑戦状!社員が挑む「血液サラサラ宣言」結果発表

ニッスイの研究・開発についてご紹介します。 ニッスイグループの安全・安心への取り組みをご紹介します。 ニッスイグループのサステナビリティへの取り組みをご紹介します。 株主・投資家の皆さま向けの情報をご紹介します。 社長からの挑戦状!社員が挑む「血液サラサラ宣言」結果発表2013年11月28日日本水産株式会社(代表取締役 社長執行役員 細見 典男、以下「ニッスイ」)は、『社長からの挑戦状!社員が挑む「血液サラサラ宣言」』の結果についてお知らせいたします。

日本の輸出構造~国際比較を通じた分析から見える日本の強さ~

○日本の輸出額は、2000 年代に入り、中国向けが急速に拡大したことなどから増加が続いたが、リーマン・シ ョックの影響を受けて2009年には大幅に落ち込んだ。2010年には輸出額は持ち直したものの、その後の世 界経済の減速や円高の影響もあり、足もとでは2 年連続で減少している。○日本の輸出額の世界輸出総額に占めるシェア(ドルベース)をみると、1980 年代前半には上昇が続いたが、 1986 年の9.9%をピークに長期的にみると緩やかに低下しており、2012 年には4.3%程度となっている。米 国

2013年9月9日EPA PR事務局フィードバック数:0ライフスタイル

肥満と体質に関する調査

[EPA PR事務局] ,ダイエット やせる EPA 青魚 河田照雄 ニッスイ 脂肪細胞 魚油 脂質栄養学会 肥満と体質

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度環境対応技術開発等(ナノ材料のリスク評価に係る国内外動向及び安全性情報に関する調査)報告書

平成23年度経済産業省委託調査報告書平成23年度環境対応技術開発等(ナノ材料のリスク評価に係る国内外動向及び安全性情報に関する調査)報告書平成24年3月JFE テクノリサーチ株式会社はじめにナノテクノロジーは、情報通信、医療、環境・エネルギーなど、国民生活を豊かにし、健康を増進し、持続的な成長をになう分野の先端的な発展に貢献する共通基盤技術として、大きな便益が期待され、世界各国で注力されている技術である。ナノテクノロジーの健全な発展を図ることは、ものづくり先進国であるわが国にとって極めて重要であ

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度中小企業支援調査(今後のEPA交渉のための繊維状況調査(オーストラリア・モンゴル))報告書

平成 23 年度経済産業省委託調査平成 23 年度中小企業支援調査今後の EPA 交渉のための繊維産業状況調査(オーストラリア・モンゴル)報告書平成 24 年 3 月日本繊維輸入組合目次Ⅰ.事業概要 .................................................................................................................................... 11.調査の背景 ........

日本経済ウオッチ TPPの概要と論点について

1.今月のグラフ ~赤字に転落した10~12月期の経常収支2.景気概況 持ち直しの動きがみられる3.今月のトピック:TPPの概要と論点について (1)FTA/EPAの締結動向 (2)TPP交渉の概要 (3)TPPに関する主な論点

2013年2月24日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

【カナダ】対日EPAで補完関係のさらなる前進を

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【カナダ】対日EPA

日本のEPA戦略のあり方

2013年02月01日○世界貿易において開発途上国・新興国のプレゼンスが高まる中、WTOのドーハ開発ラウンド交渉は、先進国と開発途上国・新興国との利益の対立から行き詰っている。このため、二国間あるいは地域におけるFTA(自由貿易協定)が世界で積極的に締結されている。○FTAを締結する目的としては、関税の削減、撤廃を通じて貿易を活発化させ、経済成長につなげることが考えられる。さらには、競争を通じた国際競争力の強化、対内直接投資の増加などが挙げられる。このほか、グローバル化が進展する中で、競争相手よ

2012年8月13日厚生労働省フィードバック数:8社会/政治

インドネシア及びフィリピンとの経済連携協定(EPA)に基づく看護師候補者の受入れ施設に対して行った意識調査の結果について

平成24年8月10日(金)医政局看護課課長補佐 河原(4171)主査 芝田(4166)(代表) 03(5253)1111(直通) 03(3595)2206 報道関係者各位インドネシア及びフィリピンとの経済連携協定(EPA)に基づく看護師候補者の受入れ施設に対して行った意識調査の結果についてこの意識調査は平成23年9月に実施しましたが、今般最終的に調査結果をとりまとめましたので、別添のとおりお知らせいたします。※結果の速報については、平成23年12月から平成24年3月にかけて開催した「看護師

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ